2015.09.29

【z企画】 房総を暴走 ~そうだ、むーみんちゃんに会いに行こう~ 実行レポ(一気に完結)

まず、おことわりいたします。 長いです(笑)。

いつ以来かの9連休後は、それなりに慌ただしく…。
そっか、こうなるのねと腹を括るほど身の回りが荒れ果てています。
早くレポらなきゃと焦ってはいたものの、予想通り、参加いただいた誰より遅い…。

そんな状態なので、もう、暴走終わった感いっぱいで、気分は次の件に(まだ何かやる)向かっているのですが、さすがに主催者がこのまま放置できないプレッシャーを感じてます(^^;) ちきちきちきちき…


レポの前に、まず最初に。

今回、一部でも同行してくれた方、同行しようと途中まで向かってきてくれた方を含め、参加してくださった10名のみなさんと2名のちびっこ達に、KKKS。(心から感謝)。
暴走に賛同し、一緒に楽しんでくださってありがとうございました!

ものすご~く嬉しかったです^^

それと、「むーみんちゃんに会いに銚子まで」、というそもそもの一言は、メテオデさん

それを、「やっちゃおう、できますって、500円で」(笑)と後押ししたのは、フジヤマさん。

本人不在の中で話が進んでいたのに、快く全面的にフォローして、釣りの焼肉屋さんまで設定してくれたむーみんちゃん

この話を聞いて、「それ、房総を暴走だね!」と何気にタイトルを決めてくださったのは、すーぴーさん


おかげで、実現できました。ありがとうございました。

ちょっと残念だったのは、やっちゃおうと話が盛り上がったときに、部分参加してくれるって言ってたやじるし.さんが居なかったこと、くらいかなあ。

ヘタレ主催者はラストでダメダメだったので、実は止めようと思った、少し前から迷っていたチャレンジ。
そんな大げさじゃない、ささやかなイベントなんですけど、私にはチャレンジ。

今回の経験プラス別の方のブログ拝見して、刺激されて参加決意して、さきほど家族の了承も得ました。

そういう意味でも、この暴走、良いタイミングのイベントとなりました。

何へのチャレンジかは、また別の機会に。



-------------------------

土曜日午前7時の千葉駅改札口前。

想定メンバーは4名でした。

メテオデさん、かるりーのさんふぅさん、mizore。

なのに、


DSC_2952.jpg


わーい、二人分多い♪

想定外のおふたりは、、、

ふぅさんといえば、ひさしさん
小雨の中、わざわざスタート地点にお越しいただき、写真を撮って2kmほど並走し、お見送りくださいました。
そのまま10km走って我々と逆方向に帰宅ラン。。。優しい旦那さまです!ありがとうございます。

そして、さらに驚いたのは、確かB型が嫌いなはずの、マルさん

まさか最初から参加とは…。
肉につられてどこかで参加くださるとは信じていましたが、スタート地点に現れたということは、肉につられてるから完走するということ?

やっぱり、なんだかんだ言ったって、B型、好きなのね♪



00060001.jpg

15分遅れくらいでスタートしました。

土曜の早朝、整備された広い歩道のある街中は走りやすかった…のもつかの間、5kmほど行くと、走りにくい、車道と歩道の境のない道に変わります。同じ千葉市なのに…。

そこは、女子多し。一方的に皆でおしゃべりしながら、気分もあげて順調に走ります。

jyoshi.jpg
(メテオデスポーツ)

夏場に走っておいて良かった。
歩道の走りにくさはインプット済みなので、このくらいの人数だったら、繋がって走っても、何とか大丈夫だろうと想定できました。

でも、ほんの数十センチ横を、トラックがびゅんびゅん飛ばすのは、やはり緊張します。

車用の陸橋を走って帰宅する人が何を言う、という声が聞こえたような…。

この前半が一番アップダウンがある道です。
それでも、アップダウンといっても、千葉。そんなに急な坂はありません。
ボールを置いたら転がるよね、っていうくらい。

その、坂の頂上の、スタートから10kmほどのバス停で、かるりーのさんとお別れ。
脚の調子が悪いのに、試走前半同行をはじめ、陰ひなたからずっとこの日を応援してくださっていました。
ありがたい。

皆の写真を撮ってくれてる間に、貴重な1時間に1本しかないバスが…!!

