2015.12.31

私信。大切なともだち


12月31日、10時半に友達に呼び出されました。

「すごい美味しそうな白ワインもらったんだけど、飲まない?ま、無理か(笑)」

大掃除最終章、加えて、これまた突然頂いた真鯛2匹と格闘中。

コアトレレッスン、スタジオで個人的にやってくれる親友です。

こんなときに、声かけてくるなんてよほどのこと。

白ワイン飲みたかったのも事実だし、15時過ぎからチャリで駆けつけ、手料理とワインに舌鼓。

201512311918047cf.jpg

色々あるよ。

でも大丈夫。

絶対大丈夫。

節目節目に付き合ってきた、エネルギーの塊の友達。

私の走ることも応援して、スタジオ個人貸ししてくれてる、同い年だけど腹筋割れてる友達(笑)。

不器用かもしれないけど、真剣に生きてるの、分かってるから。絶対に、ここぞというときには側にいるから。かけつけるから。

新しい年はもう、すぐそこ。

来年もよろしくね。


いい一年でした!

2015123119183848f.jpg



スポンサーサイト
Posted at 21:06 | その他 | COM(0) |
2015.12.30

走り納め、かな


67キロのロングトレイルのあとは、朝ランを1回と、隣の市のお友達のところまでの往復ジョグを1回。

年内あと1回くらいちょっと長めに走りたいなあと思っていたので、冬期休暇に入った昨日、走ってきました。


やっぱ、最後はここかな。初の自宅からの往復コンプリート。

DSC_3746.jpg DSC_3741.jpg

ゆっくりLSD、途中ウォーキングも挟みながら、今年1年の締めくくりは、予想外にフルマラソンの距離…^^;

さすがに今月走り過ぎ。

今日はとってもダル重で朝からずっと大掃除や銀行回りです。



ランニングって本来一人でやるものだけど、性別年齢超えて友情を感じれるランニングスタイルだって、ありだと思います。

ランを通じてのつながりは、私にとってはかけがえない財産です。

今年一年、たくさんたくさんお付き合いくださった皆さん、本当にありがとうございました!

来年も、さらに未だ知らない楽しい世界を体験できるよう、修行?を積んでいきたいと思いますので、懲りずにお付き合いいただけますよう、どうぞよろしくお願いします。

DSC_3748.jpg
感謝!


来年も素敵な1年となりますよう、充実した1年をおくれるよう、努力します♪


Posted at 17:35 | ランニング | COM(6) |
2015.12.28

2015年のしめくくり 〜coast to coast〜 房総半島横断 【当日~一気にラスト】

年末慌ただしく、なかなかまとまった時間が取れません…。

メテオデさん遅くてごめんなさい…

最後まで書けるかな。

**********************

走り出して5kmほどで、さっきまで宿泊していた、県民の森 森の宿せせらぎに戻ります。

この間はずっと上り坂。

送迎してもらったときはずっと下り坂で、漠然と、えーっと、このグネグネ下りを確かすぐ登ってくるのよね?と思っていましたが、その通り…。

あっという間に体は暖まり、重ね着していたナイロンパーカーを1枚脱ぎます。

スタート地点には、トイレがなくて(コンビニ内に1つだけあったけれど、すごい行列だったので行けず)、ようやく見つけて並ぶこともなく入れました。

さあ、周囲もどんどん明るくなってきます。

朝が来た!

20151220180848c7a.jpg 

メテオデさんと、もう終わってもいいね~と笑いながら景色を堪能しました。

すっかり明るくなって、第1エイド手前の山門。

DSC_3705.jpg

横目に眺めて進みます。

そしてようやくトレイル区間に。

今回の大会は、想像以上にトレイル区間が短めで、あとから思うと、トレイルシューズよりも、もしかしたらそこが分厚めのランニングシューズの方が、足裏には優しかったかも?

