2016.08.15

43時間寝なかった、トレイルじゃなくハイキング^^;


金曜は、ランオフだったので、朝もいつもよりちょっと遅めの6時起床で出勤。

職場もなんとなくゆるい夏休みムードが漂っていて、今の職場に来て3年目で初めて上司とお昼にラーメン食べに出ました。

わざわざお盆休み期間に開いているかどうかチェックしてくれていたらしいので、お腹の調子がグルンパだとは言えず、ましてや、今日は仕事終わって、いったん帰宅後、荷物持って終電で移動し、車でピックアップしてもらって、そのまま徹夜移動してハイキング?だから、お腹を守りたい、とはとても言えない。

ありがたくお供させていただきました。

昔ながらのあっさり塩ラーメン。

今の主流よりも、むしろこういうのが好きかも。

DSC_5360.jpg

ぐるんぱの身には、あっさりで、助かったし、美味しかった!

其の後、念のためにと、職場の常備薬の漢方胃腸薬を飲んだつもりが、よく見ると、漢方便秘薬だった…。

後の祭り。

さらに、不安を抱えつつ、夕方にはそそくさと帰宅し、23時に家を出発。

仮眠取れると思っていたけど、なんだかんだで、結局30分くらい横になったけど、眠れませんでした。

電車の中で、少しまどろんで、0時半前に、初めて下りる駅に到着。

そこから、車に乗っけて頂き、談合坂でほかの皆さんと合流し、いざ、トレイルハイキングへ!

結局、スタートは5時半くらい?

クスリの影響もあってか、家を出てここまでにトイレ5回…。


さて、諸事情により?詳細書くのはパスして、とりあえず、楽しい?ハイキングの様子だけ。

DSC_5375.jpg
今回は、熊鈴鳴らしながら、かなりヤバいんじゃないかと思いながら歩きました。

DSC_5377.jpg
5人以上一度に渡っちゃダメなつり橋。

DSC_5378.jpg
おっきな野イチゴがいっぱい! ハイキングっぽいww

DSC_5366.jpg
これでもか!な笹漕ぎ。写真のような短パンはお勧めしません。

DSC_5381.jpg
これがあるってことは…

DSC_5384.jpg
(*´▽`*) おなか用心して、ぐっと我慢しましたけど。

DSC_5387.jpg
こんなのが空いっぱい!!

DSC_5392.jpg
とっても大変な楽しい試走ハイキングでした!

トータル40キロ弱だったみたい。

高尾まで車で送っていただいて、電車に乗り換え、最寄り駅に着いたのが、ほぼ昨日の出発終電の電車の24時間後。

就寝が1時なので、43時間起きてました。


今回の、ハイキング、めちゃ色々学習しました。
参加させて頂けて、とってもためになりました。

ご一緒頂いた皆様、企画のす~さま、どうもありがとうございました!


翌日は、意外と6時には起床(どんだけBBA)。

鎌倉侵攻参加には間に合わないけど、明日から走るからね!と昨日決意を述べていた方に順じ、真昼間に江戸川・真間川河川敷18キロ弱ジョグ+1.5キロウォーキング。

今朝は、早朝9.4キロジョグ。

頑張ってますyo。



2016.08.12

とりあえず「山」の字が付くところへ


山の日にはとりあえずどこか行けるように準備だけはしていたのですけど、

朝もいったん4時には起きたのですけど、

前日の帰宅ランで、やや足に疲れが残っている気がしたのと、電車で移動するのが億劫な気がしてきたので、え~い!と二度寝(^^;)。

色々雑用を済ませ、山に行くには時すでに遅し。それでも9時半。

せっかく記念すべき最初の山の日だから、近場で「山」と名の付くところにジョギングしてみようかと、地図を検索。

ただでさえ、平地天国なところだし、なかなか、ないんです。目ぼしいところ。

単なる「○○山」というネーミングだけというよりは、実際ちょい山っぽい、高台で、景色も少しは見下ろせて、小一時間くらいで走っていけるところ。

15分ほど、ぼーっと、近所の地図をスクロールして動線探っていたら、

おお、イメージ湧いた!

名付けて、「近所で歴史と涼と旬を感じる夏場のなんちゃって山の日マラニック」。

10時半にスタートし、まずは陽射しの下を黙々。

向かった先は、初めて行ったけど、なかなか良い円形ウォーキングコース。

DSC_5339.jpg

姥山(ピッタリ!とか、言わない!)貝塚。

ここまで20分くらい?

