2015.08.15

久々、今日のひと坂。


皮膚的アレルギー全開のマダムナッシング(本日は、ちゃんとオン)には、日傘は必需品です。

20150815201521568.jpg 



今日は、大学時代のペア(テニス)と、初めての二人日帰り箱根旅行。
※上の写真の方ではありません

ふたりとも粘って相手のミスを待つ、どちらかというと、前衛プレー苦手のんびり攻撃しないペアでした。

彼女はランニングはしていないので、当然走らず、
仕事や諸々に追われる日々を労い、ゆーっくり温泉に浸かり、美味しい料理を頂き、
とりとめない、でもプチアルツまじりの女子トーク (あのひと、何だったけ、あれ、うーん?みたいな)

20150815201521295.jpg




そして、「あ、はい!お土産。」 と、がさっと出してくれたものは……


DSC_2544.jpg


タフトブラシこんなにもらっちゃった!

…ってか、ふつう、久しぶりの再会にもらうプレゼント、こんなのはないですよね。

ひとりで使えばたぶん4,5年分…

はい、彼女は歯医者さん。 大和あたりで行く人いたらオススメします。
遠くは九州から定期健診で通う顧客(笑)を持つ、美人歯科医です。
ちなみに私は歯医者でも何でもないです…


そして、途中で見つけた久々の良い坂。

20150815200609419.jpg 2015081520060989e.jpg

もちろん日傘をさして歩いて上りましたwww。


こんなフツウの休日、必要なのです。私には。


…とても、明日はごにょごにょとは言えなかった…




スポンサーサイト
Posted at 22:54 | その他 | COM(2) |
2015.08.15

ラスト☆最高な北岳登山・4

金曜は朝4時30分-5時43分、12km弱ジョグ。
GPSなくても、ずれた手元の時計で、これくらいは計れます…^^;
san-anさんとは微妙に時間差あるので、コースダブってても、この数年でお会いしたのは1回だけ。
OBONなのか、いつものウィークデー早朝より車少な目。

今朝は所用のため、短く30分間。
5時15分からジャスト5時45分まで、5.5km。


てか、そろそろラストスパートだ(夏休みの宿題気分…汗)

**************************

3時半起床。
4時過ぎには東の空が明るくなってきました。

DSC_2456.jpg DSC_2458.jpg

ここまで雲海らしい雲海は初めて。

富士山が雲の海の上に浮かんでいます。
富士フロート♪

半日前、同じ場所で西を向いて日が沈むのを甲斐駒ヶ岳や八ヶ岳と一緒に眺め、今は同じ場所でくるっと逆の東を向いて、ご来光を富士山とともに眺めている。
なんて贅沢なんでしょう。


そして4時には朝ごはんの列に並びます(意図せず、ズルしちゃった…)。

15分でかきこんで、身支度を整え、荷物を山小屋に置いて、
さあ、北岳登頂、あと200m弱!

DSC_2459.jpg DSC_2487.jpg

高度3000mからのスタートは初めて。いきなり息がきれます。

この日は下り三昧の下山用にとっておいたちゃんとした靴下を装着したせいか、
さほど足底の痛みはありません。
靴下は大事です!学んだ。

たった200mだけど、30分以上を要しました。たぶん。





そして、やった、頂上www!!

DSC_2476_2.jpg qs_f=ps=cachep=20150814155134_p.jpg DSC_2484.jpg



DSC_2482_2.jpg DSC_2486.jpg

北岳からさらに北岳山荘の先の間ノ岳へと向かう稜線を背景に。


空の青と深い緑の山々が目に染み入りました。



さあ、これで登り詰めたので、これからは下りです。

やはり下りは速い。

あっという間に肩の小屋に戻り、荷物を背負って下山。

コッコ隊長の絶妙なスピード配分で、心配なくぽくぽく降りていきます。

DSC_2485.jpg

日頃トレランで下りは走ってしまう癖がついているけれど、ここは走りません。
何かあったら、隊長や仲間に迷惑かけること、昨日の靴下で学んでます。

それに、あの斜面をもしも走っていたら、何の予防対策もしていなかった足のつめ、間違いなく逝ってしまったでしょう。。。


草すべりをどんどん降りて、下方に白根御池とその周囲のテントきのこ群が見えてきます。

この辺にくると、4人とも1度は滑って尻もち経験済み。

ほぼ池のそばまで下山したとき、ぷろさんが、

「あ!のべさん!」

qs_f=ps=cachep=20150814155147_p.jpg

!!
雷鳥以上の驚きです。
なんと恐るべし、<コッコミラクル・その5>!