と思うくらい、既に足裏がかなり痛くなっていて、ふかふかトレイル道には、ほっとしました。

しかも、げげげぐぐぐと汗水垂らして息絶え絶えになるような、道志みたいな過酷な登りはありません。

それでも、走るのがつらいくらいに足裏の痛みが増強してきたので、ここでロキソニン投入。

15分後くらいには効き始め、あまり痛みを感じなくなりました。

すごい効き目…。

ここから、「げー、もういいよ」という声が周囲から聞こえてきた、木の太い滑り止めのある微妙な勾配の階段の上り下りのトレイル道が延々続く。

ほんと、これは地味に体力奪われました…。

ここからは多少渋滞もあり、初心者の私は、臨機応変にペースを変えて調整するのが辛くて、なるべく自分に合ったペースで淡々と進みたい…と、わがままな気持ちから、メテオデさんがお知り合いの美女の三好礼子さんと談笑している間にさささっと先に進ませて頂きました。

その後も、隙あらば、男性陣の間隙をぬって、ペースを変えずに済むよう、ちゃちゃっと前にwww

メテオデさんは必ず追い着いてくれると信じてるので、待ちません(笑)

しばらくすると、信じてた通り追いついてくださって合流し、湖上の赤い橋を渡ったところで、第2エイド。

前日、スタッフの方から予め、
第2エイドには、鯛せんべい、第4エイドには、バウムクーヘンがあります!
是非味わってください!

と言われていたので、ありがたく頂きました。
想定していたしょっぱい薄焼きせんべいじゃなくて、甘くて固いおせんべいでした。
加えて、持参した栗まんじゅう(笑)1個もぐもぐ。


すぐ先の真っ暗なトンネルをくぐる間は、メテオデさんがすかさず懐中電灯で道を照らしてくださいました。
紳士~。

第3エイドまでは淡々と、おしゃべりしながら走りました。

途中にはすごい地層の石壁。

DSC_3707.jpg

青空に映えました!

そうそう、前を走ってる男性が、半腰でじっとガードレールの外を見て、手招きするので、

「?」

と寄っていくと、目の真下に可愛い子だぬき君!

目が合って、思わず、

「わあ!たぬき!」

と声を挙げてしまい、びっくりした子だぬき君はそそくさと藪の中…。
ごめんね、驚かせて。

第3エイドを超えて

さあ、ここからはトレイル未知の距離。

ロキソニンで痛みは麻痺しているものの、残りの距離と、最後に待ち受けている石段1200段を登り切ることを考えると、登り坂を走ることは敢えて放棄。
ちょっときつめの上り坂になると歩き、ゆるーい登りは何とか走り、下りは少し頑張って走って時間をかせぐように。

DSC_3712.jpg
紅葉の写真撮影中のメテオデさん


第4エイドでバームクーヘンを頂きました。
道端に腰かけて、持参した豆大福(お菓子ばっかりww)もパクパク。

メテオデさんからおすそわけ頂いたチーカマの美味しさに、開眼!
塩気って大事。

こんどから、トレイルのときは、チーカマ必須。メモメモ。

それにしても、50キロ走って、この時点で、1週間前に走った10マイル大会1回分が残ってるって…。
距離感覚が随分おかしな感じになってきながら走りますww

ここから風景が一変してきます。
陽射しも、やや西日モードに切替りはじめ、周囲には不思議な形の石の山々。
山の向こうには、待望の内房の海の姿も見え隠れし始めました。

DSC_3716.jpg DSC_3718.jpg

異次元特撮世界。あちこちで爆破シーンの撮影が行われてそう(笑)。

以前、メテオデさんが参加された鋸山トレイルの時は風が酷くて、砂嵐、ほとんど景色は見えなかったそうですが、今回は風はほとんどなくて絶景でした!


そして、ようやくたどり着いた最後の関門、日本寺。
の石段1200段。

DSC_3719.jpg DSC_3720.jpg DSC_3722.jpg

一般参拝客も多いので、絶対走ってはいけません、走ってる姿を見つけたら、その時点で失格です!

と、前日の説明会の際に、何度も繰り返し念を押されていましたが、大丈夫。

走れるか!━━━d(○`□´○)b━━━!!

