2015.04.30

青空満喫トレイル♪

日曜は朝から快晴。

こんなに良いお天気でのトレイルは本当に久しぶりなので、否が応でもテンションは上がります。

長崎の週末の交通渋滞事情がよくわからなくて、ちょっと早めに市内を出発したら、まったく混まず、1時間半以内で到着。コンビニ駐車場で、1時間弱、コーヒー飲んでまったり過ごす。

都心の大会だと、スタート1時間前はすでにかなりの人で埋まっているし、駐車場なんて満車なのに、いいなあ~。
1時間前だと、まだ人はまばら。駐車場もガラガラ。

特に準備運動タイムもなく、そこは勝手に各々。

スタート30分前から、主催側何名かのごあいさつ(これも短くてよかったです笑)と、いきなり記念品争奪?勝ち抜き大じゃんけん大会。勝ち抜けなかったら、まさかの一から仕切り直し。が数回(笑)。
もう15分もしたら山走るんだよね?な、ゆる~い空気が、なんともいい感じ。

そのあと、これが圧巻でした。

青空のもとでの蛇踊りパフォーマンス。

IMG_20150427_100701 (1) ← バックミュージシャンのおねえさんたち(笑)

銅鑼の音が青空と緑の広場の中で鳴り響くの、良かった~

DSC_1400.jpg DSC_1412.jpg

観れるかな?映像。

DSC_1397-ANIMATION.gif

みんな、クローバーの広場に腰を下ろしてすっかりくつろいで鑑賞し終わると、おもむろに

「スタート1分前です」

のアナウンスに、爆笑^^  どれだけユルイの♪

160人弱の大会。スタートロスはありません。ランナーチップもありません。
リラックスして、行ってきます!

DSC_1388.jpg

しばしの舗装路と林道、思ったより脚は痛くない。でも、すでに息が切れる。
やっぱり、無謀ともいえる参戦。
心肺も脚力も腹筋もぜ~んぶ落ち切っているの、すぐに思い知る。
息が続かない。足が重い。体を支えようとするけどおなかに力が入らない。

以前ならもう少し我慢して頑張れたけど、今回は、悪化させない、ましてや絶対に転んだり捻挫したりして故障の上塗りはしない、と自分に課していたのもあり、割り切って、早々に歩く。制限時間内ゴールを大目的として、歩きまくる。
こんなに徒歩なトレランは初めてです^^;

林道に入る前の登りの坂道で、スタート前にお互い脚を痛めている同士ということで握手を交わした、既に苦行の面相で歩いているNBCのアナウンサーさんに、「がんばりましょー^^」と声をかけ、「あ、抜いていくんですね」という声を背に受け走ったり歩いたりで、進む。

ふだん、あまり水分を要しない体質なのですが、恵まれすぎるくらいの晴天。
エイドのお水、待ち遠しく、ありがたかったです。

森の中を登り、下り、途中のエイドでの、手作りクッキーとはちみつレモンのスペシャルドリンク。息を吹き返します。

ガレ場と岩場、往路は下り。このあたりでは人は既にばらけていて、私の前にはほぼいなくなり、また、なぜか道を譲られ、振り返ると数名の先導者になってしまっています。

わりと、こまめに目印のオレンジのリボンが木の枝に括り付けてありましたが、それでも、このあたりでは目印を見つけきれず、ちょっとコースアウトすると、後ろもみんなついてくる…^^;

