2015.04.07

トレイルの前(青梅高水山レポマイナス1~トレイルネタなし~)

青梅高水山トレイル大会のエントリーよりも前に決まってた、ずーっと以前から、いつかはいつかは…と思いながら、ずるずる先延ばしにしていた大事な先約がありました。


有給とっての木~土曜。


最初で最後かも?な母娘二人旅行。


雨の予報なのに、恐るべし(母の)晴れ女パワー。


   DSC_0758.jpg DSC_0819-EFFECTS.jpg

 DSC_1249.jpg DSC_1181.jpg DSC_1068.jpg

   DSC_1062.jpg DSC_0939.jpg 


生きてるうちに、 まだ元気に歩けるうちに一緒に行きたいなあ~と。


はじめての二人での旅行。 気まずくなったり一色触発もあったりしたけど(たった3日なのに)、行って良かったな。



そっか、おかあさん、前よりこんなに歩けなくなってたんだ。

電話で思っていたけど、やっぱ耳も遠くなってるよね。

え、せっかくの京都なのに、夕飯抜きですか…?そんなに疲れちゃったの。

コーフンしすぎて、2時間しか寝れないってwww。


諸々。

薄々は気づいていたけれど、日頃遠く離れて暮らしているだけに、そしてふたりだけで旅行なんてしたことなかっただけに、

母は思っていたよりも歳を取っていること、改めて気付かされました。


孝行したいときには親はなし。
は母にはしたくないな。


でも、孝行っていうより、いい年になっても未だ面倒かけるって思われたかも?



というのも、気ぜわしく、土曜の夜に東京に戻る途中で、ふと思い立ち、車で東京駅に会いに来た弟夫婦にむりやり自宅近くの商業施設内の旅行代理店まで同行させ、閉店前に駆け込んで、仕事がらみの新幹線と特急電車の予約手続きを依頼するのにギリギリセーフ。

翌日、10時半の予約開始とともに、自力で高水山からスマホスタンバイ体制のつもりでしたが、果たしてトレイル大会中に、ぜったい外せない上司のGW旅行出張のための交通手段確保予約、コンプリート出来なかったら…と、旅行中もずっと気になってました。

代理店でも「GWですからね、保証はできませんよ」といわれましたが、とりあえず自分だけでの予約トライじゃなくて担保がとれて一安心。


呆れられつつ、心配されつつ、母を弟に委ね、帰宅したのが22時半。それから、ようやく旅行の洗濯と高水山の準備を始めました…。



まあ、15分でリタイアなつもりだったので、なんとかなるかと、睡眠時間3時間で、トレラン準備より、八つ橋とワインは忘れてないかを確認しながら翌朝お山に向かいました…。


おかあさん、やっぱりまだまだ親不孝な、心配ばかりかける娘で、ごめんなさい。


こんどは湯布院に行こうね。だから元気にしててね。



続く。


スポンサーサイト

この記事へのコメント
お母様を思う気持ち、よく伝わりました。

そして、久し振りなのに一触即発になるのもよくわかります。親子って遠慮がないですからね。
Posted by san-an at 2015.04.07 20:26 | 編集
san-anさん

(〃∇〃)ありがとうございます

そして。ランキング、welcome back(*´∀`)ノ

ポチポチのかいがあるってもんです
Posted by mizore at 2015.04.08 00:50 | 編集
管理者にだけ表示を許可する