2018.01.12

走れないときは山登り(川苔橋~川苔山~本仁田山~奥多摩駅)

かなり長くなります(予め警告)。

1月6日は、高尾方面一周する予定でしたが、諸事情と脚の痛みとでキャンセル。

でも走れないけど歩くのはそこそこできそう。

昨年のCTC以来、お山に行けてないし、天気予報では、連休最終日は荒れると言ってるし、これからまた暫くお山には行けないかも。ムズムズ。

お正月雰囲気を引きずる微妙なこの時期、なんとなく、人にも声をかけづらく、お一人様のプランもいくつか考えていました。
でも、「え、ひとりで?この時期?」と、明らかに否定の表情を浮かべる家族。
うーん、誰か山登り(しかも走らない)に一緒に行ってくれる人いないかなあと、ダメもとでお尋ねして、OK貰ったのが、前日。

原パンさん、ありがとう!

ひとりだったら、高尾あたりで短めプランだったのだけど、同志がいるなら、かねてから行ってみたかった、奥多摩三大急登のひとつの、川苔山へ行くことに。
走れない今だからこそ、敢えて急登狙いで。
しかも、この時期、ルート途中にある百尋の滝は凍りついていて、一見の価値あるとか。
今年は、関東は雪が少ないので、必要はないかもしれないけど、年末に初めて購入した軽アイゼンも試せるなら試してみたかったし。

「こんな前日に頼んで山登りに付き合ってくれる仲間がいるって、あなたいったいどれだけツテがあるの?」と、呆れる家族を横目に(←明日は3000歩/日程度の歩行であろうあなたが、そもそも付き合ってくれるなら…、とは言わない)いそいそと支度し、就寝。

翌朝、おそらく最寄り駅の切符売り場で、絶対必須の手袋を片方落としたらしいことに、電車に乗ってから気付く。

さすがにこの気温、奥多摩の凍てつく水場と山を手袋無しは、極度の末端冷え性にはありえない…。

でも、早朝過ぎて、駅の売店はシャッターが下りたまま。
途中でコンビニに立ち寄ってると、奥多摩駅から乗るバスに間に合わない。
ちーばからは、ほんと登山口まで行くのも遠いので、途中のロス時間が勿体ないのです。

奥多摩駅に到着し、バスに乗り継ぐまでの数分で、キョロキョロしたけど、やはり駅近くのお店は未だオープン前の時間なので諦める。

やけに荷物の多い原パンさんに、もしやと思って手袋ないですか?と尋ねてみると、なんと、ボクサーか!というような大きなスノーボード用グローブをお持ちで、お貸くださいました。

なんでも、早朝ランニング用に昨日購入したばかりとか。

助かった!

それにしても、ほかにも出てくる出てくる…
どれも新しそうな匂いのする(いえ、匂いはしません)、出前トレランショップ?と思うような、ウェアから装備まで、原パンポケットからはいくつも興味深い荷物が出てきて、見飽きません(笑)。

基本、その辺のユ〇クロウェアや100円ショップやドラッグストアや、家の中に転がってそうなものばかりでの普通なグッズで身を固めている私には、宝の山に見えました(笑)。

今回、唯一奮発したグッズは、おニューのホカのトレランシューズだけだから。

ということで、ものすごく前振りが長くなりましたが、よようやく出発。

後はいつもの写真頼み。

1801-1.jpg
スタートは奥多摩駅からバスで15分くらいの川苔橋バス停の横の登山口。
もし、奥多摩駅からゆっくり登り坂のロードを走ったら1時間弱くらいかなあ。

1801-2.jpg
さすがに、今は熊さんは眠っているはず…。

1801-3.jpg
これ、ちょっと感動もの。苔が氷柱のインサイドに。
冷たいけど、思わず、ナデナデ。

1801-4.jpg
これも、冬の自然の芸術作品。
天然氷のかき氷できるね!って、ひとりではしゃいでました(^-^;)

1801-5.jpg
川面も凍っています。

1801-6.jpg
百尋の滝、圧巻!