「スミマセン!私、間違えたみたいです。どうぞ、なんなら先に行ってください!」

でも、みなさん自信がない人が多いようで

「いえいえ、大丈夫ですよ」

とまあ、ここでもゆるく、殺伐としない。

いったん森を抜け、車道に出て、棚田の上の民家で給食エイド。

tanada.jpg 蓮華畑

えいど ichigo.jpg

エイドに同席した数名の方々と、郷土料理やお菓子やジューシーなイチゴに舌鼓を打ちながら

「もう、ここで終わりたい~」と、暫し去りがたく談笑。

「ここから、一番キツい登りです。頑張ってくださいね」

とスタッフの女性のさわやかな笑顔に見送られ、意を決して出発。

すぐに歩きます。

ここからの登りは、牛歩戦術、というより、10歩歩いたら一息、しか無理。

何度か岩にもたれかかり腰かけつつ、ようやくたどり着いた最終エイドで、

「もう一番ハードなところは超えましたよ!」と言われ、笑顔。

それでも、しばらく郡山山頂に向かうまではやはりツラかった。

帰路の郡山山頂からは念願の湾絶景!頂上でご一緒した女性と。

kooridake.jpg

ここでは、頂上で座っていらしたご夫婦に冷えたコーラを頂く。本当に山のコーラって最高ですね。
大感謝!

ここからは延々下り。

転ばないよう、いつもより慎重にゆっくり走る。けっこう長く感じました。

その後舗道に出て、待ち構えていたスタッフに

「残り1.4kmですよ~」

と言われ、ほっとしてゴールを目指す。

無事、完走!サブフォー♪

kannsousyo.jpg

(19kmですけど何か?笑)

記録賞頂いて、休憩しようと木陰に向かっていたら、スタッフの方が追いかけてきて

「○○さんですよね?遠来賞です。来年もまた来てくださいね!」と手渡されたのは、

遠来賞

パタゴニアのランパン!可愛い!エントリーフィー越え!十分もとは取った!(笑)

そのあと、お母さんたちが握ってくださったおにぎり2個入りパックとけんちん汁、コーラを頂きました。

本当に投資以上のバックがあった大会です。


来年はどうもロングの部ができるらしい。

もうちょっとリハビリして、もっと鍛えて、来年はロングかな?


以上、と~ってもオススメの大会でした。晴れたら、だけど(笑)。

来年誰か一緒にいかがです…?



追記:翌日何食わぬ顔で出勤しました。なので、東京からでも十分週末のみで楽しめます♪
スポンサーサイト
Posted at 11:27 | スポーツ | COM(4) |
2015.04.28

青空満喫トレイル♪~前日まで~


久々に、脚だけじゃなくて、肩も腕も腰も筋肉痛嵐です。

今年に入ってからは、ほぼ走ること由来の筋肉痛とは縁のない日々でした。
青梅マラソンも、表参道も、高水山を20kmでリタイアしたときも、翌日筋肉痛はほぼなし。
そっちじゃない方の痛みのほうが酷くて。

そんな長期故障中の身には、ちょっと嬉しい方の痛み(^^;)。き・ん・に・く・つ・う♪
忘れていた、not sweetな旧友に久々会った感じ(笑)。



さて、では、多良の森トレイルランニング・レポ(でも走る前まで)。


今年の2月ごろ、春以降で何かいいトレイル大会ないかなあ~と思っていたところ、

長崎で初めて行われるトレランの大会があるらしい。距離は20km弱。多良岳のあたり。

という情報をゲットしました。

時期的に、GWで混む前、暑くなりすぎる前、梅雨前。いちばんスッキリ新緑が眩しく気持ちよさそうな頃合い。
長崎は今日も雨(わかる世代にしか、わかりませんね)、じゃない確率高そう!
きっと、都心近くの大会ように、渋滞しない。レースも車も。
ストレスフリー! ←ここ大事。

場所は、何となく分かる。
長崎市内から、車でほぼまっすぐ北上してたぶん高速使わなくても1,2時間。前日に確認すればいいや。
試走とか無理だけど(笑)。

晴れたら、「そとうみ」を見下ろせるだろうし、綺麗なはず!島もいっぱい見えるかな。「多良」ってネーミングもなんかポジティブでいいよね。

金曜仕事の後、最終便で向かって、月曜朝いち便で戻れば、1時間の遅刻で済むなあ~…。


もうここまでポジティブシンキングにはまっちゃったら、勢いで、便格安航空券も探して、即エントリー(笑)。
エントリーフィー、良心的~。

ほぼ同じ頃、お会いしたこともないけれど、たまたま見かけた、めんたままさんの記事を目にして、九州でお知り合いができるかも!と、ちょっとワクワクしました^^;

このころは、まさかここまで自分の脚の具合が酷いことになってるとは思っていませんでした…。まあ、よくある話ですよね?


