2016.02.24

ミッション ポッシブル @ 青梅マラソンその2

まずはこちらをご覧いただいてから、以下お進みください(笑)。

---------------------------------------

我々のスタートは、河辺駅前の交差点付近。

走り出す、とはいっても、ヒト人ひと…。 まさしく、人垣。
全然思うように前に進めません。

正規のスタート地点は遥か前方、まだ目視できません。

瀬古さんのマイク越しのなんとも言えない応援というか、おしゃべり?を聞きながら、ようやくスタート地点にたどり着き、Qちゃんと目が合って、笑顔で手を振ってもらって(と、解釈。自己満足って大事)、テンションアップ♪

トレイルの大会には、スタート渋滞って多いから、激混み状態は知っているけれど、トレイルの場合は、道も狭いし、そもそも危険だから、渋滞にはまってしまったら観念して、ヒトを追い抜いていくことはせず、状況に準じて、立ち止まったり歩いたり、です。

でも。

今回は、なるべく早く追いついて、せっかくだから紅白めでたいダブルチャイナで、沿道の声援に応えたい!

iwatobiさんの足の状態も気になる。

なので、スタートダッシュの漢、俊足ジョギンガーさんに、道路の端のほうから風穴を開けて頂いて、隙間隙間をかいくぐっての猛追跡。

去年は、R2さんと、ゆーっくり商店街の街並みを眺めながら、

「青梅って素敵なところですね~」

「あ~、面白いレトロな看板~」

と、のんびり走っていた最初の数キロ、今回往路はまったく景色を見ていません(笑)。

ふと気付けば、早々にR2さんの姿が消えている…。

ジョギンガーさんと、少し離れて互いに抜きつ抜かれつ、目くばせしながら、時に近づき、

「まだ見えない!追いつくのかなあ」

と声かけあいながら、進みます。

既に、先日試走してるジョギさんから、

「もうちょっと行ったら、折り返し用に車線が減るから、道幅が狭くなる。
そしたら、もっと走れなくなるから、それまでに捕まえないと。」

と言われると、5km以降は、多少走れる隙間が出てきたのもあり、さらに気持ちも急いてきて徐々に加速!

上り坂こそ、周りのスピードが落ちて、空隙が生じるから、そこを狙ってどんどん走る。

このとき、頭の中で流れてたのは

「♪ちゃっ、ちゃっ、ちゃっちゃ↑、ちゃっ、ちゃっ、ちゃっちゃ↓
ちゃっ、ちゃっ、ちゃっちゃ↑、ちゃっ、ちゃっ、ちゃっちゃ↓
たりらーん、たりらーん、たりらーん、たらっ♪」

ミッションインポッシブルのテーマ音楽(笑)。


「おっ!チャイナ~…」

という声援にも、あまり応えられず、走ってました。
チャイナ道、失格…

若干一名、「セクシーボディコン!」(死語)と叫んでたオジサンもいましたね…。
違~う

そうこうしてると、見覚えある、ブルーのドラえもんとピンクのウェアの二人組が前方に。

「ホシヲさん、ローラさん捕獲!」

とのジョギンガーさんの声に、スピードアップ♪

無事追いつくと、すぐに前方に、ひときわ目立つ赤いチャイナ姿が、沿道の応援に応えながら、ひらひらと。

×××××ーーーーー

捕獲成功♪

とりあえず、ミッション1はコンプリート。

続く。
スポンサーサイト
Posted at 12:00 | マラソン | COM(4) |