2017.07.11

かき氷とビアマウント、ついでにちょっとトレイル


えーっと、不思議なんですけど、なぜに参加者さん詳細書かないのかしら?
何かの理由あって書けないのかしら??
走力や気力(笑)に差がある大勢の皆さんをまとめてくださった主催者さんには、とても感謝してるので、さくっとあっさりのレポ書いちゃいますけど、暗黙の解を理解してないかもしれない天然でごめんなさい



暑い季節、年に1度は行きたいイベント、高尾城山のかき氷とビアマウント。

日光ウルトラや、キタタン終わったら行きましょう♪ということで、何か月か前から予定してくださっていたメテオデさんの企画に参加させて頂きました。

関西のポンポン山も惹かれていましたが、遠いもんなあ…。

某兄さんのイベントも、日がずれていれば行きたかったけれど、以前から決まっていたし、色々お疲れさま!な、打ち上げモードも頑張った人たちと共有したかったので。

行程は、高尾山口~南高尾~城山~高尾ビアマウント~1号路での徒歩下り~高尾山口
トータル15キロくらい?

今回は、もともとそんなに走る気なかったうえに、暑い!!

なので、スタート時にウサギ組とカメ組に分かれるときには、何の迷いもなくカメを選択。
7割がた歩きました^^;

でも、ウサギさんたちはストイックに走ってたようで、ヤラレたのヤラレないのとか…

カメさんのなかでも、ストイックに早朝1登終えてから2部練で参加の人もいたりとか…

やはり村の人たちは、フツウじゃない人が多いです。 ←フツウな人目線

DSC_9037.jpg

1499520155852.jpg

DSC_9039.jpg
これが山の上…大渋滞^^;
ウサギさんたちに1時間以上並んでいただきました…

DSC_9043.jpg
ウサギ後の激沈現場その1

1499516004782.jpg
ウサギ後の激沈現場その2

1499520162995.jpg
やらせのオトナの温泉横での激写

北岳以来、久々、プロさんといっぱいお話で来た気がします♪

暑いときは、こんな楽しいハイキングもアリでいいんじゃないかなあ…?

ご一緒させて頂いた皆さん、ありがとうございました!




実はね、今日はね…
それは後日(^w^)


スポンサーサイト
Posted at 12:30 | トレラン | COM(0) |
2017.05.16

山が川になったオクムトレイルと翌日のバラ園


土曜日は、メテオデさん企画のオクムトレイルへ。

初心者向きって聞いてたので、ウルトラ前最後の軽い山練のつもりでしたが…。

残念な雨。

当日朝まで参加を保留させていただき、お天気の様子をうかがっていましたが、早朝はまだ軽めの雨だったので、山ならロードよりそんなに濡れないかも、との甘い予測で出かけることに。

バタバタと家を出たので、玄関にスマホを落としたこと(またか)には、自転車で駅に向かうときには気づいていたけど、引き返すと、予定の電車に間に合わない。

そのままスマホなしで電車に乗りました。

よって、写真は全部参加の皆さんの頂き物。

201705151901510ee.jpg

高麗駅前を9時過ぎにスタートし、まだ小雨程度で景色も見えた往路。

20170515190150af5.jpg

顔振峠について、ニンニクトマトを頂くころには、かなりの激しい雨になっていて、せっかくの新緑の山々の景色もまったく見えなくなりました。

カラダも冷え切って、早々に降りることに。

復路は、山が川になっていて、程度は全く違うけれど、去年のSTYを思い出したり…。

先日の、箱根外輪の時もそうですけど、山の天気や足元は本当に一気に変わりますね。

1週間後にウルトラを控える身としては、どうしても転んだりぐねったりしたくなかったので、泣きを入れて、途中からロードに降りて頂きました…。

20170515190153303.jpg

トレラン練に来ていた皆様、ヘタレのワガママ、申し訳ございませんでした(ノ_<)

下山後のお風呂は、さすがに誰もいなくて、貸切状態。

いつもの中華屋さんのアフターに、少し参加して、夕方には帰宅。

メテオデさん、ご参加の皆様、ありがとうございました!

