2017.09.25

嬉し楽しかった三浦半島侵攻作戦!


ぬまっちさん、一緒に走って下さった皆さん

走らずとも水面下で気遣い下さったかるちゃんや、アフターもりあげてくださったタケシさん

とっても楽しい幸せな記念になる1日でした!

詳細はまた後日。

20170925180316c10.jpg

一緒に走った皆さん全員に登場いただくレポを後日必ず書こうと思います。

運営なーんにもしてない、言い出しただけの、至らぬ部長?ですが、素敵なお仲間に恵まれてほんと嬉しいです。
時代を感じる、マンモスうれぴ~かったです!

ありがとうございました!





スポンサーサイト
Posted at 18:45 | jog | COM(0) |
2017.09.21

あまり縁がないけど気になるお店


仕事所用ついでで通りがかると、やけに二割引を主張してる、某氏の居るお店

furuhon.jpg
注: 決してスパイやストーカーではありません

三浦半島へ足伸ばさないかなあ…



Posted at 18:33 | その他 | COM(0) |
2017.09.20

山に行けなかったから三浦侵攻練


この1年、楽しみにしていた登山。
泣く泣く台風のため、キャンセル。
決行してキセキを起こした猛者たちはいるけど、KNJ的に控えました

台風一過の青空、かといって当日丑三つ時までは大雨大風だったから、近所のお山も足元は悪いはずなので、ここは、ロード思考に切り替え、長距離な三浦半島侵攻作戦にも備えるため、1年近く振りに30キロ走。


劣化激しいうえに、ひとりじゃできないと思って、他力本願で、お声掛けしてもっらた千葉ポートタワーまで出向く。

長い距離や長い時間、プラプラ好きなようにマラニックしてることが多いから、何を今さら?って思われるかもしれませんが、マラニックと、30kmペース走は全く別物ですから。

苦手。

しかも、速く走ることは放棄してしまっている1年弱。

「キロ6くらいで走り切れたら自信になります!」

とのつぶやきに、お誘いくださった加藤さんはほぼぴったり合わせてくださいました。

とりあえず、キロ6くらいで34キロ走れた…ホッ
やはり、ずっと喋りまくってました…

千葉ポートタワーの公園、走りやすかったけれど、台風の残骸は結構すごくて、これでお山にいってたら、大変だったかなと思いました。

そして、なんといっても2kmの周回コース。

グルグルが大の苦手な私にはひとりじゃ到底30kmは無理でした。

加藤さん、お仲間の皆さん、ありがとうございました!

------------------------------------

翌日は2日しかない夏休みの残り1日。

前日午後から気分はお山モードだったのに、夕飯で前歯が欠けてしまいました…。

このままじゃ、と、お山は断念し、朝から歯医者さん。

飛び入り診療だったので、長時間の診療枠を確保できず、まさかの午前と午後の二部制。

持ち時間は3時間半。

歯医者さんは皇居の近く。

じゃ、いくでしょ?

と、炎天下、平日真昼間にひとりで皇居5周…。

想定外の34キロ走翌日の25キロ。

たぶん、4周は34キロ走った前日よりは速めのペースで。

最後の1周はだれだれ…。

ご褒美。

DSC_0032.jpg

有意義というかでもなんだか悔しい、夏休みでした。

------------------------------------

さあ、週末は言い出した手前、頑張らねば…。

丹後リベンジにいかがでしょう…
小声で言ってみる






Posted at 08:05 | jog | COM(0) |
2017.09.14

初ロゲ・明治地図ロゲインいちかわ今昔物語♪

富士山の翌週末は、初めてのロゲイニングに参加してきました。

既にこちらに詳細が

初めてのロゲというのに、渡される地図は、明治時代の国土地理院地形図…。

map.jpg

当然、今は無い道や川がありますし、逆にその後にできた道路や建物は記されていません。また、改修された川の流路は違っています。鉄道は総武線と常磐線しかありませんし、やたらと畑のマークが多い。
今の市川とはかなり違っていますが、そこは土地の利があるので、今も通用する町?村?の名前の一部があったり、神社があったりで、なんとなくの全体像やポイントは分かる。

おそらく、土地勘のない初めましての人にはかなり難しいと思います。

しかも、範囲、広っ!

制限時間内に、全部なんてとても無理。

そこは、楽しく行こう!梨エイドは必須!と、市川パパさん、murasakiさん、私の友人のご夫妻との5人チームで作戦を練り、運命共同体として動くことに。

setsumei.jpg
スタート前の説明会は、とってもきれいな市川商科大学のカフェテリア内。

コンパスなんて、小学生の算数の時以来じゃないかな…。

コンパス

そもそも、この大会を教えてくれた、鈍足親父さまが、親切にコンパスを郵送してお貸しくださいました。

結局使い方がわかんない!!と半べそかいてたら、親父様から、「女の感で行け」と指令が下り、それなら得意(笑)、と、天然の感を遺憾なく発揮することにしました^^;

自宅から会場まで走ってきたので、既に汗だくでスタート。

start.jpg

イメージと地図を頼りに、ポイント外のバームクーヘン屋さんと、梨エイドを加えると、回ること15か所!