行田公園より近い。

暑いけど、近くでは秋の気配も。

DSC_5342.jpg

さらに足を延ばすと、木陰最高な植物園。

DSC_5345.jpg DSC_5349.jpg

水辺もあり、日陰がほとんどで、涼しくて、ここなら夏場でも走れるな~と感じました。

ルートも色々組めるし、5~10キロくらいなら、飽き無さそう(笑)。

DSC_5352.jpg
ザリガニとトンボ天国。

ここで、しばし涼しい中のジョギングを堪能し、北の出口から出た先は

DSC_5359.jpg

道路の両側に、これでもか!と梨園(歌舞伎界ではありません)と梨農家、梨販売所が軒を連ねています。

どこも大繁盛。まさに、今が旬!!

なかには、こんな、怪しいお店も。

DSC_5358.jpg
ギョッとする…。

丸腰だったので、梨を買って帰ることはできなかったので、梨丸ごと1個クラッシュアイスと一緒に砕いてジュースにしてくれた生ジュースでしばし休憩。

これ、最高に美味しい!

DSC_5353.jpg

ガリガリ君梨も美味しいけど、これは別格。

元気になって、あとは車道の脇、アップダウンのある道を淡々と走ります。

この近くは霊園なので、ちょうどお盆ということも合って、車は渋滞。

渋滞中の車を横目にジョギングで追い越していくのも、何となく優越感(笑)。

12時半過ぎに帰宅し、ちょうど良い、なんちゃって山の日マラニックとなりました。

日曜はリュックでこのコース逆走しようかな。

午前中なら、一袋500円也の旬の幸水7,8個入り、ゲットできます。






Posted at 15:00 | jog | COM(2) |
2016.08.11

関東・東の方8月第1回帰宅(ラン)部活動報告


本日はいつもの集合地点より多少南側の道路、もうちょいにぎやかなところから。

旧アスリートクラブ近くの交差点。

集合場所

駆けつけた、安定の遅刻常習犯部員Cさんと、2人でスタート。

日中37度あった昨日じゃなくて、マジよかった。

暑いんですけど、わりと向かい風が吹いてくれて、気持ちいい!って思うときも結構ありました。

特に、ドア解放されたドラッグストアの前は、最高に涼しくて吸い寄せられそう。

なんてことない、数百メートル南側の道路を走っただけでも、違いはあって、ここが違うあそこが違うと、discussionしながら、真面目に(ほとんど会話が途切れることはなかったですけど)、淡々と走ります。

Cさん曰く、キロ5半くらいでしょうとのこと。

安定の?、Cさん最寄り駅をとうに超えて、市川橋を渡り、千葉県に突入したスーパーに入り、1次会。

冬バージョンじゃなく、夏バージョンでの、サラリーマン正々堂々帰宅ラン姿。

DSC_5332.jpg

終盤、Yシャツがベルトの外に出ちゃったのは、不可抗力、見逃します。すべて洗濯マストですね。

まずはこのくそ暑い時期に、いつもより若干速いペースで、真面目に15キロほどをよく頑張った、と、スーパーの快適な冷房下で1次会。

1次会

飲み足りなくて(結局飲みに行けばミーティング会場に行けばよかったとも言いますが)、スーパー梯子して2次会。

2次会

駐車場で、いい歳してヤンキーか!のノリで、野良猫?5匹に見守られおこぼれねだられながら、立ち飲み二次会。

二次会まで行っても、トータルおひとりさま1000円以下ww

もろもろ、直近や来年の今後の活動についても確認打合せできて、有意義な部活動でしたww

ということで、8月第二回も、このルート基調で行きます。

Cさん、大変遠回りお付き合いありがとうございました。

私は、あのあと、もちろん、歩かず走って帰りました(゚д゚)
トータル19キロ。


変化を楽しめるって、いいなあって思えた本日の部活動でした!