----------------------

翌日は、近所のマイコースをジョグ。

真間川から江戸川に出て、柴又ウルトラのスタート&ゴール地点をぽくぽくして、ちょっとだけ、先週のバラ園の開花状況をもう一度見てみようと立ち寄る。

201705151902382ca.jpg

201705151902358fb.jpg

満開!

気持ちよく公園を出て坂道を下りていくと、すれ違いざまにこちらをガン見する、速そうないでたちの男性ランナーさん。

市川パパさんでした!

ちょっとお会いしなかった間に、めっちゃスリムになっててびっくり!

柴又、期待しちゃいますYO!

さあ、あと5日。

明後日は30分くらい朝ランできるかな

火曜日ファイト(* ´ ▽ ` *)

Posted at 09:01 | トレラン | COM(4) |
2017.05.14

リベンジ箱根外輪一周今回はナイトトレイル

行動にブログが全く追いつかないのですが、相変わらず週末には何やかんやと動き回っています…(〃▽〃)

既に、主催者のいっちさんをはじめ、ご参加の方々が楽しいブログやFBでご報告されていて、今さら感満載なのですが、5日の終電で箱根湯本駅に集合し、歩きがメインの深夜出発・箱根外輪1周50kリベンジイベント(別称:分別あるはずのオトナのクレイジーなGW野外活動)に参加させていただきました!

さかのぼること1年弱、時期的に草茫々な7月初めに、やはりいっちさんにお願いし、箱根湯本から朝から反時計回りに、外輪一周のつもりでチャレンジしました。
この時は、お天気も悪く、伸び放題の笹や草に行く手を阻まれ、悪戦苦闘し、ライトを持っていなかったメンバーもいたので、日が沈む前に3/5くらいで諦めてバスで戻りました。

リベンジ2回目は、昨年末に、チャレさんにお願いし(いつも他力本願)、やはり同じルートで挑みましたが、金時山の下山時に、想定外の膝の痛みが生じ、まさかの夏より短い乙女峠で泣く泣く下山…。

なので今回は、並々ならぬ1周コンプリートの決意を胸の内にひっそり?抱えて挑みました。

またしても、他力本願炸裂で、いっちさんにリベンジを提案し(笑)、いろいろ足元具合や疲れ具合など検討の結果、深夜出発逆回りVerで行くことに。

根拠としては、
1. 夜スタートすれば、疲れ果てていても翌日日が沈む前の明るいうちにゴールできるだろう
2. 夜の行程は足場の危険性を考えると、阿弥陀寺からのガレ場急途の登りを真夜中に進むより逆ルートで行った方が安全では?そのルートだと、丑三つ時は、恐らく箱根駅伝ゴール付近~の、舗装道になるだろうし、反時計周りで進むより安全だろう
3. GWだし、夜の行軍のほうが、ハイカーさんの邪魔にならず空いてるかな

ってとこでしょうか。

結果、大正解でした!
いっちさん、さすが。

深夜出発のおかげで、満天の星空とこんな時間に関所?(笑)を味わえました。
日の出のなんとも言えない色合いの空も味わえました。
6日午前中のうちに、青空下の富士山や花々、外輪の山々の稜線を味わえました。もし、朝からのスタートだったら、一気に豹変した悪天候に阻まれ、1周できなかったでしょう。
本当に大満足!

詳細は、省きます!←オイ!

参加の皆さんの素敵なブログやFBをご覧ください。

写真だけいくつか。

201705091832149d9.jpg
最初は6名

20170509183217482.jpg
ちょうど0時箱根湯本駅スタート

DSC_8389.jpg
ここから山に入ります

DSC_8393.jpg
真夜中の椿

20170509183213b90.jpg
まさか真夜中にここに来るなんて!

2017050918321739a.jpg
ね。

DSC_8410.jpg
関所無事通過(誰もいないけど)。

201705091834519d5.jpg
ナイトトレイル時間は正味5時間強?朝日が差してきました。

DSC_8424.jpg
馬酔木?満開

DSC_8435.jpg
スゴイ群生。なんていうのかな。

2017050918344991f.jpg
この頃が一番良いお天気でした。

DSC_8454.jpg
富士山もきれい♪

DSC_8463.jpg
まだまだ桜も♪

DSC_8462.jpg
心地よい空いてるトレイル道♪

DSC_8476.jpg
青空いい感じ!

