2015.04.30

青空満喫トレイル♪

日曜は朝から快晴。

こんなに良いお天気でのトレイルは本当に久しぶりなので、否が応でもテンションは上がります。

長崎の週末の交通渋滞事情がよくわからなくて、ちょっと早めに市内を出発したら、まったく混まず、1時間半以内で到着。コンビニ駐車場で、1時間弱、コーヒー飲んでまったり過ごす。

都心の大会だと、スタート1時間前はすでにかなりの人で埋まっているし、駐車場なんて満車なのに、いいなあ~。
1時間前だと、まだ人はまばら。駐車場もガラガラ。

特に準備運動タイムもなく、そこは勝手に各々。

スタート30分前から、主催側何名かのごあいさつ(これも短くてよかったです笑)と、いきなり記念品争奪?勝ち抜き大じゃんけん大会。勝ち抜けなかったら、まさかの一から仕切り直し。が数回(笑)。
もう15分もしたら山走るんだよね?な、ゆる~い空気が、なんともいい感じ。

そのあと、これが圧巻でした。

青空のもとでの蛇踊りパフォーマンス。

IMG_20150427_100701 (1) ← バックミュージシャンのおねえさんたち(笑)

銅鑼の音が青空と緑の広場の中で鳴り響くの、良かった~

DSC_1400.jpg DSC_1412.jpg

観れるかな?映像。

DSC_1397-ANIMATION.gif

みんな、クローバーの広場に腰を下ろしてすっかりくつろいで鑑賞し終わると、おもむろに

「スタート1分前です」

のアナウンスに、爆笑^^  どれだけユルイの♪

160人弱の大会。スタートロスはありません。ランナーチップもありません。
リラックスして、行ってきます!

DSC_1388.jpg

しばしの舗装路と林道、思ったより脚は痛くない。でも、すでに息が切れる。
やっぱり、無謀ともいえる参戦。
心肺も脚力も腹筋もぜ~んぶ落ち切っているの、すぐに思い知る。
息が続かない。足が重い。体を支えようとするけどおなかに力が入らない。

以前ならもう少し我慢して頑張れたけど、今回は、悪化させない、ましてや絶対に転んだり捻挫したりして故障の上塗りはしない、と自分に課していたのもあり、割り切って、早々に歩く。制限時間内ゴールを大目的として、歩きまくる。
こんなに徒歩なトレランは初めてです^^;

林道に入る前の登りの坂道で、スタート前にお互い脚を痛めている同士ということで握手を交わした、既に苦行の面相で歩いているNBCのアナウンサーさんに、「がんばりましょー^^」と声をかけ、「あ、抜いていくんですね」という声を背に受け走ったり歩いたりで、進む。

ふだん、あまり水分を要しない体質なのですが、恵まれすぎるくらいの晴天。
エイドのお水、待ち遠しく、ありがたかったです。

森の中を登り、下り、途中のエイドでの、手作りクッキーとはちみつレモンのスペシャルドリンク。息を吹き返します。

ガレ場と岩場、往路は下り。このあたりでは人は既にばらけていて、私の前にはほぼいなくなり、また、なぜか道を譲られ、振り返ると数名の先導者になってしまっています。

わりと、こまめに目印のオレンジのリボンが木の枝に括り付けてありましたが、それでも、このあたりでは目印を見つけきれず、ちょっとコースアウトすると、後ろもみんなついてくる…^^;

「スミマセン!私、間違えたみたいです。どうぞ、なんなら先に行ってください!」

でも、みなさん自信がない人が多いようで

「いえいえ、大丈夫ですよ」

とまあ、ここでもゆるく、殺伐としない。

いったん森を抜け、車道に出て、棚田の上の民家で給食エイド。

tanada.jpg 蓮華畑

えいど ichigo.jpg

エイドに同席した数名の方々と、郷土料理やお菓子やジューシーなイチゴに舌鼓を打ちながら

「もう、ここで終わりたい~」と、暫し去りがたく談笑。

「ここから、一番キツい登りです。頑張ってくださいね」

とスタッフの女性のさわやかな笑顔に見送られ、意を決して出発。

すぐに歩きます。

ここからの登りは、牛歩戦術、というより、10歩歩いたら一息、しか無理。

何度か岩にもたれかかり腰かけつつ、ようやくたどり着いた最終エイドで、

「もう一番ハードなところは超えましたよ!」と言われ、笑顔。

それでも、しばらく郡山山頂に向かうまではやはりツラかった。

帰路の郡山山頂からは念願の湾絶景!頂上でご一緒した女性と。

kooridake.jpg

ここでは、頂上で座っていらしたご夫婦に冷えたコーラを頂く。本当に山のコーラって最高ですね。
大感謝!

ここからは延々下り。

転ばないよう、いつもより慎重にゆっくり走る。けっこう長く感じました。

その後舗道に出て、待ち構えていたスタッフに

「残り1.4kmですよ~」

と言われ、ほっとしてゴールを目指す。

無事、完走!サブフォー♪

kannsousyo.jpg

(19kmですけど何か?笑)

記録賞頂いて、休憩しようと木陰に向かっていたら、スタッフの方が追いかけてきて

「○○さんですよね?遠来賞です。来年もまた来てくださいね!」と手渡されたのは、

遠来賞

パタゴニアのランパン!可愛い!エントリーフィー越え!十分もとは取った!(笑)

そのあと、お母さんたちが握ってくださったおにぎり2個入りパックとけんちん汁、コーラを頂きました。

本当に投資以上のバックがあった大会です。


来年はどうもロングの部ができるらしい。

もうちょっとリハビリして、もっと鍛えて、来年はロングかな?


以上、と~ってもオススメの大会でした。晴れたら、だけど(笑)。

来年誰か一緒にいかがです…?



追記:翌日何食わぬ顔で出勤しました。なので、東京からでも十分週末のみで楽しめます♪
スポンサーサイト

この記事へのコメント
お疲れ様でした。遠来賞おめでとうございます。もし来年,私が行くと・・・?
白龍の龍踊りというと五島町ですかね?白龍と言えば熊本美里町で6月に3,333段の階段を駆け上る「白龍走」という大会があります。(と,どうでもいい情報でした。^^;)
Posted by 鈍足親父 at 2015.04.30 14:49 | 編集
満喫されましたね♪
ランパンかわいいです。
パタゴニアだと、結構なお値段ですよね。
うらやましーー!
Posted by iwatobi at 2015.04.30 20:05 | 編集
親父さま

おお、来年ぜひ~
踊町のことはまったく疎くて^^;白龍は五島町なのですか?
もってこーい、もってこーい!コールも楽しかったですよ!
どうせなら来年はこっこでしょと鯨の潮吹きも呼んでほしいです(ままがわ、いやわがまま)

「白龍走」、実は気になってましたが、さすがに行けないので、kinさんにアピールしてみようかな笑
Posted by mizore at 2015.05.01 09:37 | 編集
iwatobiさん

はい~、満喫しました!
そうそう、結構なお値段!ラッキー♪
来年いかがです?
Posted by mizore at 2015.05.01 09:45 | 編集
管理者にだけ表示を許可する