1801-7.jpg
このスケール感、私もお気に入り。
滝壺が凍りついてるとことか、ほんと、カッコいい。

1801-8.jpg
滝壺に降りる途中にはこんな標が。姫?気になる。

1801-9.jpg
途中の分岐では、足毛岩の肩の方を選んで進みました。ここからさらにどんどん登ります。

1801-10.jpg
この写真じゃいまいちだけど、途中何度か、幾筋か走るひこうき雲が見えました。
これも、カッコよかった。

1801-11.jpg
足元は乾燥しきった落ち葉と地面なので、立ち止まるとほんとそのまま、滑り落ちそう。
一生懸命撮りました(笑)。

1801-12.jpg
原パンさんが、ハセツネコースにも大ダワってあるよって言ってましたが、大ダワって、大きくたわんでいるところっていう意味らしい。峠に、よくある名前なんだって。←学習した!

そしてこのあと、スマホにトラブルがあり、せっかく本日の目的の川苔山山頂に着いたというのに、写真撮れず…。無念。

山頂には、何人か先人がいて、10時半~11時くらいでしたが、それぞれ、食事タイムだったみたい。

くっきり、この時期にしてはやや雪少なめな富士山や、おそらくあれが雲取山よねーな山や、富士山と真反対の雪を抱いた、あれは南アルプスの山々?を眺めながら、我々も、早めのランチタイム。
原パンさんは、うずらの卵の燻製にご満悦。
私は、原型をとどめない不思議な形に潰れたコンビニおにぎりと、最近のお気に入り↓。

201801122139164c1.jpg
これ、ちゃーんと?(笑)、アルコール入ってるのが伝わるスイーツで、最近のお気に入り。

山の甘い系のおやつとして、オススメ(あくまで、アルコール耐性ある人に)。

20分強くらいの滞在、次のピークの本仁田山もあるので、身体が冷えきってきたこともあり、出発。

トリッキーな、集中力要しまくりな下り&決して緩くなってくれない、相変わらず平行移動距離はさほどないのに、がーっと登る、を繰り返しつつ、次のピーク到着。
いつの間にかスマホも復活。

1801-13.jpg

やっとここで、川苔山山頂で撮れなかった富士山を収めることができました。

1801-14.jpg

そこからは、また、集中力マックスを要する(私のポリシーは、転ばない、なので、転ぶの前提で突っ込む超人な方々とは目線が違います)、乾燥しきった滑り落ちそうな急な下りが続き(写真撮る余裕なし)、やっと辿り着いた、見覚えある場所。

1801-15.jpg

2年前くらいに、ハイキングで丸山に登ったときにここに立ち寄ったの思い出しました。

そこからはロードに出て、ここで、登山ルートは終了。

1801-16.jpg

ここから、数分?、本日初めての、ゆるランw。

14時過ぎに奥多摩駅に到着。

トイレでさっさと着替えて、ご褒美タイム。

1801-17.jpg

1801-18.jpg

1801-19.jpg
↑ この日、凍った滝と匹敵するくらいすごく気に入った、木漏れ日の癒しの空間。

1801-20.jpg
どれも美味しい♪

18時半過ぎには、最寄り駅に戻り、ダメもとで、手持ちの片方の手袋をお見せして、落とし物で届いていないか確認(だって、12月に購入したばかりだったので…。)したら、なんと!

1801-21.jpg
市川、良いとこ!(*^.^*)

〆もバッチリで、とっても気持ちよく、マイお正月が終わりました。

でも、翌日の皇居オーク練を終えてから、右足の痛みが広がり、今現在、疑いは越えて、真性故障者リスト入り…。

そーいえば、去年も今時分は、肋骨骨折して、故障者リスト入りしてたっけ。

やっぱ、私は、寒い時期は相性良くないし、苦手。


…、とまあ、長々と記しましたが、こういう、のんびり自然を満喫しながら、でも、緩ハイキングになりすぎず、アドベンチャー要素もあり、そしてもう少し走れるのが、私の好きなトレランスタイルです。
今回、走れる状態じゃなかったけど。

自然と景色を楽しみながら、どこかややハードなチャレンジもある登り下り、出来れば、山を降りたらちょっとサクッと一杯、なノリのトレランスタイルに賛同頂ける方、どうぞ今後ご一緒くださーい。












スポンサーサイト
2016.09.08

念願かなって、のべさんマイコース


諸々バタバタしていて、すっかり出遅れましたが、金曜徹夜から(笑)、土日は、憧れていた、のべさんマイコースの北アルプス登山に参加させて頂きました。
土曜は大天井岳(私だけ東大天井岳ピークもw)。
日曜は唐松岳。

