FC2ブログ
2019.03.04

遅報:東京マラソン2019ボラ


3月3日は東京マラソン2019。

東京マラソン2019
公式ホームページより

プロさんのご好意で、今年もボランティアに一緒に応募させて頂き、
去年と同じ場所で、今年はスポドリ担当。

前日の晴天とは生憎打って変わったお天気。

雨具は身に付けてはいたけれど、甲斐なく
中までぐっしょり。

寒さで手もかじかんで、真っ赤っか。

1551686484119.jpg
親父さまスポーツ

走る人も、応援する人もみんな一つになってる感、半端ない。

やっぱりすごい大会だと思いました。

そんな本日、やや発熱中…
だよね

おとなしく、ランオフを続けます…

プロさん、akiちゃん、ディープな二日間、ありがとうございました!

走った皆さん、アフターでご一緒させて頂いた皆さんもお疲れ様でした。




スポンサーサイト
Posted at 18:00 | 応援 | COM(2) |
2019.02.27

マラソンの応援じゃないけれど

身内に受験生がいるわけじゃないけれど
地下鉄の駅の通路にデデーンと貼られたこのポスター、
なんだかジンときます
文言も、本命マラソンに向かう仲間に
そのまま送れそう。

DSC_3556.jpg

受験生、ふぁいっ!


Posted at 13:22 | 応援 | COM(0) |
2019.01.02

往路1区

今年は品川の少し先の坂道で応援。

20190102103509dd9.jpg

あっという間に行っちゃいました

20190102103512865.jpg

昨日の午後は家族で映画観賞

20190102103513bea.jpg

ボヘミアン・ラプソディーは却下された…。

レディ・ガガの歌の上手さに感動。

これから、もう少しいくつかお参りします

今日はウォーキングの日。
2万歩目指そう。



Posted at 10:40 | 応援 | COM(0) |
2018.12.21

足立は両端に大仏?

明後日の足立フレンドリーマラソン。

例年同様、走って応援に行く予定。

こちらの同志と、コースまる反対の場所(ハッシーさんの居るところあたり)で
応援するつもりです。

10月の荒川でもこんな感じでした。

1545371978281.jpg

コース両端に金銀大仏出現???

乞うご期待(笑)ww

出走される皆さん、頑張ってください!


Posted at 17:30 | 応援 | COM(4) |
2018.12.20

CTC2018ボランティア(やや長文)

いつもその場を生きているので(´∀`*;)
タイムはもとより(゚д゚)
参加大会についてもあまり振り返らないのですが、
今回は、初めてのトレラン大会のボランティア。
トレラン大会に参加し始めた頃も思い出され、
色々感じることがありました。

マラソン大会のボランティアは、
200人くらいの小さいローカルなものから
大規模都市型の東京マラソンまで、
いくつか経験があり、
何れも充実してたんだけれど、
その場の感動で落ち着いてしまい、
これまで振り返ろうと思うことがありませんでした。

なぜだろう。
今回のCTCのボランティアは
その場の一生懸命無我夢中なことや感動や
も同じようにあったけれど
終わった後も
いろんな光景が目に浮かびます。


同じように制限時間や関門はあるけれど
マラソン大会よりも時間の流れと空気が緩やかで
選手やスタッフ、ボラの人たちひとりひとりと
直接交流する時間が持てたこと

選手として参加経験がある大会だからこそ
選手は何が困るのか、何が快適か、助かるかが
選手目線で想像し易くて
選手の問いにも答え易く
声かけも、し易かった
機械的じゃなく
その場で思ったこと気付いたことを
対処行動として反映することができた

泊りがけで2日間に渡る
睡眠もままならない
凍えてマヒするような深夜早朝の寒さの中があったかと思えば
汗だくで、腰は悲鳴をあげ、
腕も上がらなくなるような重労働
食事をする余裕もトイレに行く余裕もほとんどない
一日18時間に及ぶ無償の奉仕活動を
誰一人文句言わずに
献身的に自発的に、そしてむしろ楽しんで
とってもイキイキしてるスタッフ・ボランティアの方々と共に過ごしたこと

そんな皆さんの心から楽しんでる笑顔

60キロも走ってきて、
ラスボスのメインの山が待ち構えているラストエイドで
ボリュームゾーンより後方の人たちは、
よろよろ歩いていたり足を引きずっていたり
疲れた顔をしているのだけど
それでも、ランナーの皆さん一様にとっても充実した瞳

そんなあれこれが、なんというか
すごくすごく心の奥の方に
刺さったみたい


ここからは、ボランティアとして気付いたこと

・ 安房小湊駅のトイレは綺麗。

・ 駅前のコンビニは、ちょっとしたスーパー並みに広くて取り扱い商品も多い。
大会を狙って商品入れてるので、カイロの種類も豊富。
コンビニなのに、マグオンもあった。
スタート直前までお握り在庫切れにならない。
もちろんトイレもキレイ。
男女合わせて3機は有ったと思う。

・ 受付担当の場合、
体育館のスリッパだと、
床冷えして足の先が痛くなってくる。
二枚重ねして履いていたけど、
それでも辛いので、
靴下にカイロを貼るか、
モコモコ足首まである厚底スリッパがあると良い。
その他、膝掛けだと立ち上がって動く場合不便なので、
ロングのフリース巻きスカートがあるとベスト。

・ スタート地点の駐車場は、直前まで停める余裕あり。

・ 手荷物預けのピークはスタート30分前。

・手荷物預け担当で、バスの中での作業係になったら
半袖になった方が良い。
寒さ対策だけだと、汗ビッショリになって
作業後は、めちゃ汗冷えすることになる。

・ スイーパー担当以外は、足元はいっそエスキモーシューズがよい。スイーパーは、トレランシューズであるかよりは極力厚底を優先した方が良い。そもそもトレイル区間は5キロほどなので、寒さ対策の方が大事。

・ このコースなら、ランナーはグリップの効くガチガチのトレランシューズは不要。
むしろウルトラマラソン用のシューズの方が良いかも。
厚底普通のランシューズでもOK。

・ 寒さ対策として大仏マスクを持参したけれど、
出番はほぼなかった…。
視野をフツーに確保できるパンダ帽とかの方が良い。
↑アタリマエ(°▽°)

・ エイドや走路待機担当の場合、持ち場の少し先を歩いてでも事前チェックしておくとよい。
ランナーさんから、この先は?とよく聞かれる。

・ やっぱdocomo最強。softbankとauは電波が入らなくなるエリアがあり、そこで救護担当になると連絡が大変。

・ ランナーさんは、自分が進む先の様子を知りたがる。
疲れきった顔で尋ねられ、
その先が一番辛いコースだと知っていたら、
伝えないよりもやんわり伝えた方が良いような気がした。
お伝えすると、大半はの方は、
項垂れるより前向きに心構えして気合いを入れてました。

・ ボラの必携品ではないけれど、小さめの多機能ナイフを携帯してると何かと便利。

・ たぶんゼッケンをリュックに付けてたんだと思うけど、
落として、気付かず先に進んだ人がいた。
一枚しかないチップの付いたゼッケンは、やはり前面に付けた方が良い。
じゃないと落としたことにも気付かないですからね。
せっかく走ってゴールまでしたのに、
DNFになったら結構ショックかも。
今回は、幸い、その先のエイドで
マーシャルさんが追い付き届けることができてセーフ。

まだあとから思い出しそうだけど
とりあえずこんなところで。

ふたご座流星群と二重の虹も見れて
人の強さと優しさに触れることができた
とっても濃い二日間でした。

20181220085243b46.jpg

良い大会です!


Posted at 09:08 | 応援 | COM(2) |