かすみんの応援をしながら、akiさんに、実は…と話しつつ、
うーん、どうしよう。とりあえずせっかくだから長崎には行くけど、ここまで走ることができない体のまま、トレイルなんてできるかな?
知り合いもいない単独行動だし…。

制限時間むちゃ緩いんですけど。19kmで6時間。
第1回だから、たくさんの人に参加してもらうために優しいってことじゃなくて、もしや思っているより、コース、タフ?

落ちた筋力、心肺機能にいささかの不安が…。


でも、やっぱりその日まで分かんないやと、考えるの面倒くさくなって、そのまま1週間置いとく。


走るわけではないメテオデさんや鈍足親父さんに、後半、けっこうキツい登りあるね!と指摘され、ここであらためて、直前になって確かめたコース図。
距離19km、累積標高1455mだそう。 ←ツラさがよくわからない。

47a48b95a0f99dccf510e74545a14c9e.jpg


行ったことないけど、なんとなくイメージはある。きっと何とかなるでしょ!


この日を待ってか、なぜだか水曜あたりから、脚もちょっとだけ回復傾向。

とりあえず、
木曜日に20分間
金曜日に25分間
体感キロ8くらいで走って、日曜に備える。

これって…備えてる…? うん、備えた!今の自分的にやりすぎない、でもめいっぱい備えた(笑)。

金曜は朝から何となく浮き足立ってるのが、自分でわかる(笑)。
仕事終わって空港ダッシュ。
ちなみに職場には今回週末長崎行は秘密です。お土産も不要~。


14298793570.jpeg

夜の長崎に無事到着。


翌土曜日は、長崎市内を駆け回り、所用で諫早方面まで遠征後に会場に向かい、前日エントリー。

久々によく運転しました!

ひこさん(彦山)!
DSC_1337.jpg

須古コーヒー
DSC_1372.jpg DSC_1368.jpg

ロザモタ記念碑
DSC_1343.jpg DSC_1344.jpg DSC_1342.jpg ← 合わせてみたらまったく同じサイズ!

新緑と青空と森とスタート&ゴール
DSC_1350 (1) DSC_1367 (1) DSC_1381.jpg

そして、かえる(笑)。
DSC_1387 (1)

もちろん、特技の四つ葉のクローバーも1分制限勝負でゲット。

うん、明日はきっといいことある~!


続く。

Posted at 18:30 | トレラン | COM(6) |
2015.04.26

多良の森トレイル完走できました♪

ほぼ歩き

絶対来年も行きたいー

最高!

とりあえず後日レポしますが、最高最高最高!

遠来賞もしっかり頂きました(長崎県です)




Posted at 13:16 | スポーツ | COM(13) |
2015.04.24

到着


とりあえず、上陸?











Posted at 22:18 | その他 | COM(2) |
2015.04.23

焦りの中のリハビリお散歩

内心、ちょっと、いや、けっこう、焦ってます。




かすみんの応援、40km地点まで、運動公園から2kmちょい歩くの、実はちょっとツラくて、やっぱりまだこの程度でもかぁと、内心凹な自分がいました。 
でもそこはオトナだし、チャイナだし(笑)、そんな気持ちはおくびにも出しませんが



昨夜は、テニス。

あ~今日も、ほぼ動かないテニス…、と思いながら、コーチの掛け声とともに始めたいつもの準備運動。

このひと月半、まったくできなかった、ほら、フツーにおこなう、「いちにいさんし、にいにいさんし、さんにっさんし、よんにいさんし」の、たった16回の、ぴょんぴょん跳躍。 

ぴょんと軽く1回跳ねるだけで、ズキン!と思わずしゃがみこむような着地衝撃と痛みがまったく改善されず、この時点でほぼ90分間の練習、他の生徒さんたちに、脚ではついていけないことを理解して細々と続けていました。

でも、昨夜。 無意識に跳ねてみたら、「お?」。

できた…?あれ?