とりあえず、詳細は後日?書けるかな…。

またも、非常に睡眠時間の短い3日間を過ごし、非日常な最高の景色の中に身を置ける幸せを味わい、ちょっと怪我して、集中力の大切さを改めて感じたり…。

得難い経験をさせていただきました。

数ある写真のなかでも、特に気に入った写真。

DSC_5796.jpg

DSC_5806.jpg

雄大です


怪我はたいしたことないんだけど、帰ってからの検査でちょっとあって、仕事もこれから繁忙期になりそうで、しばらくブログ書く余裕がないかも…。

まずは、心のそこから、のべさん!参加させて頂いてありがとうございました!!

ご一緒させていただいた皆さんも、ありがとうございました。

楽しかったーーー

この感動もうちょい書き留めたいなあ…。

いずれ!



2016.08.24

写真で振り返る夏休み1日目


けんいちさんのブログで、本文にも自分以外の方々のコメントにも自分の名前がやけに現れてて、こんなこと初めてで、小さくなってます…。
それにしても、可愛いイラストで、おこぼれの身なのに、嬉しいですp(*^-^*)q
R2さーん、大丈夫じゃないですよぉ。

脚は、もう一息!もう少ししたら、「痛み」じゃなくて、「違和感」に落ち着きそうーー。

それまでは、スピードは絶対封印。

-------------------------------

土曜日は、初めて叔父と一緒に山登り。

長崎市の最高峰に登りたい!とのオーダーに快く連れて行ってくれました。

hachiro-1.jpg

最高峰といっても、高尾山と大して変わらない高さ。

たいしたことないだろうと思っていました。

結果的には、山の高さという意味では確かに楽だったのだけど…。


この季節、往路はだ~れにも会わず、「誰もいないねえ」と話しながら登り始めました。

hachiro-3.jpg

理由は、登り始めて10分後には判明。
それもそのはず。

もんのすごい、虻攻撃…。

スズメバチこそ会わなかったけれど、ずーっと数匹の虻が付きまとい、ちょっとゆっくり歩いたり立ち止まったりすると、すかさず寄ってたかって刺してくる。

ぷちパニックで撮った写真↓(笑)。

hachiro-2.jpg

結局、途中で、還暦越えた気管支炎気味の叔父は置き去りに(--;)。

「私、何も悪いことしてないでしょ!いい加減にして!着いて来ないで!!」

と虻に叫びながら、頂上まで走っていく羽目に。

人には会わなかったけれど、途中で鹿さん3頭には会いました^^;。

開けた空間の頂上に着くと、さらにクマンバチがブンブン威嚇し、人っ子一人居ない中にポツンと現れた生き物。
上空からは、格好の餌食と判断されたのか、鳶が徐々に高度を下げながら確実に私の頭上に近づいてくる…。

木の下に逃げると虻が寄ってくる…。

泣。

そうしてるうちに、あれ?虫が減ってきた?

晴れて見渡せていた市街が、だんだん霞んできて、気付けばかなりミスト発生。涼しくなってきた。

気温が急に下がって霧がかってくると、それまで飛んでいたハチや虻は、あっという間に見えなくなり、トンボと蝶だけに。

ガスってきたら、鳶も見えなくなった。

へえ、ちょっとした気温や天気の変化で、生態も一気に変わるのね。面白い。

汗も引いて、ようやく腰を下ろして落ち着くことができて、ゆっくり叔父を待ちました。

hachiro-4.jpg

そこで、いきなり携帯が。

叔父さんかな?と思って出ると、なぜか、家族から。

「え~と、今どこ?今起きたら、誰も居ないから。今日って何かイベント合ったっけ?山?江戸川河川敷走ってるの?朝ごはんは?」

…。

先週も何度も言ったよね…。夏休みだって。
金曜朝も出勤前に、今日は仕事の後そのまま、長崎に行ってきます、火曜に戻りますって言ったよね。
月曜はゴミ出してねって言ったよね…。