ヨタヨタ、てすりにつかまって重い脚を必死に挙げながら1段づつ登ります。

そんな中、妖精メテオデ氏は、なぜかここにきて、軽やかに登り会階段を進んでどんどん人を追い抜いていく…。

私の苦痛にゆがんだ表情を、先回って上から撮ろうとするので、意地になっての空元気!ぶんぶん。

2015122210262206b.jpg

頂上の展望台。メテオデさんと反対側にいたようです。

DSC_3729.jpg DSC_3728.jpg

この時点で16時前くらい。

さあ、いそげいそげ。

太陽が本当に海に沈む前にゴールしたい。

DSC_3730.jpg

メテオデさんを見失い、石仏前にどうしよう~と焦っていると、無事合流できました。

何だか大きな仏様に見守られてる気がしました^^

最後は、内房線浜金谷駅前のゴールまで、道路わきにずらりと点灯された風情のあるろうそくの灯に誘導されながら走ります。

そして、無事ゴール!!

goal4.jpg goal6.jpg

メテオデさん、長い長い10時間半近くにも及ぶ行程、本当にありがとうございました!

記録賞発行の場所は、道路を渡った海沿いだったので、荷物を受け取る前に、もうひと踏ん張り、てくてく歩いて行くと、ちょうど待ち構えていたかのように、海に沈むサンセット。

20151222092036275.jpg 201512201808553af.jpg


最高の締めくくり。

実はしばらく夕日の写真を撮っているふりをしつつ、今年1年、いっぱい走ったあれやこれやを思い出し、ボロボロひとり涙しておりました。

鼻水すすって、振り返った顔に、ぎょっとした表情を浮かべたお兄さんと目が合ったので、慌てて涙ごしごし^^;

温かいお汁粉?もどきを頂き、記録賞を受け取り、手荷物を受け取ったら、お待ちかねのお風呂。

徒歩10分以内くらいの温泉旅館でした。

圧倒的に女性の参加者が少ないので、私はまだ比較的ゆっくり入れましたが、男性のお風呂は激混みだった模様。

帰りの電車ではビール打ち上げしたいですね!って言ってたのに、駅のそばにはアルコールを販売しているお店はなくて、
驚異的に元気なメテオデさんが、遠出して調達してきてくださいました。
私はもう歩く元気なかったwww

ほんとに最初から最後までありがとうございました。
お疲れ様でした!

DSC_3737.jpg

翌日、家事も仕事もできることが大人の遊びのルール!と決めているので、とりあえず月火と仕事に行けて、コンプリート。

今年1年のランは、私にとって120%の内容。

大満足で、ただいま完全に腑抜け状態です。




かげながら応援してくださった皆さん、
ありがとうございました!

皆さんと走った今年のあれこれを思い出しながら、無事完走できました。

**********************

さあ、明日は走り納め(笑)。

何処走ろう?やっぱ締めは、川沿いかな。



わーい、最後まで書けた!




え?オクム?ハセツネ?

空耳、空耳…







Posted at 18:30 | トレラン | COM(6) |
2015.12.24

2015年のしめくくり 〜coast to coast〜 房総半島横断 【前日~スタート】


昨日は、まだ走るほどではないけれど脚も多少動かせるように回復してきたので、足立フレンドリーマラソンハーフの応援に行ってきました。

寒かったけれど、皆さんの元気に走る姿から、さらに回復エネルギー頂きました!

お疲れ様でした。


イブの今夜はテニスの振り替えレッスン。 もしや、ほとんどお休みなのかしら…。

**********************

さて、coast to coastレポ続きです。

前日は、同じ千葉県だけど、地図上はほぼ対角線に位置する場所からの、スタート会場最寄り駅までの電車移動、ほぼ3時間要しました…。
広いな千葉県。

外房線安房小湊駅に着くと、徒歩5分ほどで受付け会場。

受付を済ませ、参加賞のカッコいいBUFFを頂いて、説明会場へ。

ここでメテオデさんと合流し、翌日のコース映像や諸注意事項の説明を受けました。

なんといっても、衝撃なのが、60キロ以上走ったラスト2,3キロ地点に、石段1200段が待ち受けているとの事実。

想像を絶しているので、むしろリアルな怖さが分からないww

そのあと、立食交流会。

DSC_3696.jpg DSC_3695.jpg

この後すぐ、宿泊先で夕飯もあるのに、ひととおり頂きました。
美味しかった!