そのあと、ストロークで短いボール出されても、…走れてる! 数メートルだけだけどww



で、おそるおそる、今朝は、サポーター、テーピング、薬、何もなし!さら!で、ほんとにほんとにゆーっくり、20分間だけ走ってみました(歩いて、といったほうがいいかな)。距離にして、2.5kmくらい?

自分的には、歩き、ではなくて、走った~~~♪
表参道以来、ひと月ぶりの初jog♪






えっと、そうなるとですね、これまであきらめていた気持ちがちょっと切替り、急に週末に向けて焦りと不安が生まれてきました…。












で、何もしないより、ちょっとだけでも山を歩いとこう…と、付け焼刃な、お昼休みのお散歩。

DSC_1310.jpg

 きれい~♪

















…いやいや、歩きたかったのは、焦ってきたのは、こっちの方。


DSC_1323.jpg DSC_1312.jpg DSC_1322.jpg


玄関明けたら5分で湖畔!みたいな環境はありがたい、かな…
Posted at 12:50 | jog | COM(8) |
2015.04.19

かすみん応援~応援目線~

行ってきました~かすみん、応援!

歩けるかどうかレベル、直前まで様子見ていたので、今回も直前に決心し、でも一人じゃ心細く、同志を捜しました。

で、急遽前日に結成できたバットチャイナガールズ。















そう、相方は、ほんとは応援されるはずの立場だった、この方でした。


DSC_1299.jpg


納豆女子、可愛いんだから~。

本当はとっても走りたかったご本人の気持ちも伝わってたので、楽しく、ランへのモチベーションは上げつつ、次シーズンにはお互い頑張ろうねって気持ちで一緒に応援したいと思いつつ、バットでチャイナリハビリ中シスターズで乗り込みました。


あまりの人の多さに、フル出走のスタート直後でかろうじて声掛けできたのは、唯一みそらさんだけ。
何故だか、私、みそらさんは集団に埋もれてても発見できちゃうんですよね。
四つ葉のクローバー見つけるのと同じ感覚かも。プチ特技^^



せっかく本家の許可を得たので、バットに恥じない品位をと思っていたのに、今回一番印象深かった声かけられエピソード。

スタート地点近くでの応援の時に、とあるゲストランナーの芸能人の方から、
「おいおい、どこのお店の!?」
って声かけられちゃったこと…^^;

芸能人のあなたに言われるとは…。バット正装の品位を落としてしまった…T.T
と、束の間ちょい凹む。
うん、まあ、ランナーさんたちからも、どこのお店~?って返しは、そこそこ多かったんですけどね^^;
ガールズ、そこは両者とも想定外でした…。

師匠、至らなさをどうぞお許しください。





チャイナ本家で、出走は正装、でも応援ではチャイナしませんって宣言してたこの方も、本番と別のチャイナに衣装替えして下さって、後半あと2kmの地点、3人での夢のチャイナシスターズ応援。


DSC_1303.jpg DSC_1304.jpg

チャイナ師匠の、さりげないエア○ロ呼びかけや、ハイタッチに誘う手を差し出すタイミング、あと2kmだからこその、絶妙な声掛けの仕方。
素敵でした!!ランナーの心理をよくわかっていらっしゃる。



kinさんに気づけたのは嬉しかったけど、
コッコさんに気付けなかったのが一番悔しい



残り2km地点

会心の走りでゴールに笑顔でむかっている方
集中してまっすぐ前だけ見ている方
思うような展開ができなかったけど、黙々と頑張っている方
悔しそうに辛そうに歩いていた方々
etc…、

