2017.06.14

悩める秋


今年の自分の目標は、まちゃさんと同じく、野辺山完走だったので、これが終われば、秋冬シーズンは、厳選して、フルひとつ、トレイルひとつの楽しむ大会エントリーだけ!って決めてました。

で、昨年のsadaさんや、すーぴーさんのブログで、もう今年はこれで決まり!のつもりで神流トレイルのクリック合戦、戦う気満々でした。





でも、初めてのエントリーで、目下これしかいれてないエントリーで、いきなり当たっちゃった。

神戸マラソン2017

これは、親族の絆を深めるお手伝いの意味合いの参加なので、叔母と、いとこ二人とが、移動にも応援にも付いてきます。

いとこ連、長姉としては、いとこ家族の関係を上手く繋ぎ、まとめたいところ。

外せない。

そして、なんちゃって、じゃ走れない。
それなりに頑張んなきゃ。


神流は、この一週間前。
あー、逆なら良かったのに…(泣)。

ということで、神流エントリーは泣く泣く今年も諦めます。

代わりにトレイルひとつは入れようと思ってて、今夜は家族会議です(笑)。

遠いお山はね、足がね、やっぱりね、あると、とーっても助かるからね…。



スポンサーサイト
Posted at 20:30 | マラソン | COM(3) |
2017.05.28

野辺山・72km~ゴールまで


72kmを過ぎて、馬越峠を目指し登っているうちに、空に暗い雲が増えていきます。

そのうち、大粒の雨がポツポツ…

とにかく暑かったので、これで少し気温が下がってくれると、ホッとしたものの、思ったより止まないし、けっこうな雨量。

峠道で、木が茂ってるから濡れないかと思いきや、あまり雨しのぎにはなりませんでした。

それでも、おかげで暑さからはしばし解放。

登り道なので、滑る心配もなく、いつ止むのかしら、雷だけは勘弁!と思いつつ、ひたすら歩きます。

たま~に目の錯覚?で傾斜がフラット状態に見えたときだけ、数十メートル走る。

この馬越峠は、最初からかなり覚悟していました。

というのも、走りながらすれ違ったり会話したりする人たち全員が

「馬越峠は歩くしかないから、今走れるときに走っとく」

みたいなことを仰っていたから。

前日の車で逆走したときも、70km走った後にこの登りは走れるはずないなと確信しましたし。

なので、最初から、この日一番のキツイ行程で大変なところ、って思っていた心構えがあったのと、鎖場嵐の急登の多良の森トレイルを始め、トレイルの登りを、短期間での練習に数多く組み込んでおいたおかげと、天の采配の雨で気温が下がったおかげで、思っていたよりも、「あ、峠越えた!」とあっさり、下りモードに切り替わりました。

下りは、ゆっくりだけど走れる。

もう休みたい…と思っていた頃に、ちょうど第6関門、87k地点の川上村原公民館着。

ここで、公設エイドの数メートル手前に、お姉さんがおひとり私設エイドを出していて、

ちょうど、私ともうひとり女性が通過したせいか、

「手作りティラミスどうですか?」

と声をかけてくださいました。

なんだかこの時、ティラミス=アイスクリームと、脳内間違った認識がなされ、

「(アイス!)いいんですか?」

と、引寄せられました。胃が既に悲鳴を挙げているというのに…卑しい

これが、実は残り13kmを地獄にした原因だと思うのですが、この時は知る由もなく…。

頂いたティラミスは、そう、とってもおいしいのですが、マスカルポーネチーズと濃厚エスプレッソビターチョコとスポンジケーキのデザート。

「え?アイスじゃない…。しかも、超ヘビー…。頂いておいて今さら残せないし、これは食べるしかない。
美味しいのは間違いないけれど、、、今は胃が…胃が…

1495868671670.jpg
その様子を家族がしっかり納めておりました…

ここで、家族の出現に驚く。
さらに、

「もうあと13km。
ここからは、そんなに急な登りもないし、あなたいつでもふらっと江戸川走りに行く距離でしょ。
俺とウォーキングする距離と大して変わらないし(いやいや3倍あるよ)、もう完走間違いないね。
もうすぐだから、ゴールで待ってるよ。」

