2017.04.24

多良の森トレイルランニング

多良の森トレイルランニング

これまでプレ大会から毎年ショートのフォレストコースに参加していました。

今年は、コースのことは深く考えず、また、理解せず、そろそろチャレンジするか、と、ロングの修験者コースにエントリー。

ちょうど、これから控える、ガクブルのウルトラの練習にもなるかとの安直な気持ちも。

結果、過去経験したことない、鎖場と縄場とガレ場三昧と、急途の登り降り満載の超えぐいコースでした…。
さすが修験者コース。

もひとつ、結論からいうと、制限時間内に何とか完走(歩)できました。



順を追って記述すると、

前日の土曜、朝一便で長崎入り。

午前中に所用を済ませ、午後、現地で前日エントリー。

20170424094830862.jpg

雰囲気としては、プレ大会の時が一番好きだったかな。

ロザモタ広場というところからスタートします。

20170424095300421.jpg

2017042409525977e.jpg

20170424095118964.jpg

ついでに、すぐ近くにあるしゃくなげ公園のしゃくなげが満開だというので、帰りに寄道。

20170424095116295.jpg

2017042409511947b.jpg
裏見の滝の裏側は通行禁止になっていて表からしか見れなかった…


このところあまりに走れてないのでかなり不安があったのと、暴飲暴食ですっかり体が重くなってしまっていたのと、せっかく坂の街、長崎に来たのだから…と、夕方おもむろに小一時間くらい坂トレ(^-^;
しかも、(゜ρ゜)超激坂三昧…。
これが、かなり余計だったみたいですね、あたりまえだけど。
さすが、西の果て、19時過ぎでもまだ街灯なしでOKなくらいの明るさでした。


翌朝は4時起き。
5時に長崎市内を、まったく走ることに縁のない、送迎だけのためにお世話になった幼馴染みの運転する車で出て、1時間弱で現地着。
さすがじもぴー。
私の運転じゃ、こうはいきません。

去年は生憎の雨でしたが、今年は晴天!
スタート前の九州らしいアットホーム感、なんだか年々薄くなってて、こなれてきたというか、関東の大会に似てきたような印象。
私としては最初の頃の方が良かったなあ。

それでも、関東のストレスフルな渋滞レースと比べると、総勢200人程度のロングコース参加者。
スタート30分前でも、スタート地点はガラガラです。

20170424094830647.jpg

朝日が眩しく、暑くなりそうな予感がするなか、まずは正面の山を目指します。

これは、去年kinさんも登った山(^^)
20170424094827e78.jpg

7時に最後尾からスタート。

走り出してすぐに、あ、これは、完走ヤバイかも、との、からだのマイナス具合に気付きました。
何だかテンションがあがらない。

気持ちがリタイアすることばかりに向いてて、こんなにネガティブなのも珍しい。

でも、迎えに来てくれる幼馴染みの時間合せと、もひとつ、出来ればリタイア避けたい事態に急になっちゃった理由から、ほとんど歩きながら進みました。

三ヶ所ある関門では、すべてでスタッフさんに
「こんな感じだと制限時間内にゴールは難しいですね」
と、言われる…。

ますます、テンション下がるー(T-T)。

自分的に辛いところや、険しいところや、ヤバい鎖場では写真は撮れなかったので、撮った写真は楽しい様子のばかり(笑)

20170424094653807.jpg

2017042409460520e.jpg
一番気楽だった区間の棚田(笑)

201704240944558cf.jpg

20170424094457267.jpg

20170424094407afb.jpg

最後の復路の郡岳を登り終えて頂上に着いたとき、残り4.7キロで、制限時間までの持ち時間が50分くらいあったので、やった、完走できる!とようやく実感。

でも、このあとの下りは、ものすごーくだるく長く感じました。

ゴール手前に幼馴染みの顔が見えて、ようやくホッとしました。

だって、長崎の人たち、時間とか距離に感覚的にユルいので、

もうあと5分くらい
あとすこしだよ

は、実際おおよそ3倍増しなので、最後の方のスタッフさんの「もうすぐゴール」は、幼馴染みの顔が見えるまで信じられなくなってきてました(^-^;

実は、前日の受付で、
「絶対、開会式までには来てくださいね!」と、念を押されていて、結果、今回リタイアしにくくなった理由はこれでした。

20170424094145b85.jpg
市長直々の遠来賞…
参加者全員の前で発表され、これじゃリタイアしてノコノコ戻ってくるわけにもいかない…

20170424094142956.jpg
大村市の名産の数々。
ありがとうございます。

お風呂に入って、夕飯は幼馴染みに感謝し、出前の吉宗の懐石風茶わん蒸しセット!

201704240941438b0.jpg

最後に、この大会、今回みたいにお天気がよければ、最高の青空と新緑と大村湾を堪能しながら、ロッククライミング気分もいやと言うほど味わえる、捻挫に怯えるガレガレ場(ガレ場どころじゃない)も、お腹一杯味わえる、コース内容に富んだ、鍛えられる(修験者コースは。フォレストコースは楽しいです。)関東ではなかなか味わえない面白タフなコースです。

39キロで獲得標高3300m。
距離は短いけど、ほんとタフでした。

2017042412424453d.jpg

空港にはわりと近いし、周辺には気持ちよい渓谷や、石南花、芝桜の公園もあり、旅行も絡めて訪れると、かなり楽しめるんじゃないかなと思います。
(大村市長さんへのお礼の気持ちも込めて宣伝…^.^)

大会としては、途中のA2での金泉寺で、神主さんから御守り授与なーんてあったら、ランナーとしてはとても嬉しいし話題になりそう。

それから、途中の行程でマーカーリボンがあまりない区間は、道をロストする人が多かったので、もうちょっとマーキングしてほしいです。
試走したことない者にとっては、分かりにくい箇所がかなりありました。

私も、たいした距離ではないけど、一、二度ロストしかけました。



一夜明けて、珍しく前半に二度転んだおかげで(この時点で今日はやっぱり変だなあと感じてたかな)、右手薬指が突き指で、左手甲が打身で腫れ上がってます。

2017042409414143f.jpg

とりあえず、ウルトラ対策として、10時間、登り降りを動き続けるというハードな課題はこなせた、かな。
ジョギさん(  ̄▽ ̄)

本日本当に体ボロボロですー。
さあ、帰るぞ!


続きを読む
スポンサーサイト
Posted at 12:37 | トレラン | COM(14) |