DSC_8483.jpg
まさかの2日前にクロカンUke練でご一緒した方と遭遇!!!(朝から単独で逆行していらっしゃいました)

DSC_8486.jpg
そしてこの日の最高峰…ん、ん?お天気が急変…

DSC_8490.jpg
何も見えなくなりました汗

このあと、金時山を下りた山小屋で休憩していると、朝から出発で追いかけてきたチャレさんが追いつく。

山小屋のおじさんから聞いた渡り鳥ならぬフランス国旗カラーの渡り蝶、こんど探しに行きたいな。

ここから先は、先行組と慎重組に分かれ、先行組はにわか走り出しましたが、結局30分くらいしか変わらなかったみたい。

それにしても、身の危険を感じる暴風でした…。

DSC_8505.jpg
なんとウルトラの制限時間を超える16時間で、スタート地点に戻る。

DSC_8513.jpg
お風呂の後は、みんなで乾杯!

私は遠いので、アフターまで行っちゃうと、帰宅はまた日付が変わる頃になりそうで、お先に失礼させて頂きました。

ようやく、3回目にして、箱根外輪1周リベンジできました!!

いっちさん、酔狂なオトナの遊びを企画してくださって、また、ウルトラ前の長時間動き続ける練習ができて、大感謝p(*^-^*)q

これに懲りず?、また、タフで楽しい企画、参加させてください♪

あ、私も、企みますので、呆れつつも乗っちゃう?みたいなノリの方は、お付き合いくださいね。

う~ん、GW締めのもひとつプチイベントまで書きたかったけど、それは別途…


Posted at 17:24 | トレラン | COM(2) |
2017.04.24

多良の森トレイルランニング

多良の森トレイルランニング

これまでプレ大会から毎年ショートのフォレストコースに参加していました。

今年は、コースのことは深く考えず、また、理解せず、そろそろチャレンジするか、と、ロングの修験者コースにエントリー。

ちょうど、これから控える、ガクブルのウルトラの練習にもなるかとの安直な気持ちも。

結果、過去経験したことない、鎖場と縄場とガレ場三昧と、急途の登り降り満載の超えぐいコースでした…。
さすが修験者コース。

もひとつ、結論からいうと、制限時間内に何とか完走(歩)できました。



順を追って記述すると、

前日の土曜、朝一便で長崎入り。

午前中に所用を済ませ、午後、現地で前日エントリー。

20170424094830862.jpg

雰囲気としては、プレ大会の時が一番好きだったかな。

ロザモタ広場というところからスタートします。

20170424095300421.jpg

2017042409525977e.jpg

20170424095118964.jpg

ついでに、すぐ近くにあるしゃくなげ公園のしゃくなげが満開だというので、帰りに寄道。

20170424095116295.jpg

2017042409511947b.jpg
裏見の滝の裏側は通行禁止になっていて表からしか見れなかった…


このところあまりに走れてないのでかなり不安があったのと、暴飲暴食ですっかり体が重くなってしまっていたのと、せっかく坂の街、長崎に来たのだから…と、夕方おもむろに小一時間くらい坂トレ(^-^;
しかも、(゜ρ゜)超激坂三昧…。
これが、かなり余計だったみたいですね、あたりまえだけど。
さすが、西の果て、19時過ぎでもまだ街灯なしでOKなくらいの明るさでした。


翌朝は4時起き。
5時に長崎市内を、まったく走ることに縁のない、送迎だけのためにお世話になった幼馴染みの運転する車で出て、1時間弱で現地着。
さすがじもぴー。
私の運転じゃ、こうはいきません。

去年は生憎の雨でしたが、今年は晴天!
スタート前の九州らしいアットホーム感、なんだか年々薄くなってて、こなれてきたというか、関東の大会に似てきたような印象。
私としては最初の頃の方が良かったなあ。