悲鳴あげながら走って追いかけ乗り込む様子は、サザエさん見てるかのような絶妙のタイミングでした(^w^)
ぎり間に合って、良かった良かった。
あそこでヒマつぶすのは、あと50km走るのと同じくらい辛かったでしょう(笑)。


その後も順調に走り、ちょっと和む光景も見つつ

tehepero.jpg


第一合流ポイントの東金。

あの足場の悪い道を、けっこう良いペースで走っていたのだけど、スタートが遅れたのもあって、予定より20分遅れ。
ここからの合流はなかったので、軽く休憩して緒連絡をすませ、先を急ぎます。

前回試走した道はやめて、成東駅まで大きな道を進むことに。
おかげで、この間は走りやすく、少しずつ遅れを取り戻しました。
ここまでの間、専らz会長のおしゃべりの相手を努めてくれたふぅさんが、次の合流ポイントの成東駅でお別れ。
腰を懸念していたけれど、全く不調を感じさせず、むしろみんなのスピード上げてくれたように思います。

話しかけてくれたのは、私からというより、どちらかというとふうちゃんから。
とっても気遣い上手さんなのです。
こいつおしゃべりと思われてるから、頑張って話しかけてくれた(笑)。
地元ということもあり、千葉中心部や、試走していなかった道にも詳しくて、とっても助かりました。 
ありがとうー。

DSC_2959.jpg

この時点で、当初第三ポイントで合流予定で、すでにこちらに向かって千葉駅まで来てくれていたakiさんから、やむを得ない急用で、帰らないといけなくなったとの連絡。
もともと難しそうなスケジュールだったのに、無理してやりくってそこまで来てくれて、申し訳ないのとありがたいのと。
そのあともずっと気遣うメッセージを入れてくれました。

akiちゃん、今回の暴走メンバーにはちゃんと入ってます!
ほんとありがとう。賞状渡し損ねたけど。



成東からの合流もなく、メテオデさん、マルさんと3人でぽくぽく…なわけないですね、このメンバーが。
うーん、音にするなら、たったったっ、って感じで、ここから進路を変えて海に向かって走ります。
この、海に向かうルート、どの道を選んでも10キロ弱くらいなのですが、前2回の試走のときも、ルートは違うけれど、とても長く感じました。
何でだろう?

ほっとんど人に会うことはありません。会っても、手押し車を押したお祖母さんがひとり、ふたり。

ランナーなんて居ません。

コンビニとか自販機とかいう文明とは無縁の、畑と田んぼの数キロ区間を走り、
「まだ海見えないのー?」
と、駄々を捏ねる都会のmadamを慰め(笑)走っていると、後方からいきなり、「ファイト!」の声が。

昨日から、1号線を夜通し90キロ強走ってきて、東京駅から高速バスに乗ったうちの40分間だけが睡眠時間だった、DHT(どへん〇い)、フジヤマさん、登場。
ここでか。なんのための合流ポイント。
いやいや、人気のないさびれた県道での合流、義理を果たしてムリを押して(してないのかも…)参加くださったやさしさ、嬉しさも格別です。

それにしても、フジヤマさん、1号線走破プロジェクトを途中で抜け出し、こちらに参加いただいたのはものすごく光栄で、嬉しいことこの上ないのですが。
…翌日に皇居に行っちゃったことも含め。

フジヤマさん…、別の趣味も持ちましょうよ(笑)。
怪盗さんあたりにご伝授いただいてください。


フジヤマパワーも加わり、蓮沼海浜公園の展望台が見えてくると、自然に皆、展望台の上のほうを眺めます。

だってここでは、ダンディーが合流してくださることが分かってたから。

展望台の写真、ありません(笑)。

雨脚も若干強くなり、眺望は望めない…というか、そもそも高所恐怖症の人もいらっしゃって、登ることに興味は全くなさそうなので、展望台下の飲食エリアで休憩。

と、そこには、まさかの、会いに行くはずのが。
わざわざ、しかも、冷やしたメロンとパイナップルの差し入れを持って、キューティー天使ふたりを従えて登場。

ありがとう~。そして、またしても、痛恨の写真なし…。

冷たいメロン、美味しかった~。おかげで、アイス無用でした。

ほどなく、猫に恐れられ犬にほえられるご近所さんも登場。
登場の仕方が、まるっきし、前回と一緒!ってフジヤマさんと盛り上がってましたwww
大事な万歩計に無理させてしまい、申し訳ございませんでした…。