何人かの方々がマイクでいろいろお話してくださり、メテオデさんが補足説明くださるのを聴きながら、リラックス。


18時には、メテオデさんとお別れして、宿泊先の内浦山県民の森 森の宿せせらぎへ送迎バスで移動。

前日も当日朝も送迎バスがあるのでとても便利でした。

私は、女子4人相部屋でしたが、とっても綺麗で、おふとんも毛布もフカフカ!
お手洗いも温水洗浄便座付きで、お風呂も、県民の森で焼いた木炭の入った、ミネラル豊富な綺麗なお風呂で、快適でした。

お食事も、土地の野菜やおさかなをたくさん使ったバイキングで、大満足。

DSC_3697.jpg

私は小食な方なので、全部は到底手が出ず、この程度でしたが、食べれる人は、この5倍はいけると思います☆

同室の皆さんと、翌日3時半には起床しましょうということで、9時半には就寝。

**********************

翌朝は、それぞれ用意していた朝食をさっと済ませ、5時に送迎バスでスタート会場へ。

スタートは6時なので、寒くて、スタート地点そばのコンビニにこもってしまいました。

きっと売り切れだろうなと諦めていたけれど、十分におにぎりを補充してくれていたので、さっきパンを食べたのに、さらにおにぎりをもぐもぐ。

スタート15分前になってようやく、砂浜のスタート地点へ移動。

10分前にようやくメテオデさんとも合流できて、一安心。

まだまだ暗いけど、海の向こうは、じんわり明るくなってきました。

DSC_3699.jpg 20151220180845ab2.jpg


12月、早朝とはいえ、覚悟していたよりはまだ耐えれる寒さ。

祈祷を受けて、ほぼ最後尾から出発。

行ってきます!


