2015.11.23

【つくばマラソン・キロ5で行こうよどこまでも】神対応のペーサー君臨

1年ぶりのフルマラソン大会、一夜明けて、懸念していた筋肉痛は、まあ、想定の範囲内のふくらはぎのみで、嫌な違和感や故障はなさそうです。

ほっ。

あとに控える本命チャレンジの前に足を壊すわけにはいかないし、発作も極力起こしたくはないし、直前に頂いたkinさんからのMKメッセージも頭にありました。

今回のつくばマラソン。

さかのぼって、そもそも7月26日のエントリー開始時間、その時間は機中の人の予定でしたので、内心つくばは諦めていました。

でも、姉思いのマイシスターがお仲間エントリーしてくれることに。
で、申請タイムとか参加賞品のカラー選択とかよくわからないまま、お任せ。
エントリー合戦をクリアして、出走権を与えてくれました。

今月に入って、つくばからの茶封筒が郵便受けで光っているのをびくびくしながら開封し、???私の選択でピンク?なLEDベルトとゼッケンの区分を眺め、あ、そうか、お任せしてたんだと納得。

蓋を開けたら、おお、3:40での申請。。。

そもそも、自分のタイムがわからない私、これは、このタイムを目標に、うそつき!って言われないように頑張んなきゃ、と思った始まりでした。


で、そんな中、あくまで今回のレースの課題というか実験目的は

「キロ5で行こうよ行けるとこまで」。

これで行けば、おそらく30キロあたりで失速しても、3:40~3:50で行けるかな?と。

あわよくば、42.195kmを一貫して同じペースのキロ5でゴールまで走り続けることができたら、100点満点。

そして、29km、30km、39~40km地点、最後競技場に入る前で応援してくれているはずの皆さんの前では、元気に走っていたい。

それ以上の欲は出さないと決めてました。

だから、本当の漢なら、後先考えなくてぶっこむんでしょうけど、初心貫徹。温存MK。

この2,3日、ずっと脳内で流れている歌は

「キーロ5で行こお~よ~、どこまでも~♪」(笑)

私の場合、タイムを時計で管理できない代わりに、いつも頭の中で何かしらの音楽がリズムをとりながら流れていて(イヤホンはしません。単に脳内ミュージック)、そのリズムと自分の走る歩調のリズムが、ぴったり合っていればOK、ギクシャクしだしたら警報、という感覚でいつもペーシングしてます。

中盤の淡々抑え目具合は、途中同行してくださったキミ兄さんのブログに、そのままの状況が記されていました。
キミ兄さんの記事読んで、心境、とてもよくわかりましたよー。

実験が完璧に遂行できたのは、ひとえに信頼しきって安心しきって牝馬の(あくまで有言実行は男らしく、のつもりですけど)手綱取りをお任せすることができた、正確に時間を刻んでくださった名ペーサーのおかげです。

ペーサーしてもらえない女子同盟?3Mから抜け駆け脱却成功www
お先に失礼。ぐふ。
(残る2Mの強い彼女らは自力で栄光をつかみに行きますから)

ここで、名ペーサー、カミ対応の数々をご紹介。

・お水が必要かどうか、エイドがある前に必ず確認してくれ、給水希望の場合、先まわってお水を持ってきてくださる。
おかげで、給水混雑フリーで走り続けることができ、しかも、飲み終えた紙コップも引き取って廃棄してくださる。

・給水直前に、塩分タブレット(事前に、私は、ハンガーノックより、脱水脱塩分の症状が気になるとお伝えしていました)を袋から出してそのまま口に入れる状態にして手渡してくださる。

・明〇製菓のgel(バナナ味)を、これまたすぐに飲める状態にして手渡してくださる。
gelデビュー者としては、先に摂った自分で買った梅味より、バナナ味はgoodでした。
梅味、うわっ、不味!連呼、大変失礼いたしました…。

・上り坂になると、たとえ微妙な勾配でも、いち早く察して、「坂ですね。ペースを上げる必要はありません。リズムだけそのままで」など、的確なアドバイスをくださる。

・キミ兄が書いているように、牝馬は時折暴走モードに入りそうになるところを、的確に、「上がってますね、もう少し抑えましょうか」と抑制くださる。

・逆にペースが落ちそうになると、無言で少し先導し引っ張ってくださる。

どちらも、ほんとさりげなくて、負担なし。

・途中の声かけはすべてポジティブなことしか言わない。そして負担にならないような配慮の範囲。決して無理強いはしない。

・余裕がおありなので、ご自身はエイドのおやつを堪能(笑)。

・余裕がおありなので、走りながら、途中スマホで、ほかの村の皆さんのアップデートを調べてお伝えくださる(笑)。

・余裕がおありなので、私が飽きてきて話しかけるとちゃんと話し相手になってくださる(笑)。

・応援者だろうがランナーだろうが、知り合いを見つけるたびに、キャンキャン子犬化して駆け寄り暴走する私を、苦笑しつつも冷静にタイム補正くださる(笑)



もう、ここまで読んだら、誰もが次はカミさまに、ペーサーいただきたいと思うでしょう??

「すばらしいですね」と、その配慮に感動していると、

「ペーサーたる者、このくらいやるのが当然と師匠に言われてます」と、なんともクールにさらり。

ちょーかっこいい!


ということで、今回、私は自分の力で走ったのではなく、ただただカミ様を信頼しきって、持っている力を安定して出力すればよいだけだったのです。

一人で走っていたら絶対にこうはならなかったでしょう。

カミ様あってのキロ5イーブンフルマラソン完走。

心から感謝です!!
今度、打ち上げ飲み会やりましょね!

冷静沈着正確なカミさんと、自由奔放ふわふわなmizoreさんの、対照的な組み合わせ。
どうなることやらと、興味津々(笑)だった方々もいらしたようですが、意外に好組み合わせだったみたい(と、勝手に解釈)。

では、最後に額に入れたいほど美しすぎる、完走記録証に印字されているラップタイム表を。

    通過タイム  ラップタイム
5km 0:26:06      26分06秒
10km 0:51:30      25分24秒
15km 1:16:54      25分24秒
20km 1:42:03      25分09秒
ハーフ 1:47:34
25km 2:07:09      25分06秒
30km 2:32:21      25分12秒
35km 2:57:28      25分07秒
40km 3:22:34      25分06秒

記録     3時間33分34秒(ゾロ目惜しい!!)
ネットタイム  3時間32分38秒

ペーサーの実力に感動した1日でした。

そして、これでようやく私も
「mizoreさんってどれくらいのタイムでフル走るの?」
の質問に答えられるようになりました!

もう当分フルはファンランでいいや。
って言ったら、今日もファンランに見えるんだけどとカミ&兄に突っ込まれましたが、ちゃんと一生懸命頑張りましたからww


スポンサーサイト
Posted at 17:35 | マラソン | COM(17) |