走れない身からは、皆さん全員、ほんとうに輝いてました。

マラソン大会に参加して完走できる、それだけでもとてもスゴいことなんだって、思い出してくださいね、



応援という立場は、重役出勤だし、トイレやいろんなストレスや心配なくて楽だし、たくさんの方々から、「ありがとう」って言われるの嬉しいし、いろんな方とコミュニケーションできるの楽しいし、今回、チャイナだといろいろ優遇されるあれこれを知ったけれど(笑)、…









う~ん、やっぱり、走りたいな。

















akiさん、やったお、約束の腹筋^^;


Posted at 22:59 | 応援 | COM(21) |
2015.04.18

【追掲】かすみんについて

初めての一日2度目の記事。

ひとつ。 バットガールです。

ふたつ。

応援は、チャイナじゃありま…す。(←ココ重要)
この方は違います

75Tのこの方のそばに、なぜか紛らわしいけれど、います。  2名。  おそらく。

え?え?

バットでしょ?













はい。

















今回はバットチャイナシスターでまいります。!



DSC_1285.jpg



マルさん、ローラさん、きぐまさん、そっちには行けないけど、ずっと念を送って応援してます♪
こちらこちらで癒されてくださいね。




みっつ(関係ないけど)。

応援のための体力つけとして(?)、脚は温存…だったら、手でしょ!


で、鍛えてきました^^


DSC_1289.jpg DSC_1288.jpg







まぐろはね、じっとしてると死んじゃうんだよ…






Posted at 15:48 | スポーツ | COM(10) |
2015.04.18

かすみん応援

リハビリウォークを兼ねて、応援いきます^^

往復でクロスする運動公園の近くの信号機の付近に行こうかと思ってます。

まずは、フルのスタートの人たちを見送って、10マイルのゴール手前の人たちを迎えたいと思います。

たぶん、フルのゴールの人たちも40km~そのあたりで、iwatobiさんに合流するつもりです。


本家本元はご不在ですが、許可を得ましたので、これつけて、プチバットで正?装します。

DSC_1286.jpg

みなさん、頑張ってくださーい♪

ちゃれふじも、遠いけどここから応援してます^^


Posted at 08:32 | 応援 | COM(6) |
2015.04.14

ままならん

① 真間なラン

② ママなラン

③ 儘ならん













今現在の、正解は、もちろん③で。






失礼いたしました…



チーン

Posted at 18:30 | その他 | COM(3) |
2015.04.10

青梅高水山レポ3 ~帰宅まで~

渋滞山道は、むしろ動かない脚、弱ったカラダにはありがたかった^^;

DSC_1261.jpg



目の前に常福院が見えてきます。

階段をのぼる。

DSC_1265.jpg


これが欲しかったの

DSC_1282.jpg


想定を超えてここまできたことの達成感。もう、満足。

気持ちは切れちゃいました。


さてここまでかな…、と思っていたら、そうけいようパパさんがやってきて、びっくり。

知らない間に追い抜いていたらしい…^^;

「ここでやめて軍畑駅から戻ろうかと思います」

とのやりとりのあと、お別れし、階段下にいる係のおじさま方にご相談。

「軍畑駅はどっちでしょう?」

「あれ、やめちゃうの?もうここからは当分下りだから、軍畑に行くより先に進んで、しばらくしたらまた係が居るからそっちに行った方がいいよ。車に乗せてもらえると思うから。でも、歩ける?」
「よく山は走るの?」
「ここは何度か来たことあるの?」
「よく頑張ってここまできたよ。うんうん大丈夫。ちゃんと帰れる。大丈夫だよ」