と、あっさり言われ、

「そうかな、そうだね。もう完走できるね!」

と、にわかポジティブモード。

休憩もそこそこに、ラストに向けて走り始めました。

バス通りでもあり、この日一番の都会(笑)エリアを走っているうちに、車で家族が追い抜いていきます。

たぶん、残り10km辺りから、身体に異変が起き始めました。

吐きそう。気持ち悪い。胃の膨満感と滞留感とキリキリ沁みる痛み。

加えて、意識が朦朧としてきた。

呼吸も苦しい。

ああ、この胃の痛みと気持ち悪さは、MY胃ちゃんは、もう受け付けないってサイン出してたのに、さっき卑しく食べちゃったせい。

意識の朦朧は、熱中症気味。

呼吸の苦しさは、身に覚えがある。

フジヤマさんと東松山に向かったラストの頃の症状と似てる。

カラダが限界に来てるんだと、理解。

でも、あと10km。

これだけ頑張ってきたのに、私のベースの、あと皇居2周分。

たぶん、全部歩いても、制限時間内にはゴールできる。

でも、すぐにゴールに現れると思っている家族に申し訳ないから、なるべく走らなきゃ。
少しでも早くゴールしなきゃ…。

うげぇ、気持ち悪い…

5kmってこんなに長かったっけ…


そんな、葛藤で歩きつつ、ちょっと走るの繰り返しの中、知らないうちにデグさんが撮ってくださっていた貴重なまさしく激沈上等な1枚がこちら。

IMG_20170527_160700.jpg

ほんと、この区間は辛かった。

ゴールのアナウンスが聞こえてきても、線路を越えたところでいったん遠回りさせられる…。

辛いよお。

残り1.5kmで、GPSじゃない1分ずれた腕時計を見て、やった、ちょっと走ればサブ13!

ここで、最後の力を振り絞って走り出します。

ゴールが見えてきたとき、いきなりデグさんが目の前に。

もう、ここでびっくりして、涙腺が緩みました。

デグさん、何やら左を指さし

「いっちさん、いっちさん!」

あ~、とっくにレース終わってるはずのいっちさん、もしや、この時間まで待っててくれたの?とおぼろげに思い、姿を探す。

いっちさんが、現れ、並走してくれる。

涙ウルウル。

1495584423610.jpg
↑今回、いっちばん嬉しくて思い出に残る1枚です。

デグさん、本当にありがとう。

嬉しさを十分に伝えられないまま、何とかゴール。

1495868685888.jpg

1495548000397.jpg

ゴールしての、いつもの笑顔とか元気さとかありませんでした…。

1495868693619.jpg

息が切れて続かなくて…。

同じくらいにゴールした人たちと、道中ご一緒した労いと感謝を伝え合いながら(これも、長距離ならではですね)、家族やブログ村の皆さんに会えてやっとホッとしました。

このあとは、申し訳ないけれど、ずっと待たせた家族を優先し、皆さんのゴールを待たずに先に失礼させて頂きました。

清里方面の乙女の湯に入って、帰宅。

長いこと、温めていた目標をクリアすることができました。

滅多に着ない真っ赤な激沈上等Tシャツ、まさにこの状況での着用ゴールが本望だったので、これも嬉しい。
白T欲しいです


というわけで、最後はとても長くなっちゃいましたが、これにて、ランニングの大会目標は遂げました。

これからは、大会じゃない自分モードの楽しくチャレンジングなランモードでランニングを続けたいと思います。

また、気が向けば、何か挑戦モードのエントリーするかもしれませんが、当面は、大会エントリーは、楽しさ優先の少数精鋭で。

とりあえず、来週日曜は、自分的にそれなりにハードなプランを練ってますww

野辺山、おかずさん、やっとクリアしたよ。

皆さんありがとうございました!