「…、今、長崎。市内最高峰を叔父さんと一緒に登ってる最中です。」

「!? …聞いてないけど。」

…。

こういうアバウトな家族だから、日々、多少自由に暮らしても問題ないわけで。

結局、金曜朝はテレビのオリンピック中継に夢中で、私の言うことを聞いてなかったということにはたと気づいたらしく、

「ごめんごめん、わかったわかった、じゃ火曜ね!」

で、終了。

こういう家族のカタチもありなのです。

気を取り直して、叔父が虻数匹を従えて現れた後は、さらにガスで視界が悪くなったので、早々に下山。

下りは速いので、何とか刺されず逃げ切りました。

教訓。真夏の九州の山は危険。
虫よけは効かない。

下山すると急にお天気は回復しました。

キラキラ眩しい海沿いの叔父さんお勧めの32度!源泉炭酸温泉へ。

気温が36度だから、ひんやりしてて、殆ど、プール感覚で、と~っても気持ちよかった!

nomozaki-1.jpg

そのあとは、世界遺産の軍艦島を遠目に眺めながらドライブ。

nomozaki-2.jpg

伊王島灯台への坂道。

nomozaki-4.jpg

nomozaki-3.jpg

nomozaki-6.jpg

nomozaki-5.jpg

いったん帰宅し、母と路面電車で市街地に。

shigaichi-1.jpg

shigaichi-2.jpg

shigaichi-3.jpg

shigaichi-4.jpg

久しぶりに美味しいご飯を頂き、夏休み帰省気分を満喫しました。

shigaichi-6.jpg

赤いのは、トマト饅頭(トマト果汁を練りこんだ真薯の中に、鶏ひき肉餡が入っててふんわり優しい甘酸っぱさで美味でした)。

はあ~、夏休み最高!

充実の1日目でした。

かるちゃん、少しは食べログになってる?(笑)



2016.08.15

43時間寝なかった、トレイルじゃなくハイキング^^;


金曜は、ランオフだったので、朝もいつもよりちょっと遅めの6時起床で出勤。

職場もなんとなくゆるい夏休みムードが漂っていて、今の職場に来て3年目で初めて上司とお昼にラーメン食べに出ました。

わざわざお盆休み期間に開いているかどうかチェックしてくれていたらしいので、お腹の調子がグルンパだとは言えず、ましてや、今日は仕事終わって、いったん帰宅後、荷物持って終電で移動し、車でピックアップしてもらって、そのまま徹夜移動してハイキング?だから、お腹を守りたい、とはとても言えない。

ありがたくお供させていただきました。

昔ながらのあっさり塩ラーメン。

今の主流よりも、むしろこういうのが好きかも。

DSC_5360.jpg

ぐるんぱの身には、あっさりで、助かったし、美味しかった!

其の後、念のためにと、職場の常備薬の漢方胃腸薬を飲んだつもりが、よく見ると、漢方便秘薬だった…。

後の祭り。

さらに、不安を抱えつつ、夕方にはそそくさと帰宅し、23時に家を出発。

仮眠取れると思っていたけど、なんだかんだで、結局30分くらい横になったけど、眠れませんでした。

電車の中で、少しまどろんで、0時半前に、初めて下りる駅に到着。

そこから、車に乗っけて頂き、談合坂でほかの皆さんと合流し、いざ、トレイルハイキングへ!

結局、スタートは5時半くらい?

クスリの影響もあってか、家を出てここまでにトイレ5回…。


さて、諸事情により?詳細書くのはパスして、とりあえず、楽しい?ハイキングの様子だけ。

DSC_5375.jpg
今回は、熊鈴鳴らしながら、かなりヤバいんじゃないかと思いながら歩きました。

DSC_5377.jpg
5人以上一度に渡っちゃダメなつり橋。

DSC_5378.jpg
おっきな野イチゴがいっぱい! ハイキングっぽいww

DSC_5366.jpg
これでもか!な笹漕ぎ。写真のような短パンはお勧めしません。

DSC_5381.jpg
これがあるってことは…

DSC_5384.jpg
(*´▽`*) おなか用心して、ぐっと我慢しましたけど。

DSC_5387.jpg
こんなのが空いっぱい!!

DSC_5392.jpg
とっても大変な楽しい試走ハイキングでした!