暫しの会話で、急に何だか自分でもよく頑張った感が生まれてきて、ちょっぴり涙腺が緩みました。

基本、自分はユルい自覚はいつもあるので、自分で自分を頑張った!と認めることはほぼないのですが、おじさま方との会話で肩の力がすっかり抜けちゃいました。


「知り合いはいないの?一人で走ってるの?」

と尋ねられ、いやもうみんな行っちゃって…

と、答えているまさしくその時、

「!R2さん!」

今回のヒーロー(笑)が、常福院の階段を上ろうと登場。

「あ、いたの?良かったねえ~。」

「はい!一緒に途中まで行きます!でもあの人も脚痛くて、けが人なんです。」

「じゃ、ふたりとも車に乗っけてもらえるよ。大丈夫だよ。安心して。怪我してる人を山に置いていかないから。」



会話は勝手にR2さんまでリタイア道連れする流れに(笑)

「あ、でも、あの人、こないだ200km以上走る大会完走したばかりなのに、これ出てるタフマンだから、最後まで行くかもしれないです」

「そうなの!?すごいねえ」





よもやま話しながらR2さんが来るのを待ち、気持ちは元気になってきました(笑)


そこからは、R2さんと一緒におしゃべりしながら歩きます。
なんだか青梅マラソンのときみたい^^。



これなら、もしかしてゴールまで行ける?

いやいや、いつもそれがいけないんだ、ここでやめる勇気を持たなきゃ、またもっともっと走れなくなる。

たかだかあと10kmだよ…?

もう、脚は悲鳴あげてひきずってるのに、たかだか、じゃないでしょ。10kmも、でしょ。





「もう、次、車が来そうなところで、やっぱりやめます」

と、R2さんには伝えつつも、未練がましく葛藤しながら、舗装道路を歩きました。

再度林道に入るところに、車と数名の係の人たちがいらっしゃったので、ここで意を決して、 the end.


鈴、もらったしね。鐘もついたしね。
R2さんは「歩いてでもゴールします」と。カッコいいなあ。頑張ってくださいね、とここでお別れしました。


ここで、車に乗せてくださった係のおじさまが、とっても素敵な方でした。60代の、ご自身も走る方で、いろんなトレランやマラソン大会のお話を聞かせてくれて、本調子じゃないときに勇気をもってやめることは大事なことだと、励ましてくださいました。
アレキさんを昨年載せてくださったお方なんでしょうか?


自分の脚で走るとあんなに時間がかかるのに、車だとあっという間なんですね…。
桜並木を車窓からお花見しながら、スタート地点にもどり、参加賞をうけとって山宴会会場へ向かいました。


なんだか、気まり悪いなあ~と思いながらも、宴たけなわで盛り上がっている皆さんにご挨拶すると、皆さん笑顔で迎えてくださいました。

レイさん、コッコさん、ローラさんの、念願の最高の手料理の数々。
ほんと、すごいですよ、もう。感動。
あんなにたくさん作るのも持ってくるのもどんなに大変だったでしょう。

おそうめんとか、ちゃんと個々人に素麵垂れまでつけてくださる配慮。

皆さんが持ち寄ったお酒やお花見食料の数々。

遠路名古屋からいらっしゃるのも納得のお花見宴会でした。


ご提供のご本人が居ないながらも、ありがたく伊蔵くんにも初対面。まろやかでした。


そんなこんなで、もうすぐ制限時間終了。
そこに、

!!R2さん!


残り20秒?ドラマのようなゴールでした。


それからは、しばし楽しく懇談し、頂くだけ頂いて後片付けもきちんとせずにとても申し訳なかったのですが、お先に宴を失礼いたしました。


もうひとつの念願のご対面をはたして^^


DSC_1275.jpg


今回お世話になった皆さん、本当にありがとうございました。







来年…?











あの鐘を鳴らすのは、あ・な・た、ですよ、すーぴーさん。

是非ご一緒に!(笑)




Posted at 12:00 | トレラン | COM(10) |