2014.09.17

スポーツ英語とか。リハビリ・ラン封印期間~Ⅰ

昨日は仕事帰りに、月に2回ほど受講している「スポーツ英語」の日。

この調子で、お気楽に足だけ使って遊びまわっていたら、頭はますますローカしちゃいそう。
2020オリンピックを意識して、それまでにいろんなスポーツに特化した英語表現を習ってみようかな、今からだって、やらないよりは脳刺激!と思いたち、3か月前に恐る恐る首を突っ込んでみました。

聴講生は、大学生からリタイヤ悠悠自適のお父さん、現役翻訳者やフツーの主婦、帰国子女など様々な世代の方々。
スポーツ観戦に興味がある方が殆どで、皆さんスポーツ時事ネタや、うんちくにとても長けていて、ここでも私は異分子。どこそこの誰々がどーしたこーした、ルールはこうこうで、この競技の強国・強者は○○××…。
当然の英語力も足りないうえに、快適にやりたいことをやるばかりの自分には、知識が無さすぎて、とてもできの悪い生徒です。

3か月一括りなので、昨日が期のラスト。継続どうしようかな~と思ったけれど、こーいうのは、しばらく続けないと意味ないから、と、やや逃げモードに入っていた己を鼓舞して、「継続お願いしますっ!」と、お願いしたら、講師の先生が驚き顔^^;
絶対コイツ続かないって思ってな、だったら下手だからこそ習ってやる続けてやる~と、開き直りました。

場違い感満載、出来の悪い生徒で、居心地はとても良いとは言えません。でも、そこを開き直れば、習うことは新鮮で、けっこう面白いんですよねー。
学生時代とは違って、そこは厚かましくなっているので、オベンキョーで(仕事とか資格試験とかの、止むを得ないベンキョーとは別です)知らなかったことを知ったり、あ!と腑に落ちる理解ができたときは楽しい。

ビミョーなお年頃の若者には、伝えたいけど伝わらない…。まあ、そーいうものですね。
スポンサーサイト
Posted at 11:50 | スポーツ | COM(2) |