今日は二部練できました~。
早朝は11キロ強ジョグ♪



Posted at 00:51 | jog | COM(2) |
2016.08.09

BURN BODY FAT


日曜日のLSDは、今朝調べてみたら、公園までの往復が思っていた距離の倍あったので(道理でヘロヘロなはず)、結局トータル30キロ走れてました(;゜0゜)

途中立ち止まったり歩いたりしたけど、足が回復したら9月半ばまでに一度はとの目標だった、ロードの30キロ走できたp(*^-^*)q

-------------------------------

昨日は帰宅後に隙間時間で30分強だけ坂道方面ジョグ。
暗い時間とはいえ、やっぱ早朝よりは熱気が残ってて、あっという間に汗ぐっしょり。

火曜は東京は36度超えとの予報も出ているし、明日は早朝走ろう!と気合を入れてさっさと睡眠ww

-------------------------------

今朝は、気合が入り過ぎ?て、4時前に起床…(;°_°)

でも、昨夜さっさと寝てしまった代償で、ゴソゴソ家事していたら、4時半になって、慌ててGO。

暑くなる前に、今日は江戸川まで行っちゃおう。

頑張って、かる合流ポイントまで行って折り返し、いつもの真間川沿いを走ってたら。

DSC_5328.jpg
焦って逃げてましたww

このころにはもう、流れ出る汗で目が沁みるくらい、汗汗汗。

「運動しても最初の30分は、身体の代謝を上げる準備段階で、30分以降から脂肪が燃焼するんだよ」と、何かで誰かに聞いたことだけは、覚えていて、いつも走るときも30分弱じゃなくて、30分強を心がけています。

だって、1分でも2分でも脂肪が燃えたほうが、得した気になるから^^;

なので、今朝も30分を過ぎてからは、ずっと、

「燃~えろよ、燃えろ~よ~♪ 脂肪よ燃~え~ろ~♪
 あ~せ汁、吹き上~げ~♪ しーん(芯)までこがせ~♪」

歌ってました(〃▽〃)


おかげで、今朝は12キロ強ジョグ。




8/9 11:02 黙祷



Posted at 18:30 | スポーツ | COM(0) |
2016.08.08

高尾通い?と、久しぶりの行田公園LSD


金曜は飲み過ぎ。

土曜は予定していた仕事がOFFになったので、マラソンポイント獲得?のため、二日酔い気味のからだに鞭打って、城山のかき氷を目指してのんびりハイキング。

全行程歩きです。

かつ、おじいさんおばあさん幼児さんにも追い抜かれる10分おきに座り込んで休憩取るメタボ相方付き…。

今回も登りは稲荷山コースで。

先々週は、スズメバチの巣があるので注意!看板が出てたけど、1週間後は外されてました。

DSC_5320.jpg

ここまで着くのに、先々週の倍以上の時間を要す。

ほぼ、地図のタイムコース通り?

1週間前までは、大輪のユリの花が圧巻だったのに、ユリはもう終わってしまっていて、早々とススキの姿が。

DSC_5322.jpg

何とか、なだめすかし、ようやくご褒美!

DSC_5325.jpg

相方は迷わず、大(→奥)を注文。
この日、唯一笑顔がこぼれてましたww

下りは1号路。

ここは、渋滞してました。

稲荷山コースを登る人たちと明らかに、足元や服装が違うww。

久しぶりに1号路を全部歩いて降りたけど、ここ相当激しい坂道ですね。

今度は、こっちを登りに来ようかな。

下山後は、高尾山口のお風呂で汗を流し、急ぎ電車で帰宅。

洗濯ものを洗濯機に放り込んで、そのまま市川・江戸川花火大会へ。

201608081223027b8.jpg

家族で行動だと、こういうのが気楽ですね。

一日、よく歩きました。

3万歩超え^^

---------------------------------------

日曜は早朝LSDトライ!と思っていたけれど、疲れがたまってて、起き上がれなかった~。

午後からだと、暑いし、炎天下、河川敷はむ~り~、と、一念発起。

パンク寸前のチャリのタイヤ交換をしている間に、大の苦手な、ぐるぐるコースへいくことに。

でも、ここは全部木陰なので、3時台でもまあ走れる。

自転車屋さんにチャリを預け、30分間は我慢して、アラビアン姿で公園まで日向を走る。

知らなかったけど、当日朝から行田公園では100kmぐるぐる大会が開催されていたようで、私が到着した3時過ぎには、公園内は良い香り、BBQ打ち上げ団体さんでにぎわっていました。