Posted at 18:31 | マラソン | COM(16) |
2017.05.27

野辺山・当日・いっきに72キロまで

本日2度目の更新!ww

----------------------

当日は朝3時過ぎに起床。

身支度を済ませ、朝食は、前日コンビニで仕入れた、

・梅刻みおにぎり1個
・ヨーグルト1個
・野菜ジュース200ml

を無理やり摂取。

4時前にそんなに食べれないし。エイドあるし。
最初にガス欠にならない程度お腹に入れておけばいいかな。
食べすぎる方が胃腸の調子に差し障りありそう。

4時過ぎにホテルを出て、車で会場まで送ってもらいました。10~15分くらいかな。

DSC_8596.jpg

DSC_8594.jpg
スタート前はこんな感じ。

途中受け取りの手荷物と最後に引き渡しの手荷物を預け、お手洗いを済ませ、やっとブログ村の皆さんと合流できて一安心。

DSC_8598.jpg

DSC_8600.jpg

5時スタートの皆さんをお見送りして、5時20分スタート!

最初に線路を越えて、いったん清里方面に向かい、天文台方面を右手に見ながらトレイル道へ向かいます。

DSC_8603.jpg
ここは、走るところ。

DSC_8604.jpg
不思議な光景ww。

トレイル区間に入り、長い道中を見越して、登りはさっさと歩きに切り替えました。

前半でお手洗いに数人待ちで並んだので、ここでブログ村の皆さんに一気に置いて行かれました…。

今回、スタートから42kのヤッホーの湯でのバックチェンジまでは、トレランシューズで走りましたが、これ、大正解でした。

もちろん、岩場や木の根があるようなトレイル道ではなくて、石ころゴロゴロ、砂利道程度でロードシューズでもOKなのですが、それでも、下りは普通のシューズだと、足首グネリを用心してスピード抑える人が多かったようです。
ここでトレランシューズの威力を存分なく発揮。

下りだけは、ガンガン走れて抜きまくり(笑)。

こめきちさんに追いついて、少しだけお話ししながら並走。

先日箱根外輪ナイトトレイルでご一緒したトモさんにも声かけれました。

DSC_8609.jpg
ほんといい景色!

そうこうしながら、ようやく、先行する同じ5時20分スタートの村の皆さんたちに追いつきはじめました。

DSC_8611.jpg
最高地点~。

ジョギさんには、第1関門付近で追いつきましたが、その時は確か、

「うん、想定通りのタイム」

って言ってたような…。

DSC_8612.jpg
まさかこのあと雨が降るなんて思えない…

思ったより長く感じたトレイル道を抜け、気持ちよいリエックスリゾート前の芝生の下りを下りていくと、前方に見覚えのある人影。

プロシードさんでした!こんなとこまで来てくれるなんて!

ありがとうございました~。一緒に写真撮ればよかった…。

駆け下りた先には、ヤッホーの湯の第2関門、着替えポイント。

1495868639150.jpg

女子更衣室には誰もいなくて、ひとりでゆっくりシューズとTシャツをチェンジしました。
ここで気合の激沈上等投入。

このエイドでは、あまじょっぱい味噌餡が入ったお饅頭を「女子はお勧め!」と言われて頂きました^^。

さあ、ここから先は、前日車で逆走した道。

なんとなくだけど道程の予測がつきます。

ヤッホーの湯を10時半前に出て、ここからは暫く下り坂。

今思えば、このときから新しいナイキのシューズで右足親指爪やられたんですね。

50kmの小海中横公園のエイドでは、お蕎麦の列に当然並びました^^。

ちょうど茹でたてが切れちゃったようで、しばらく並んで待ちました。
せっかく野辺山走るんだから、これは食べなきゃね。

DSC_8614.jpg

DSC_8616.jpg

DSC_8617.jpg
美味しかった!