続く。



Posted at 18:30 | トレラン | COM(2) |
2015.12.22

2015年のしめくくり 〜coast to coast〜 房総半島横断 【動機と準備編】

私にとっては、今年最大のチャレンジ。

今週日曜日、ロングトレイル大会、〜coast to coast〜 房総半島横断 60k(実質67km)に参加してきました。

本当は1回で書いてしまいたいけど、感動しすぎてかなり長くなりそうなので、ゆっくり少しづつ書きます。


今回は、動機と大会までの準備だけ。


**********************

【動機】

この大会の存在を知ったのは、夏の終わりにむーみんちゃんに会いに行く企画を実行した頃。

その時は、奇しくも、同じような60k強、今回のコースより北よりの一般道を走ったのですが、その時にメテオデさんからこの大会のことを伺いました。

今思えば、これが、所謂、壺売りというやつ?かと…。
その時は、まだ「壺売り」という隠語を知らなかった

この時は「ふーん、でも山で60kでしょ?無理~」と、実感が湧きませんでした。


でも、疲れ切って、むーみんちゃんたちと夕方前の海辺にゴールしたときには、

この大会のキャッチコピーの

「朝日と共にスタートし、千葉県房総半島の変化に満ちた地形の中を海から海へ60kmに渡る旅をして、夕日と共にゴールする」

が頭の中でグルグル。 思いっきし意識していました。


これから大冒険スタートという明け方に海の向こうから登る朝日、そして、疲れ切ってたどり着いた頃、半島の反対側の海に沈む夕日。

しかも、道中は、普通の道じゃなくて、気持ちよい山道や林道。

まだ紅葉だって残ってるかも。

海~山~海って、大好物が目一杯詰め込まれてるパターン。


さらにさらに、壺売り師からは、

「最初から最後まで併走しますよ~。なんなら、荷物も全部持ってあげます~。」

「僕もハセツネやFTR100走った後だから、ファンランでゆっくり走りますから~。」

「トレイルといっても低山ばかりだから、難易度もさほど高くないし、初心者にはオススメですよ~。」

と、ロングトレイル初心者には、この恵まれた条件で挑戦せずして、いつやるの?と思ってしまう優しい魅惑の手招き…。



夏に走ったときは最後に喘息発作を起こしてしまったことが気がかりでした。

でも、このsunrise & sunsetの光景が目に浮かんで脳裏から離れないのと、強力なサポートが付いてくれる安心感から、その週の終わりには参加を決めていました

もう、雨が降るとか、真冬の12月、雪だって降るくらい寒いかもとか、暴風吹き荒れてるかも、とか、マイナス要素は一切考えず、ただただ、真っ赤な朝焼けと夕焼けだけを思い描いてました。

今年は晴れ女だし、絶対大丈夫!って、根拠のないポジティブシンキング。

ちょーお気楽(笑)。

結果として、その通り、期待を超える素晴らしい光景となったのですけどね!

20151222092036275.jpg

**********************

【準備】

準備というか、練習。

9月から、この大会の完走を今年の本命と念頭に置き、3か月弱、自分なりにその目標に合わせて走ってきました。

平日週2くらいの、30-40分間の朝ランは、坂道コースに切り替え、それまでのマイジョギングコースだった平坦な真間川沿いは、ちょっと控えめ。
起き抜けに決して速くは走れないけど、早朝から心肺バクバク、短時間でも大腿部の使い方を意識できるように心がけました。

隔週の17キロくらいの金曜帰宅ランも、男性陣に付いていくので、私にはいいペースでの練習になりました。

友人のフルマラソンデビューサポートのための、これまた隔週の女子皇居ランも、ちょうど良いタイミングで入ってきました。

週末は、短い距離のロードの大会から徐々に、ハーフ、フルと距離を伸ばしました。
そのうち3つは仮装してましたが何か…?

フルマラソンは、3週間前のちょうどよいロング走として、一定ペースで走り切ることを目標にしました。
カミさま、ありがとう~~~。

また、大会や走りだけじゃなくても、ハイキングも含めて週末は極力山に行くように。

キミ兄さんの養老渓谷マラニック練も、タイミング的にも場所としても、とても有効でした。

あと、ウルトラやトレイルだと、これが必須ですが、早起き週間を心がけました。

やっぱり、山は特にトイレ事情を含めた体調管理が最重要だと思っているので、胃腸の動きを早朝から活動できるモードにするには、しばらく時間をかけて生活リズムを矯正する必要があります。

以前、ウルトラを初めて走ったときも、本番前数日は、走ることよりも、朝3時に起床して動き始める練習をしてました^^;。


今回も、やはり、この異常に早起き練、腸活動には結果として、そこそこ有効でした^^



続く)


Posted at 18:07 | トレラン | COM(2) |
2015.12.20

【そくふぉー】sunrise sunset67kmトレラン貫徹!

続きを読む
Posted at 18:17 | トレラン | COM(21) |
2015.12.19

貸し切り?


西日の射す、東へと向かう各駅停車の列車の中は、向かいの横長の座席には、だあれもいない。


2015121915273204b.jpg

もちろん、隣も。

冬の外房線ひとり旅、なかなかいい感じ。


外は寒いだろうなあ…。



しかし、遠い…。

あー、珍しく緊張してきた。




Posted at 15:37 | その他 | COM(10) |
2015.12.16

気になってること

表題の前に。

うっかり勘違いしていたのですが、先日の、八千代ニューリバー、実はちゃんと女子更衣室は用意されていたそうです。

単に、天然者の私が見つけれなかっただけ(´∀`*;)ゞ。

そりゃそうですよね!女性だって10マイルや10キロや親子ランや含めて、200人くらいはいるでしょうし。あの雨だし。

ということで、ふぅちゃん、motoさん、安心して来年はご夫婦でご参加ください(^^)/

-------------------------------

…というか、これが言いたかっただけ?(=∀=)