それを横目に、本日の決心。

チャレンジ20km。

行田公園のジョギングコースは、1周が900mしかないので、まずは反時計回りに11週+100m。

飽きるから、せめて目線を変えて、さらに時計回りに11週+100m。

余裕があれば、25kmと思ったけれど、まったく余裕ありませんでした。

スタートと終了の時間を見ると、ぴったりキロ6でした。

ちゃんと数えれたのと、ぐるぐるできたことに、わたし偉い!よく頑張った!と、自画自賛(笑)。

そこから、フラフラしながら歩いたり走ったりしたせいか、気付いたら帰宅方向と逆方向へ向かっていて、まさかのご近所で道ロスト…。

船橋の奥の方に向かってました…。

何とか、ガリガリ君梨の助けを借りて、自転車屋さんへ。

公園から自転車屋さんまでは2km以上あるので、ロスト分も含めると、日曜はトータル25kmは走れたみたい。

まあ、予定通りでOK。

ひさしぶりに、ロードを長く走りましたが、今の自分には30km走は無理だ~と思い知りました。

足の痛みは、まだしぶとくあるものの、少しづつ緩和化されてるのは分かります。

もう一息。

目標があると、何とか頑張れる。




2016.08.05

その後のその後のその後の(しつこい)リハビリ記録


【先週】

金曜日: 帰宅ラン 18キロ (公園寄り道込で2時間強)

土曜日: ぼっちトレイル 35キロ (半分くらい歩き?&休憩やダウン込で8時間強) 


【今週】

日曜日: ご近所ジョグ 13キロ弱 + ウォーキング 1.5キロ弱 (トータル1時間45分くらい)

月曜日: 朝ジョグ 7.5キロ (45分くらい)

火曜日: お昼休みに30分ウォーキング + 帰宅後ご近所ジョグ 6キロ強 (35分くらい)

水曜日: お昼休みに30分ウォーキング + 帰宅後ご近所ジョグ 6キロ強 (35分くらい)

木曜日: 朝ジョグ 9.5キロ (55分くらい) + 夜は高齢者スポーツ補助で、チューブ体操&バドミントン(45分くらい)

朝ジョグ
朝ジョグ江戸川~

通勤途中で親父様ご推薦のパンゲット!

DSC_5306.jpg
どっちもズッシリ重い…。あんぱんは一気には食べきれないボリュームでした。77%ぶどうぱん幸せ~♪

金曜日: 朝ジョグ 9キロ弱 (50分くらい)
      今夜はお友達の結婚お祝い会^^



うんうん、地味~に続けてますyo (/∀\*)

走ってることもだけど、記録している自分がすごい…。
ぷちカンドウ。

ちなみにGPSウォッチ持ってないので、少しずれてるフツウの腕時計と、あとでネットで距離調べてる、という程度の精度(というのか)です。

そうそう、書き忘れてた

まだ痛み依然として、アリ
(。pω-。)
Posted at 07:59 | jog | COM(2) |
2016.08.02

ぼっちトレイル練習 ~高尾山・陣馬山・南高尾丘陵 復路~


今回の高尾山口駅までの復路に選んだ小仏城山から南高尾に回るこのコース、見事に人っ子一人居ません(笑)。

大垂水峠近くまで下りて来たら、ようやく一組のハイキングのご夫婦をパスし、通りざまに

「こっちは空いてますね~」

と声をかけると、

「そうなんですよ。ゆっくり歩けて良いですよ。」

とのお返事。

ほんのちょっと外れただけなのに、渋滞、喧騒の城山や高尾が嘘みたい。

ほどなくして、見覚えのある道路。

30-16.jpg

さあ、あと1,2時間したらゴールかな…。

でも、水分(しかも、塩分のない烏龍茶)があと300mlくらいしかない。大丈夫かな。

とりあえず、走ったり歩いたりで、大洞山に到着。

30-17.jpg

これを過ぎたあたりから、足がさらに重く、鼻先と手の先がジンジン痺れ、胃がむかむかし始めました。

やばい、休憩して水分摂らなきゃ。

食べ物は半分以上手つかずで、あるけど、水分がほとんどないから、食べる気はしない…。

中沢山~泰光寺山間にある展望台のベンチに腰掛け、くっきり鮮やかに広がる津久井湖と丹沢系列の山々の眺望に、ここっていつもガスってて、見えないことが多いのに最高だよね~、それどころじゃなくジンジンしてるけど。と、しばし休憩。

30-18.jpg

隣にいたおじいさんと10分ほどよもやま話をしている間に、ようやく痺れが治まり、落ち着いてきました。

「もうちょっと行ったところに、駐車場に降りる分岐があるから、15分ほど歩けば自販機があるよ。」
「ここから、高尾山口まで水分ほとんどないのは無理だから、必ず寄りなさい。」

と、念を押され、そうしようと思いながら、先に進みました。

でも、分岐点が分からなかった…泣。

取りあえず、見覚えのある山の名前の標識と、そこまでの距離を見ながら、残り僅かな水分をちょっとずつ口に含みながら進みました。

しばらくして、小さい子供たちと親の50人以上のこれからキャンプなのかな?な大集団に追いつく。

元気な時なら、トレイルの人にはありがたい、

「止まって~。先に行ってもらって~。」

との掛け声に、

「ありがとうございます」

と、止まるに止まれず、フラフラしながら、しかも草戸峠の、大地沢青少年センター方面と長尾・高尾山口方面への分岐の看板が集団で隠れ確認できず、彼らが向かおうとしている方向(青少年センター)を勧められるがままに先に進む。←大失敗。

あれ?あれ?

