2017.05.26

野辺山・練習編


そんなこんなで、いざ野辺山100kを意識して何かしら週末に走るイベントを入れるよう、準備しだしたのが、3~4月から。
仕事のごたごたで平日はあまり時間が取れなくなったので、

・ とにかくアップダウンに慣れる
・ 長距離を走る/歩く

このふたつ、特に、アップダウン、山 or 坂を意識して、二か月間、土日はほぼ何かしら出かける。

フルマラソンやハーフマラソンやリレーみたいなスピードは要らない。
たとえゼハゼハするとしても、心肺鍛えるため。



まずは、3月は、新小岩から東松山まで荒川60k(フジヤマさん)。 ← ラストは体が持たず、平坦な川沿いの60キロ程度でこうかと、本番への不安が募る

4月に入って、高水山トレイル30kで、しばらくぶりのトレラン。

帰宅ランは3月に部員さんたちと1回、4月はひとりで2回(うち1回は途中で疲れてやる気失って電車にイン)。

午前中に高尾山ハイキング からの 午後4時間歩きっぱなしで日本酒飲みまくり。

長崎坂道ジョグ。 ← たぶん、斜度15%くらい?

多良の森トレイル39k。 ← これがかなりの刺激入れになりました。

オクムグリーンライン(メテオデさん)30kくらい?

検見川クロカン(Ukeさん)15kくらい。 ← ゆっくりマイペースながら、足に優しいアップダウンが良かった。

箱根外輪ナイトトレイル(いっちさん)50k。 ← 16時間歩き続けれたことで、かなりの自信になりました。

行徳マラニックでほぐしジョグ(かるりーのさん)10kくらい。

オクムトレイル(メテオデさん)23kくらい? ← 雨にも負けず(負けたけど)な精神修行

江戸川ジョグ20kくらい(偶然市川パパさんに遭遇)。


よく詰め込んだ~!(^^;) GWのおかげ & みなさまのおかげ & 家族の理解のおかげ。

これ以外に、無理やり平日週2回くらいは早朝30-45分、近所の坂道を選んでジョグ。

これは坂道耐性&本番での5時からの出走を意識して、身体を時間的に内側から慣れさせるため(お通じとかね)。




今回は、去年のSTYよりも、並々ならぬ卒業気合モードが伝わっていたようで、家族もこれまでになく許容的というか協力的。

それでも、70キロくらいまでは行けるんじゃないかという気はしたものの(特に根拠はありません)、これだけやっても、完走のイメージは湧きませんでした。

ただ、フジヤマさんに言われていた、

「mizoreくんは、完走できる。たぶんよほどのアクシデントがなければ12時間台。
ジョ〇くんは、…、完走できたらスゴイ」

という言葉を脳内に刷り込むようにしていました^^;

2017野辺山完走率
すごっ!

スポンサーサイト
Posted at 12:25 | マラソン | COM(0) |
2017.05.25

野辺山・まずは大会に出るまでの経緯


先ほど仕事の合間にサクッと再診に行ったついでにちょっと立ち寄って、キミ兄さんのおっしゃるところのメッセージを受け渡してきました(笑)。
古本屋さん、柴又までに寛解してますように~。

-------------------------------

野辺山ウルトラ100k。


5年くらい前の私にとっては、存在は知っていたけれど、憧れというか、いや憧れもしない、自分には縁がない、ヘン〇イさんたちの世界というイメージ。

それが2,3年くらい前からは、漠然とながら、これに出ることが自分のランニングの最終目標になってきつつあるのを心のどこかで意識していました。

ひとりでゆるゆる皇居を走っていた頃に、お友達が欲しくて入ってみたランニングサークルの副代表の超絶素敵女子が、兼ねてから周囲に「野辺山いいよ~」と勧めていた大会。

いいよとはいっても、彼女は当然走力もすごくて、雲の上の人。

まだ30代前半ですけど、20代の頃から、ずっと野辺山100k完走しています。

そんな彼女が言う野辺山は、これまた当然雲の上の大会。

皇居2周もできれば十分だった私にとって、野辺山は、理解できないヘン〇イランナーさんたちの行きつく最終地点みたいなところだと思っていました。

そんな中、ある時そのサークルで盛り上がり、ウルトラマラソン出てみよう!ということになり、制限時間が16時間で初心者がチャレンジし易そうで楽しそうだった、「しまなみ海道ウルトラ遠足」にノリでエントリー。

途中、2度熱中症で泡を吹いて倒れながらも、何とか日が沈む前にゴールし、

「ウルトラなんてもう二度と出ない!」

と思いました。

それから数年経った昨年。

100kではないけれど、前年応援に行って見た光景がなんとも不思議で楽しそうだったので、つい再度ウルトラを走ることに。

いわさん、みゃあこさんと一緒に走った、オクム。
しかもチャイナでw

足の痛みを抱えながらも、二人に支えてもらってゴールすることができ、テンションもアゲアゲ(笑)。

アフターで、やはり完走を成し遂げた、自称ウルトラの男さんと、

「よ~し、来年は野辺山だあ~!」

と酔った勢いで盛り上がり、チャレンジを決めました。

大会エントリーは、やはりその場の勢いと縁ですね…(STYもそうだった)^^;

私が漠然と憧れてランニングの最終目標に意識していた野辺山100へのチャレンジの機会は、こんなふうにやってきたのでした。

DSC_8566.jpg



Posted at 12:21 | マラソン | COM(4) |
2017.05.24

腫れちゃった


新しめのシューズで挑んだ野辺山の代償。

DSC_8623.jpg

痛みがひどくなってきたのと、腫れもひどくなってきたので、化膿し過ぎて更に抗生剤で胃を痛めつけるのは避けたいと、職場近くの整形外科に駆け込み、爪と皮膚の間に溜まった浸出液を抜いて、消毒してもらいました。

たぶん、来週には靴は履けると思うけど…。

強制的脚休めにはちょうど良かったということにして…、うーん、この時期パンプス履けないのは辛い…。

きんにくううはさほどでもなし。


Posted at 12:30 | その他 | COM(4) |
2017.05.23

野辺山D • N • S!(^▽^)

レポをと思うのですが、体の芯まで疲弊しているのと、仕事面での状況がちょっと大変なのとで、しばし遅れそうです。

サブ14を目標に頑張りましたが、結果は。

DSC_8622.jpg

サブ13♪

最後の10キロ、リバースと戦い、頭がぼーっとしながら、フジヤマさん言うところの「あ、それ、ヤバいっす。燃料切れです」状態で歩いていましたので…。
ちゃんと走れてたらなあ。
やっぱ、体力不足。

もう少ししたら、改めて、レポ書きます。

忘れてしまわないうちに。

応援くださった皆様、本当にありがとうございました!



Posted at 05:58 | マラソン | COM(8) |
2017.05.21

遅報:野辺山ウルトラマラソン


先ほど帰宅しました。
とりあえず、これだけ。

20170521231808388.jpg

嬉しいよおーー(T_T)

もうお腹一杯だよおーー。

たくさんの感謝がありますが、特に、プロさん、デグさん、いっちさん、家族、ボランティアや運営の方々。

私設エイドの応援の方々。

抜きつ抜かれつ、ほぼ同じ顔合わせになってきた後半の周囲のランナーさんたち。

遠くから応援してくれた仲間。

完走できました。!!


祝ウルトラ卒業!

Posted at 23:24 | マラソン | COM(22) |