-------------------------------

いえ、気を改めて。ベストスリー。


気になってること①

週末の気温。 この異様な暖かさは本日までで、明日から日に日に寒くなるらしい…。

いっそ日曜までこのままでいてほしいなあ。


気になってること②

本日定時に退出し、ギリ開演に間に合うか…。
元上司の晴れ舞台。
一方的にチケット郵送されてきた…。

daiku.png

うーん…、かなり無理がある気が…。


気になってること③

キミ兄さんに気を遣わせ過ぎ!(´∀`*;)ゞ

兄さん、私が勝手に
養老渓谷⇒紅葉ピーク⇒マラニック
と、脳内変換させてしまっただけですからwww

というか、ほんとにお荷物で申し訳なかったです。
お気遣いありがとうございます。

でも、お分かりいただけますように、十分楽しんだし、単なるマラニックだったら、恐らく暴走していたと思われますのでww

私にはとっても満足、ただ他の瞬足子犬さんたちには申し訳なかったです。


そんな感じでしょうか。


しょーもない!って言わないで…。

他にもあるんだから。すぐ忘れるけど。


Posted at 12:06 | その他 | COM(0) |
2015.12.14

10マイル後のお散歩

一夜明けて、やはり未だ咳は残るものの、風邪は悪化はしてなさそうです^^


昨日の雨の中、咳込み10マイルの結果は、1時間15分30秒でした。

あまり普段記録とか書かないのですけどね。

何でも、距離は16キロよりは実質少し短かったらしいけれど、まあ16キロということで、計算してみたら。
おお4分45秒未満/キロで走れてる。

咳は苦しかったけど、せっかくつくばでカミさまがキロ5の体感イメージを授けてくださったので、今回16キロと距離も短いことだし、つくばのときよりちょい速めというイメージで、でもなるべく同じペースで、とだけ意識して走りました。

後ろから観察していたらしい(笑)うーぱぱさんによると、やっぱり咳が出てるときと給水の時、最後の方(つまんないのと、やはり咳のせいでそろそろ心肺苦しくなってきてました)はタイムは少し落ちていたらしい。
そして、なぜか登り坂になると人を追い抜き、下りになると、ふぅ、やれやれと一息ついてるらしく、せっかく抜いた人たちに抜き返されていたそうです。

そういえば、同じようなTシャツが、目の前に何度も現れては消え、現れては消えしてたなあ、と納得。

そして、けっこうチョコチョコ右に左にコース変えてたらしい。

確かに、水たまりを避け、でこぼこ道を避け、してました。

あと、せめて何か楽しいものを見つけようと目を凝らしていたので、お二人は気づかなかったようですが、なんと12月のこの時期、川沿いの桜並木はちらほら花開いていました!
12月の冷たい雨の中なのに。
もし横にうーぱぱさんいたら、ぜったい「ほら!桜が咲いてます!」とかなんとかしゃべくってたでしょうwww

それでも、キロ4分50秒をきるくらいの、ほぼ同じペースを保っていたよとの、嬉しいご指摘。
カミさまのイメージ、10マイルまでなら、時計無くて体感で、そしてちゃんと少し進化した形で再現できました。

自分の走りを第三者に観察されて教えて頂けるのは新鮮で、そっかなるほど!と、無意識ながらに自分が選択したり途中意識したりしたことがこんなふうに現れるんだと、お話聞けて興味深かったです。

うーぱぱさん、ありがとうございました!