見覚えない道?こんなに急に降りたっけ?

と思いつつも、朦朧としているからかな、でもきっともうあと20分くらいでゴールするはず。

あと20分なら、もう大丈夫!

と、降りきったところは、全く見覚えのない大地沢青少年センター方面と大戸方面への分岐の道路。

どう考えても、草戸峠の分岐で進路を誤った。道路をぐるりと回るのは土地勘がないし、どれくらい時間を要するのかわからない。
急だけど峠をまた登ってやり直したほうが速い。

不審げな顔のさっきの大集団とすれ違いつつ、一歩一歩よろよろしながら登り、ロストした現場に戻りました。

しばらく、痺れが落ち着くのを待って、「高尾山口駅」の標識を確認して、再出発。

14時を回り、全く人に会いません。

気力のほうが、限界になってきたころ、ようやく前方にトレッキングの男性がひとり。

意を決して

「すみません。熱中症ギリギリなんですが、水がなくて。少し分けて頂けませんか。」

と、声をかけました。

イヤホンしていた男性は、いきなりヨロヨロおばさんから声かけられ、驚いたものの、少し水分を分けてくださいました。

またちょうどラッキーなことに、山中最後の遭遇者となったトレランの二人組が現れ、「スミマセン、この方が熱中症気味らしく、水分が無いそうなんですが、余分にお持ちじゃないですか?」と、イヤホン男性が声をかけてくださいました。

女性から「私もう要らないから」と、ペットボトルに半分残ったスポーツ飲料をそのまま頂きました。

しかも、「じゃあなたの空のペットと交換ね」と、不要なペットを回収してくれるという…泣)

「たぶん、その様子だと、1時間とは言わないけど、駅まで30分以上要すると思うから、少し休んで行きなさいね」

と、三名に諭され、うんうん!頷き、精いっぱいお礼をお伝えし、見送りました。

でも、誰も来ない道にじっとしているのも、だんだん帰りの時間が気になってきたので、水分で多少楽になってから、痺れは残るものの、ぼちぼち歩き始めました。

5分ほど行くと、あれ?さっきのイヤホン男性が。

「いや、行き倒れてたらと気になって、どうせあと30分くらいなら、一緒に歩いて降りようかと」

待っていてくださいました泣泣。

山の人たちは、ほんと優しい…。

そこからは、見も知らぬ人と、世間話や山の話、反抗期の中学生のお嬢さんと父親はどう接するべきかについてなど(笑)、語り合いながらおかげで途中で痺れもなくなり、無事40分ほどかけて下山することができました。

名前も何もお聞きできませんでしたが、ここでお礼を言ってお別れ。

感謝マックス。

この間、当然だけど、写真なし。

駅前の極楽湯は混んでいたけれど、ちょうど、ふろっぴぃ行のバスが来たので、ようやくありつけた冷えたドリンクを自販機で買って乗り込みひと安心。

---------------------------------------

今回の、トレイルは、準備不足と過信とから、呼ぶべくして呼んだ災難を経験し、すごく勉強になりました。

前日からの体調管理。

携帯品。特に塩分。水分。

分岐点での確認。

コースアウトした場合の対処。

一人で行くことに、もっと責任と自覚を持たなきゃ。

でいて、新たな良かった発見もいっぱい。

一人のペースの快適さ。

なんだかんだ言って、場所チェックと、時間を気にして動いていること。

ひとりでも、十分たくさんの人と会話し、コミュニケーションできたので(最後は1時間弱しゃべりながらハイク…)、あまりひとり感はなかった。やはり、話しかけるのは苦じゃないみたい。