それでも、関東のストレスフルな渋滞レースと比べると、総勢200人程度のロングコース参加者。
スタート30分前でも、スタート地点はガラガラです。

20170424094830647.jpg

朝日が眩しく、暑くなりそうな予感がするなか、まずは正面の山を目指します。

これは、去年kinさんも登った山(^^)
20170424094827e78.jpg

7時に最後尾からスタート。

走り出してすぐに、あ、これは、完走ヤバイかも、との、からだのマイナス具合に気付きました。
何だかテンションがあがらない。

気持ちがリタイアすることばかりに向いてて、こんなにネガティブなのも珍しい。

でも、迎えに来てくれる幼馴染みの時間合せと、もひとつ、出来ればリタイア避けたい事態に急になっちゃった理由から、ほとんど歩きながら進みました。

三ヶ所ある関門では、すべてでスタッフさんに
「こんな感じだと制限時間内にゴールは難しいですね」
と、言われる…。

ますます、テンション下がるー(T-T)。

自分的に辛いところや、険しいところや、ヤバい鎖場では写真は撮れなかったので、撮った写真は楽しい様子のばかり(笑)

20170424094653807.jpg

2017042409460520e.jpg
一番気楽だった区間の棚田(笑)

201704240944558cf.jpg

20170424094457267.jpg

20170424094407afb.jpg

最後の復路の郡岳を登り終えて頂上に着いたとき、残り4.7キロで、制限時間までの持ち時間が50分くらいあったので、やった、完走できる!とようやく実感。

でも、このあとの下りは、ものすごーくだるく長く感じました。

ゴール手前に幼馴染みの顔が見えて、ようやくホッとしました。

だって、長崎の人たち、時間とか距離に感覚的にユルいので、

もうあと5分くらい
あとすこしだよ

は、実際おおよそ3倍増しなので、最後の方のスタッフさんの「もうすぐゴール」は、幼馴染みの顔が見えるまで信じられなくなってきてました(^-^;

実は、前日の受付で、
「絶対、開会式までには来てくださいね!」と、念を押されていて、結果、今回リタイアしにくくなった理由はこれでした。

20170424094145b85.jpg
市長直々の遠来賞…
参加者全員の前で発表され、これじゃリタイアしてノコノコ戻ってくるわけにもいかない…

20170424094142956.jpg
大村市の名産の数々。
ありがとうございます。

お風呂に入って、夕飯は幼馴染みに感謝し、出前の吉宗の懐石風茶わん蒸しセット!

201704240941438b0.jpg

最後に、この大会、今回みたいにお天気がよければ、最高の青空と新緑と大村湾を堪能しながら、ロッククライミング気分もいやと言うほど味わえる、捻挫に怯えるガレガレ場(ガレ場どころじゃない)も、お腹一杯味わえる、コース内容に富んだ、鍛えられる(修験者コースは。フォレストコースは楽しいです。)関東ではなかなか味わえない面白タフなコースです。

39キロで獲得標高3300m。
距離は短いけど、ほんとタフでした。

2017042412424453d.jpg

空港にはわりと近いし、周辺には気持ちよい渓谷や、石南花、芝桜の公園もあり、旅行も絡めて訪れると、かなり楽しめるんじゃないかなと思います。
(大村市長さんへのお礼の気持ちも込めて宣伝…^.^)

大会としては、途中のA2での金泉寺で、神主さんから御守り授与なーんてあったら、ランナーとしてはとても嬉しいし話題になりそう。

それから、途中の行程でマーカーリボンがあまりない区間は、道をロストする人が多かったので、もうちょっとマーキングしてほしいです。
試走したことない者にとっては、分かりにくい箇所がかなりありました。

私も、たいした距離ではないけど、一、二度ロストしかけました。



一夜明けて、珍しく前半に二度転んだおかげで(この時点で今日はやっぱり変だなあと感じてたかな)、右手薬指が突き指で、左手甲が打身で腫れ上がってます。

2017042409414143f.jpg

とりあえず、ウルトラ対策として、10時間、登り降りを動き続けるというハードな課題はこなせた、かな。
ジョギさん(  ̄▽ ̄)

本日本当に体ボロボロですー。
さあ、帰るぞ!