ということで、ちょっと長めの休憩を取って、6人編成となり、後半18キロ(この18への掛け合いもけっこうおもしろかった)に出発。残念なことに写真なし。

当然、夏は終わったので、ビキニのおねいさんたちは居ません。

…、てか、小雨も降ってて、無人です。

前回は歩きましたが、今回は思い出し笑いのみで、走り続けます。
このせいでダウンしたかも。

ほどなく、第三合流地点。

DSC_2961.jpg

残念ながら、akiさんは来れなかったので、ちょっとだけ休憩した後すぐにラストへスタート。のこり11kmくらい。
蓋を開けてみれば、けっきょく合流ポイントで合流した人は誰もないという…。 ま、いいけど…。

何となく先が見えてきつつあっての、海産物の加工会社や人妻専用云々広告!の前を通り抜けながら、キロ6くらいで進みます。

もう皇居1周くらいだよね。もうすぐ「旭市」の標識が見えるはずだよね。

マルさんとの

「あと11km!」

「よっしゃー!肉!!」 まさかセレブがそんなこと言うわけないじゃないですか。

の掛け合いがあった少し後に、なんだか呼吸の感覚が短くなったような。
でも、どっちかというと、呼吸じゃなくて、脚が重いのか。

「ちょっと、脚が…。先に行ってください」

と、先頭から離脱したのが61km地点。

皆さんを見送り歩き出すや否や、予兆もなく突然、忘れていた真夏の呼吸困難の症状が現れました。

呼気が入らない。息ができない…。

まあ、初めてではないから、パニクリはしなかったけど、なんで、あと5kmくらいで…、と、遠ざかっていく皆さんの後姿を見ながら、はあーっ、はあーっと悔し涙。

走ろうとしたけど、そもそも息が吸えないので無理。

深く息を吐き出しながら、とりあえず、止まらないようゆっくり歩きます。

悔しいけど、これが自分の実力で、無謀な距離の主催を言い出す器じゃなかったなあ、

ここ2か月、発作が起きなかったから、油断して過信して吸入薬も持たなかったしなあ、

主催者失格だなあ…、

と反省しながら、とにかく残り5キロはあるんだから、焼肉屋さんの予約までにたどり着かなきゃと、止まらないように歩く。

しばらく歩くと、前方に待っていてくれた皆さんの人影が。 

何とかして最後の最後は一緒に走りたいと思いながら合流。

hetare.jpg

試走の時は青空、青い海、サーファーいっぱいだったのに。

北島三郎の世界でした。

そのまま普通に走っていれば、4時過ぎには温泉着だったでしょうに、皆さんお付き合いくださって、太平洋の荒波を眺めながら海沿いを歩く。何もいわずに待っていてくださってありがとうございました。

DSC_2964.jpg

目的だった、姫の笑顔に、癒される。 ああ、来てよかったな。

DSC_2967.jpg

そして、おしゃべりしながら様子を見ながら歩いてくださったsan-anさんのおかげで、最後は少し復活し、ちょっとだけ走って無事17時にゴール。

DSC_2972.jpg

歩いたのは悔しかったけど、皆でゴールできて、充実感はいっぱい。感謝&満足!!

なにはさておき、とにかく、臭い体を洗い流したい(笑)。ので、痛恨のシューズ写真もなし。

そして、たぶん、これが本日最大のイベント。
走るのはついで、で、あくまでこのために集まった皆さん。

お待たせいたしました!!!

DSC_2980.jpg niku.jpg

タイムリミットは1時間45分。 …あっという間に

DSC_2982.jpg

いっぱい走った後に、胃腸が殺られるでもなく、ホルモンミックスとかカルビとか食べれる仲間に乾杯(笑)。

ここでも、いろいろ気遣いありがとう、むーみんちゃん。

DSC_2977.jpg


byebye.jpg


ここで振り返ると、実に「ありがとう」が9回?

無事ゴールできて、気持ちいいお風呂に入れて、美味しいビールを飲んで(ちゃんと最初の一杯はビールでした)、美味しいお肉を食べれたのは、そして何より、いっしょに走る楽しさを分かち合えたのは、皆さんのおかげです。



ありがとうございました!(10回目)
凝りずにまたよろしくお付き合い下さいね♪

DSC_3134.jpg


スポンサーサイト
Posted at 00:53 | jog | COM(12) |