ネコさんのべさんリンさん季節はずれさん

リンさん、季節外れさんは、初めまして~。
皆さんすごいオーラ過ぎて、あまり声をかけれず…。
明らかに周囲と違う空気を身にまとった猛者軍団でした。

たぶん、ハイカーたちは、気配を察し、「ど、ど、ど、どうぞ…」

と道を譲られたことでしょう(笑)。
「どうぞ」って言えたら、もう村の人。

ここから、我々と逆向きに北岳を攻め、間ノ岳から農鳥岳と縦走し、奈良田に向かうと…。
それも日暮れ前にゴール…。
理解不能…。

詳細はそれぞれの方々のブログを!

4人の猛者からパワーをいただき、目指していたソフトクリームでエネルギー充填。

DSC_2494.jpg 
桃のソフトクリーム。果肉がコロコロ入ってて美味!

さあ、もうひとふんばり。

DSC_2490.jpg


そして、予定よりずいぶん早く、正午過ぎには、スタートの広河原山荘に無事下山。

先に甲府までのバスのチケットを入手して、バス停に順番取りの荷物を置いてから、山荘に戻り、ゆっくり昼食。

夏野菜のカレー、ぼりゅーみーだけど美味しかった。
コッコさん、またも完食…www

甲府駅までのバスでは、ひたすら頭や体をあちこちぶつけながら爆睡。
座れて良かったー。

女子3人は、気配りぷろさんの自転車大活躍で、駅に近い温泉のあるホテルにたどり着くことができ、
ぷろさんはいったん甲府のお住いに戻り、のちほど甲府駅で待ち合わせることに。
このお風呂ゲットにも、きっと近場ではお風呂ゲットできなかったグループに遭遇したエピソードがあるのですが、
もしやこれも…。<コッコミラクル・その6>

暑い中、山の疲れもある中、ぷろさん、本当にありがとうございました!
1件目当てが外れて意気消沈しているときに、近くにありましたよ!の知らせ、もんのすごく嬉しかったです。
ママチャリシティサイクル(っていうんですよね)愛好者としては、その利便性に絶賛拍手~。

超絶くっせー!!身体で、新宿を通り抜けて電車で帰宅することを危惧していましたので、いつも以上に、身体洗った、垢が消えた、臭いも消えた感を実感できて、Happy♪
おお、もしや、これも、コッコさんの算中?

其の後無事甲府駅で、ぷろさんと合流し、お土産や電車中の乾杯やのグッズを各々買い込み

最後は、

qs_f=os=pathp=252Fstorage252Femulated252F0252FDownload252Fs-1_bin.jpg



その場の一瞬一瞬も、本当に感動の最中で圧巻なのですが、
夢のような週末を終え、新たな週末が今日から始まる、
その一呼吸置いたタイミングで思い返すことで、気付くあれこれ。

通算:
コッコ配り 14
コッコミラクル 6

これは最小値です。

その時は、せいいっぱいで、こんなに配慮してくれてたんだって気付けなかったことが、
このタイミングだからこそ、ああああ~って、改めて南西脚向けて寝れなくなります。

自分なら、こんなことできる? 即、NO!!ムリ!
人に迷惑かけないよう自分のことで精いっぱい。
なのに、迷惑かけてるし。


まさしく、「スーパーコッコ女神および驚異の人体消化システム」でした。

ありがとうございました。
コッコさん、ぷろさん、すーぴーさん。

どうか、懲りずに、皆さん、また来年!!!

よろしくお願いします




すべらない靴下、買おう。