続きを読む
Posted at 12:37 | トレラン | COM(14) |
2017.04.07

青梅高水山トレイルランと日々アルコール多め


青梅高水山トレイルランは今年で3回連続青梅マラソンとセットでエントリー。
かなり青梅好き^^
1回目は、かなり足を痛めていたので、無念のDNFでしたが、常福院でお守りを頂くのだけは死守しています。

実はこの日は地元の神社の33年に1度のお祭りの日。
当日行きたかったのだけど、大会に重なってしまったので、前日早朝ちょっとだけ立ち寄りました。

DSC_8137.jpg

早朝の神社ってなんだか厳かで神聖な気分になれます。

-------------------------------

話は戻って、青梅高水山トレイルラン。

ロードから山へのシーズン切替時にちょうど良いタイミングでの開催、
都心から日帰りアクセスできる、
距離もロングで30km(以下みたいですね)、

と、トレイル初中級者には参加し易いのも魅力的。

そして、何より?素敵なのは、お仲間さんたちとの山宴会!

私のように4時間越えランナーがロングを走ったあとに着替え終わってから参加すると、朝からスタートしている宴会は、酔わないうちにあっという間に終わってしまうのですが、大会走る人も走らない人も、皆さんいったいどこに何泊するの?というぐらいの大荷物を抱えて早朝から陣地に集まってきます。
荷物の中身は、当然、トレラン関係ではなく、お酒におつまみに調理道具に料理の材料…

今年も、朝早くから陣地を取ってくださったR2さんたちの居る場所へ何とかたどり着きました。

というのも、前日の獺祭が抜けなくて、2時間近く乗ってる電車ではぐったり。

タイム狙う組とは少し離れた後方から、完走目指す組でスタートしました。

スタートしてすぐの渋滞で、木組みの階段を上りながら、帰りは走って戻れますようにと願いながら進みます。

二日酔いはすぐに抜けたけれど、息は切れるし、今年になって初のお山。
身体は全く山モードになっていない…。

まずは、プロさんの待つ2キロ先を目指してゆっくり走りました。

ロードの応援も嬉しいけれど、山の中で応援頂けると、ここまで来てくれたんだなあと、さらに嬉しく、元気づけられます。
プロさん寒かったでしょう。ありがとうございました!だからいっぱい飲んだのねww

去年は、オクム方面の山で、うーパパさんに応援していただいたなあ。
私も今度はお山の応援に行きたいな。


今年も、中腹の常福院に無事にたどり着き、3個目のお守りを頂きました。

DSC_8129.jpg

疲れながらも、無事戻ってこれて、宴会も楽しく参加させて頂きました。

DSC_8130.jpg
↑ここでも獺祭ww

DSC_8131.jpg
今年の一番は、これ!
もう、可愛すぎ!ローラさん素敵!

満喫いたしました。

うーん、3回出たから、結構おなか一杯。

来年は、出るならショートでいいかなあ。

-------------------------------

宴会で、すーぴーさんと、
「きんにくううは、年々去来が遅くなる。翌朝はまだ動ける。辛いのは二日目からよね!」
と納得し合った翌日の月曜早朝。

そうだ、今、走っとかないと、今夜から恐らく週末まではロボット化する…と思い、朝の5時前から30分ほぐしジョグ。

案の定、まだ走れたww

午後をもって、ロボットスイッチオン。

仕事帰りは、すっかりギクシャクギクシャクヨロヨロ化し、名古屋ウィメンズお疲れ様!な、ご近所さんと隙間時間でさっくり、近所でまたまた日本酒。
さんれんちゃん…

DSC_8138.jpg

DSC_8139.jpg DSC_8140.jpg

美味しかったね~、ザク!

-------------------------------

そして、中日の水曜は、これまた、3月フルマラソンや徹夜続きのお仕事お疲れさま!な女子会。

DSC_8142.jpg

ピリッと甘辛いお料理が、まさに女子向きのお疲れ会で、楽しく美味しく、レアメンバーで盛り上がりました^^

-------------------------------

今年はお花見は横目で通り過ぎただけ。

DSC_8143.jpg
昨年bg師匠に鍛えられた坂…

今夜はそろそろ、脱ロボットで、真間川お散歩しようかな。



Posted at 18:00 | トレラン | COM(6) |