懲りたところ、反省したところは多分にあるけれど、学習して、またどこかでトライします。

ひとりお疲れ!@ふろっぴぃ

30-19.jpg

---------------------------------------

自宅最寄り駅まで戻ったら、金曜の反省会場の前は、夏祭り。

30-20.jpg


Posted at 08:31 | トレラン | COM(10) |
2016.08.01

ぼっちトレイル練習 ~高尾山・陣馬山・南高尾丘陵 往路~


土曜は、二日酔いこそないものの、やや寝不足気味(過失その1)で、ぼっちトレイル練習に。

当初は、先週いっちさんとご一緒させて頂いた箱根外輪リベンジに、と思っていたのですが、金曜夜に想定外に反省会が入り(笑)、とても午前4時台の電車に乗るのは無理だと諦めました。
あと、ひとりで茅漕ぎしてあの荒波を泳ぎ切る自信もなく…(溺れてしまいそう)。
リベンジは、生い茂る茅がひと段落した頃に。

ということで、コースも何度か行ったことのある部分をつないだり逆走したりで、ある程度距離を踏めそうな、もう少し近場でのトレイルの、高尾山・陣馬山・南高尾コースへ。
sadaさんにも「そっちが良いですよ」と勧められたし。

先週、この箱根外輪トレイルに行った際、水分をあまり摂らない自分にしては珍しく1リットルを飲み干し、途中で500mlを追加購入したので、今回はいくら観光地トレイルコースとはいえ、ぼっちだし、水分は1.5リットルを携帯。
自分としては、かなり用心したつもりの過信その1。

食べ物は、途中の茶屋は充実してるし、かき氷はマストだし、と、おにぎり1個と、一口パン2個、念のため固形バー2本に一口お饅頭程度。

塩分タブレットを忘れてきたことに気づきましたが、そのまま(これ、あとで大後悔の過失その2)。

1時間遅い出発の、5時半前の始発電車に乗り(睡眠時間は4時間くらい)、高尾山口へ着いたのが7時過ぎ。

30-1.jpg

7時15分には、稲荷山コースで登頂スタート。

30-2.jpg

スズメバチ…。どきどき。

一人ということもあり、自分のその時々の気分や調子で適当に進みます。

稲荷山コースは、途中一か所だけ、スズメバチの巣があるということで軽く迂回路あり。

いつもは、さっさとまいちゃう高尾山頂ですが、早朝、まだハイカーさんもまばらなので、せっかくの好天気、登っとこう。

30-3.jpg 

30-4.jpg
富士山くっきり!

せっかく人が少ないのだから、珍しくここも立ち寄って、スカイビューを堪能。

30-5.jpg

30-6.jpg

順調に、小仏城山到着。

30-7.jpg

30-8.jpg
天狗さん、こないだは鼻に指突っ込んでゴメンナサイ…

そのままパスして先に。

30-9.jpg

ここでも反省会?

けっこう暑くて、景信山に着いた、この時点で思ったより水分摂ってました。
汗ぐっしょり。
ここで、変だ、いつもと違うと気づくべきでした…。

30-10.jpg

とはいえ、とっても良い景色!というので、ついテンション↑。

DSC_5279.jpg

明王峠を経て、

30-11.jpg

もうちょいもうちょい。

30-12.jpg

こんなのがいっぱい。


それにしても、早起きのご褒美だ~。
高尾あたりで、こんなにガスってなくてくっきり鮮明ビューなうえ、人が少ない!

今日の目的地へ到着!

30-13.jpg

暑い暑い!と、さっそくご褒美その1。

30-14.jpg

さっぱりして美味しかった~。
お腹は空いてないけど、ガス欠予防のため、一口パン2個もモグモグ。

トイレ休憩も含め、トータル25分ほどの滞在で、復路へ。

いやー、暑い…。

でも、城山に戻ったら、次のご褒美!

30-15.jpg
新作?サクランボ味。生き返ります。

この時、ちょうど12時。
おにぎりもパクパク。

ほんとにトレラン練習?ハイキングじゃ?という突っ込みはなしで。

隣にいたご夫婦に、往路の具合を尋ねると、そこそこ混んできたよとのこと。
今フツウに高尾山経由で下ると登り客との離合で渋滞しそう。

やはり、ここは、考えていた通り南高尾ぐるり遠回り迂回経由で下山だな。

でも、なんだろう…。いつもより、足が重い?
昨日の帰宅ランの影響があるのかな?

飲み物も1リットル飲んじゃった。

でも、まあまだ12時半。
なれたコースでもあるし、下りだし、きっと3時前には駅に戻るでしょう(過信その2)。

と、水分追加購入せず(過失その3)。

このあと、とりあえず、大垂水峠を目指して、5月にメテオデさんたちと行った南高尾コースを逆走します。

まだ、元気でした。

続く






Posted at 18:30 | トレラン | COM(4) |