このあとは、基本川沿いをゆる~く登っていく感じ。

この日一番の暑さの時間帯。

54~65kmあたりのスライド区間は、本当に暑かった。

少し前から、エイドになるとほぼ顔を合わせる、赤いノースリTに短パン姿の、いかにも完走間違いなし!なカッコいい女子に励まされ、この区間なんとか頑張れました。

彼女いなかったら、危うかったかも。

エイドで追いつくと、

「さ!行くよ!」

…(^^;

スパルタのおかげ。ありがとうございました。

嬉しかったのは、このスライド区間で、私の野辺山トライのきっかけとなった、超絶素敵女子に会ってエールを交せた!

後から見たら、彼女は20位以内、私より1時間半先にゴールしてました^^

ねむねむさん、ナカタさん、まちゃさん、のべさん、ジョギさん、ひこさん、らぴさん、だれやねんさん…スライドしてお会いできました。

このスライド区間を過ぎると、第4関門、71kmの部のゴールの滝見の湯。

1495868661260.jpg
家族の前ではまだ辛うじて笑顔を作れた…

今回、42kmヤッホーの湯(第2関門)、71km滝見の湯(第4関門)、87km川上村原公民館(第6関門)で、家族が車で先回りして現れました。
嬉しくてほっとした半面、どこで現れるのか予測がつかず気が抜けず…^^;

ここでは、元気いっぱいなナカタさんが、ミッション終了~♪と叫んでいた意味を理解せず、元気だなあ、軽やかだなあと見送り、

「まだ行けるのか?行くのか?」

と聞く家族に、

「ここまで来たら、行くでしょ」

と、しばし腰掛けて疲れと暑さに呆然としたあと、ノロノロこれから待ち構える馬越峠へと向かうのでした…。

まさかの、大粒の雨が降ってくるとは思いもよらず。

次回で終わる予定。


Posted at 17:44 | マラソン | COM(0) |
2017.05.27

野辺山・装備と前日


今回の装備:

トレランに行くことを思えば、今回はロードだし、大会だし、しかもエイドがとっても充実してる。

重い荷物を100km背負うより、最低限に荷物は減らそうと思い、携帯したのは以下です。
(使用したもののみ青色)

いつもの帰宅ランで使うトレラン用リュック(10L)
500mlスポーツドリンク1本(6割残)
・栄太郎羊羹、大福、前日のホテルのおもてなしお菓子のバウムクーヘン、カロリーメイト固形2本(すべて手つかず)
・タオルハンカチ2枚(1枚使用
・ハンドライト
・エマージェンシーシート
・出走前まで着用していた薄手のナイロンパーカー
塩タブレット(6個)
芍薬甘草湯配合足釣り防止OTC4錠×2
某痛み止め第1類医薬品(2錠)
スマホ
・充電器
折り畳みマイカップ
消毒用ハンドジェル
アネッ〇金の日焼け止め
・ファーストエイドキット
・磁石とホイッスル
・ティッシュ
42k地点の荷物受け取りでチェンジするための、シューズ1足とTシャツ1枚

なんだか一部緊急時のトレランモードです(^^;)

前日は、8時半ころ、フツウに朝ご飯食べて、掃除洗濯済ませて、自宅を車で出発。

都内は高速使わず走ったので、のんびりモード。

途中サービスエリアで、お饅頭食べたりコーヒー飲んだりしながら、お昼ご飯は、通りすがりの美味しそうなこだわりのお蕎麦屋さん。

20170520131117_p.jpg

会場について、前日受付を済ませ、既に始まっていた1回目の説明会を途中から聞きながら、後ろの方にあるブースを物色して、早速ランパンお買い上げ^^;

20170520135558_p.jpg

受付以外では、この日一番の?目標だった、ヤツレンのソフトクリームに舌鼓。
甘さ控えめで濃厚で美味しかったです^^

20170520142559_p.jpg

時間があるので、明日のコースを車で半分逆回りに走って下見してみることに。

20170520161427_p.jpg

逆とはいえ、行っといてよかった…。

後半こんなに坂があるのね、ゴール前も結局ずっとダラダラ長い坂なのねと、思い知り、体力の残し具合とか、意識できました。

夕方には、清里のプチホテルにチェックイン。

ぶらっと散策してから

20170520175217_p.jpg
紫のチューリップ!