トータル40キロ弱だったみたい。

高尾まで車で送っていただいて、電車に乗り換え、最寄り駅に着いたのが、ほぼ昨日の出発終電の電車の24時間後。

就寝が1時なので、43時間起きてました。


今回の、ハイキング、めちゃ色々学習しました。
参加させて頂けて、とってもためになりました。

ご一緒頂いた皆様、企画のす~さま、どうもありがとうございました!


翌日は、意外と6時には起床(どんだけBBA)。

鎌倉侵攻参加には間に合わないけど、明日から走るからね!と昨日決意を述べていた方に順じ、真昼間に江戸川・真間川河川敷18キロ弱ジョグ+1.5キロウォーキング。

今朝は、早朝9.4キロジョグ。

頑張ってますyo。



2016.08.08

高尾通い?と、久しぶりの行田公園LSD


金曜は飲み過ぎ。

土曜は予定していた仕事がOFFになったので、マラソンポイント獲得?のため、二日酔い気味のからだに鞭打って、城山のかき氷を目指してのんびりハイキング。

全行程歩きです。

かつ、おじいさんおばあさん幼児さんにも追い抜かれる10分おきに座り込んで休憩取るメタボ相方付き…。

今回も登りは稲荷山コースで。

先々週は、スズメバチの巣があるので注意!看板が出てたけど、1週間後は外されてました。

DSC_5320.jpg

ここまで着くのに、先々週の倍以上の時間を要す。

ほぼ、地図のタイムコース通り?

1週間前までは、大輪のユリの花が圧巻だったのに、ユリはもう終わってしまっていて、早々とススキの姿が。

DSC_5322.jpg

何とか、なだめすかし、ようやくご褒美!

DSC_5325.jpg

相方は迷わず、大(→奥)を注文。
この日、唯一笑顔がこぼれてましたww

下りは1号路。

ここは、渋滞してました。

稲荷山コースを登る人たちと明らかに、足元や服装が違うww。

久しぶりに1号路を全部歩いて降りたけど、ここ相当激しい坂道ですね。

今度は、こっちを登りに来ようかな。

下山後は、高尾山口のお風呂で汗を流し、急ぎ電車で帰宅。

洗濯ものを洗濯機に放り込んで、そのまま市川・江戸川花火大会へ。

201608081223027b8.jpg

家族で行動だと、こういうのが気楽ですね。

一日、よく歩きました。

3万歩超え^^

---------------------------------------

日曜は早朝LSDトライ!と思っていたけれど、疲れがたまってて、起き上がれなかった~。

午後からだと、暑いし、炎天下、河川敷はむ~り~、と、一念発起。

パンク寸前のチャリのタイヤ交換をしている間に、大の苦手な、ぐるぐるコースへいくことに。

でも、ここは全部木陰なので、3時台でもまあ走れる。

自転車屋さんにチャリを預け、30分間は我慢して、アラビアン姿で公園まで日向を走る。

知らなかったけど、当日朝から行田公園では100kmぐるぐる大会が開催されていたようで、私が到着した3時過ぎには、公園内は良い香り、BBQ打ち上げ団体さんでにぎわっていました。

それを横目に、本日の決心。

チャレンジ20km。

行田公園のジョギングコースは、1周が900mしかないので、まずは反時計回りに11週+100m。

飽きるから、せめて目線を変えて、さらに時計回りに11週+100m。

余裕があれば、25kmと思ったけれど、まったく余裕ありませんでした。

スタートと終了の時間を見ると、ぴったりキロ6でした。

ちゃんと数えれたのと、ぐるぐるできたことに、わたし偉い!よく頑張った!と、自画自賛(笑)。

そこから、フラフラしながら歩いたり走ったりしたせいか、気付いたら帰宅方向と逆方向へ向かっていて、まさかのご近所で道ロスト…。

船橋の奥の方に向かってました…。

何とか、ガリガリ君梨の助けを借りて、自転車屋さんへ。

公園から自転車屋さんまでは2km以上あるので、ロスト分も含めると、日曜はトータル25kmは走れたみたい。

まあ、予定通りでOK。

ひさしぶりに、ロードを長く走りましたが、今の自分には30km走は無理だ~と思い知りました。

足の痛みは、まだしぶとくあるものの、少しづつ緩和化されてるのは分かります。

もう一息。

目標があると、何とか頑張れる。