暑さの中、まあまあ、頑張ったほう。

途中の証拠写真は全部あるけど、ここに挙げてもね…^^;

6つめ
梨、美味しかった~。バクバク頂きました。
わかりにくいところにあったので、結構見逃した人が多かったよう。

8つめ

10か所目

9つめ
この辺りは超マイナーだと思う。

少し迷ったおかげで、高得点ポイント2つほど取り逃がしちゃったけれど、まあまあ距離は踏んだほうかな。

復路で使った、総武線電車2駅分ワープも含めると、市川パパさんによると、トータル30キロくらいだったそう。

goal.jpg

ゴールしたら、こんなにボリューミーで、美味しいご褒美ランチボックスと、梨♪

ご褒美ランチボックス

エイドでの梨食べ放題や、ランチボックスや、お持ち帰りの梨や、そして後から知った、まさかの入賞の商品(和菓子詰め合わせ)
を考慮すると、めちゃ元取ってる!

入賞するとは思わなかったので、さっさと帰ってしまい、商品はお知り合いにお引き取り頂きました。

次の日、当日行けなかったところまでジョギング(変に負けず嫌い笑)。

フォトロゲ、楽しいですね。
はまりそう!


Posted at 12:10 | その他 | COM(10) |
2017.09.13

なんて遅れてしまった富士登山レポ(最後)


砂走を駆け下りながら、砂除けゲイターっていうのかな?つくづく装着しといてよかった~と思いました。

今回は途中で宝永山により道することがプランニングされていたのですが、霧で覆われたり、晴れたりの一瞬で変わる微妙なタイミングの隙間をねらって突進(笑)

9-2-48.jpg

9-2-49.jpg
あくまで絵になるふたり。
それを撮った自分もエライ

9-2-50.jpg
途中のブロッケン現象で、懸命に遊ぶオトナ。

9-2-51.jpg
宝永山のさきっぽには、我々以外誰もいない。

戻って、再度砂走り。

長いなあ…
老体には堪えました。
脚は目一杯頑張ってて、もうフルフルしてるから、止まりたいのに止まれない。
テレビで見てた、芸人さんたち、すごいんだなあって実感しました。
中田さん、ずっと背後についてサポートしてくださって感謝。
ネコさん追いつけなくてゴメンナサイ。

まだまだ続きそうな気配の中、なにやら横に走る微妙な分岐点っぽい小道があり、そこでいきなり(に感じました)ネコさん右に90度方向替え。

富士山、横断(笑)

かなり高度は降りてきてて、植生が変わり始めていたところだったので、これまでの環境と徐々に変わっていく目に映る自然の変化がとっても面白い。

9-2-52.jpg
つゆだくな富士アザミ。

激写していて、お互いを見ると、知らず知らず三人ともつゆだく状態で、睫毛から水滴が滴り落ち、ああ、さっきから過酷過ぎて無意識に涙が出てるって思っていたのは、単なる気温差による露だったのねと、冷静になったり。

走行進んでいると、日が落ち始めた薄暗がりの前方に、砂場で作ったまあるいお山のような山が見えてきます。

9-2-53.jpg
双子山。

この右手をぐるりと走って見えてくる双子のもう片割れ。
9-2-54.jpg

この時点で、日が陰りはじめ、ヘッドライトは持ってきたものの、気持ちはかなり焦っています。

なので、写真を撮る余裕がなくなってきて、少しでも先を急いだほうが良さそうな気配を感じ始めました。

でも、このあたりの景観はnational geographicって言葉が脳裏をかすめるような景色。霧がかってたのも神秘的だったかも。

9-2-55.jpg
優しいネコさんは、ほら、歩いてる(笑)

この先は、写真撮る余裕なく、森の中を日暮れのスピードと戦いながら、会話もほぼなくなり、トレラン。

ライトつければ良いのだけど、そこはなんだか、はっきり確認しなかったけど、三人ともライトなしで行けるとこまで(=ゴール地点)行こう的な雰囲気を感じるw

だってね、日中なら間違いなく快適なトレイルコースなんだけど、薄暗がりのなか、根っこや石があるのは前提なので、暮れてしまう前にゴールしたい。

薄暗がりだからか、鹿の親子に遭遇し、え?ここ確か熊はいないよね?とか考えたり。

途中でロードに出る選択肢もあったのに、ここまできたら、3人、トレイル道を選択。

トレイルの出口にこの看板が見えて、ようやく一日の終了を感じました。

9-2-56.jpg

真っ暗になる前に戻ってきた!

9-2-57.jpg

9-2-58.jpg

私にとっては2回目の富士登山。
高さや距離は、大したことないユルプランだったのかもしれないけれど、自分にとっては、きっとこの101回目の富士登山に参加していなければ、きっとこの先知ることのないコースプランだったと思います。

初めての登山のときとは全然違う今回の富士登山。

ついつい、次はどんな?って思っちゃうw

ネコさん、中田さん、素敵な夏の思い出をありがとうございました!

201709042300100a1.jpg

201709042300090fb.jpg

201709042300115f6.jpg

まだまだ2回…ってことは、三度目の正直?(笑)

今度はまた別のチャレンジをしたいです

まっててね、富士山^^





Posted at 23:28 | その他 | COM(2) |