20170520173641_p.jpg
メリーゴーランド(乗らなかったけど)!


夕食は、近くのビアレストランで。

20170520175911_p.jpg

20170520182120_p.jpg
飲むんかい!

20170520182148_p.jpg

20170520182613_p.jpg
↑これ見たら当然クラフトビール必須でしょw

まだ飲み足りなくて、コンビニであたりめと缶チューハイ買って、寝る直前までホテルでボクシング見ながらぐびぐび…。

22時ころに就寝。ww

またしても、禁酒できませんでした。

Posted at 11:40 | マラソン | COM(2) |
2017.05.26

野辺山・練習編


そんなこんなで、いざ野辺山100kを意識して何かしら週末に走るイベントを入れるよう、準備しだしたのが、3~4月から。
仕事のごたごたで平日はあまり時間が取れなくなったので、

・ とにかくアップダウンに慣れる
・ 長距離を走る/歩く

このふたつ、特に、アップダウン、山 or 坂を意識して、二か月間、土日はほぼ何かしら出かける。

フルマラソンやハーフマラソンやリレーみたいなスピードは要らない。
たとえゼハゼハするとしても、心肺鍛えるため。



まずは、3月は、新小岩から東松山まで荒川60k(フジヤマさん)。 ← ラストは体が持たず、平坦な川沿いの60キロ程度でこうかと、本番への不安が募る

4月に入って、高水山トレイル30kで、しばらくぶりのトレラン。

帰宅ランは3月に部員さんたちと1回、4月はひとりで2回(うち1回は途中で疲れてやる気失って電車にイン)。

午前中に高尾山ハイキング からの 午後4時間歩きっぱなしで日本酒飲みまくり。

長崎坂道ジョグ。 ← たぶん、斜度15%くらい?

多良の森トレイル39k。 ← これがかなりの刺激入れになりました。

オクムグリーンライン(メテオデさん)30kくらい?

検見川クロカン(Ukeさん)15kくらい。 ← ゆっくりマイペースながら、足に優しいアップダウンが良かった。

箱根外輪ナイトトレイル(いっちさん)50k。 ← 16時間歩き続けれたことで、かなりの自信になりました。

行徳マラニックでほぐしジョグ(かるりーのさん)10kくらい。

オクムトレイル(メテオデさん)23kくらい? ← 雨にも負けず(負けたけど)な精神修行

江戸川ジョグ20kくらい(偶然市川パパさんに遭遇)。


よく詰め込んだ~!(^^;) GWのおかげ & みなさまのおかげ & 家族の理解のおかげ。

これ以外に、無理やり平日週2回くらいは早朝30-45分、近所の坂道を選んでジョグ。

これは坂道耐性&本番での5時からの出走を意識して、身体を時間的に内側から慣れさせるため(お通じとかね)。




今回は、去年のSTYよりも、並々ならぬ卒業気合モードが伝わっていたようで、家族もこれまでになく許容的というか協力的。

それでも、70キロくらいまでは行けるんじゃないかという気はしたものの(特に根拠はありません)、これだけやっても、完走のイメージは湧きませんでした。

ただ、フジヤマさんに言われていた、

「mizoreくんは、完走できる。たぶんよほどのアクシデントがなければ12時間台。
ジョ〇くんは、…、完走できたらスゴイ」

という言葉を脳内に刷り込むようにしていました^^;

2017野辺山完走率
すごっ!

Posted at 12:25 | マラソン | COM(0) |