で、熱燗と鍋で体の芯から温めた後、帰宅してからは、速攻熱いお風呂につかり、ダウンジョグ代わりと内心言い聞かせ、意を決して17時過ぎにはまたも雨の中、近所にお散歩に。

20151214090658ac8.jpg 20151214090703c12.jpg

20151214090705757.jpg 20151214090706191.jpg

TDLじゃないのは後の2枚のお馬さん電飾で分かるかな。 競馬場です。

そのあとは、近所の焼き鳥屋さんに3年ぶりに入って名物おばちゃんが変わらない元気な笑顔で、てんこ盛りのキャベマヨソース出してくれるのを嬉しく思いながら8時半には帰宅。

久しぶりのちょい団らんな休日コンプリートに満足^^

Posted at 12:00 | その他 | COM(4) |
2015.12.13

また忘れた


ずーっと咳が止まらず、昨日は、養老渓谷以来のランで、やや早朝ラン12km。
来週の本命を意識して、ゆっくりながらも坂道主体のマスクラン。
なんだか、motoさんになった気分。あくまで、こちらはゆっくりですが。


そんな中、まともに走れるのかしらと思いながら、本日は八千代ニューリバー10マイル。
最初から最後までしとしと雨の中走ってきました。


今回は忘れ物が多く、かなり反省…。

結果的に2番目に緊張したのは、またか!のスマホと、今回さらに腕時計すら忘れたことに気付いたとき。
(とりあえずGPSじゃないけど、フツウは普通の腕時計は装着しています)

3番目は、マスク忘れに気付いたとき…。マスクランも考慮していたのに。


今回、うーぱぱさん&san-anさんという手賀沼メンバー、気心知れたご近所さんとのご一緒だったのですが、無事に会場最寄り駅でおふたりに会えて一安心。

スタートまでは、会場横の市の体育館でリラックスしてストレッチしたり談笑したり。

雨の中、ゲホゲホ終始せき込みながらも、スタート号砲までご一緒できて、気分はいつものうーパパさんのイベントラン。

これって出走前には、実はとても効果的だと思います。


号砲からは、san-anさんは人の隙間を縫って、あっと間に見えなくなり、私もなんとなくうーぱぱさんと別れ、相変わらず咳込みながら走り始めました。

この大会は3年ほど前に1回だけ出たことがあって、ものすごい強風と寒い!というイメージがあり、それからはエントリーしていませんでした。

今回、雨というハンデ?はあったけれど、そのときほど寒さも厳しくなく、風はほぼなかったので、走ることにおいては条件は良かったと思います。

でも、退屈なんだなあ。特に雨だから。

変わりばえしない景色と、しゃべる相手がいない…。

しかも、スタート前から咳が多くて、出走前にすでに呼吸的に10キロそれなりのスピードで走ったかみたいに疲れ気味。

なので、3キロ時点で既に、ああ早く終わりたい…、とネガティブシンキングでした。
うーパパさんから、最後のトラックで抜かれるまでは、すぐ後ろからずっと挙動観察されていることも知らず。

途中、最高の笑顔ですれ違えたsan-anさんをみて、好調を確認し、最後に、さわやかな笑顔でうーぱぱさんに抜かれて、無事完走。

走ってるときは気付かないけど、ゴール後、3人で、ふるまっていただいた豚汁食べ終えたあとの寒さは、ああ、12月なんだよね、半そでだけど、って身に沁みました。

さらに風邪悪化しそうwww

そして、実は実は、お二人にも言えなかったんだけど、今回一番の忘れ物で焦ったのは…。

パンツは忘れませんでしたが、女子はもう一つ必須の下着が必要で。

それ忘れてたので、アフターでも、まあ、寒かったのもあるけど、もこもこフリース脱げませんでした(笑)。

いやあ、着替えの女子トイレでの衝撃。

そして、其の後は何も感じさせない挙動をコンプリート。
本日の10マイルコンプリートよりさらに敷居が高い気がする…

あとだから言える(笑)。

ほんと、気を許せる(もうちょい女を自覚して気遣え)、仲間って、いいな♪

と、昼間の12時台から居酒屋宴会メニュー飲み放題つけて、熱燗飲みながら幸せに浸りました。
すごい楽しかった~


さあ、これから、諸々バランスとりのため、もうひと動き、でかけてきます!




Posted at 17:01 | マラソン | COM(6) |