2015.08.14

最高な北岳登山・3

いえいえ、順調、じゃなかったんだった。
もう忘れてる…
お騒がせなmizoreさんのせいで、皆さんに何度か休憩タイムを取らせてしまいました。


というのも、やってはいけない、初おろしの靴を事前に試さず履いてきてしまった…。

購入するときに試し履きはしたのですが、長距離は歩いていないのと、靴下との相性まで考えが及ばず。

しばらく歩くと、すぐに足底が痛くなりました。そしてだんだん我慢できないくらいに痛みが増してきます。
どうも、靴下が靴の中で滑っているみたい。
滑り止めのある靴下にすればよかった…。

何度か履き直し、持っていた短いソックスとの重ね履きや足首をわざとゆるめて歩いたり、で、騙しだまし進みました。

(コッコ配り・その10)
すかさず、傷パッドの絆創膏を出してくれる。
痛い足底に貼ると幾分痛みを抑えてくれました。

(コッコ配り・その11)
私の度々の靴の履き直しタイムに合わせて、ドラえもんポケットから色々配慮の品々が出てきます…

DSC_2488.jpg




DSC_2287.jpg DSC_2307.jpg


そうそう、書き忘れていましたが、

<コッコミラクル・その1>

前日までの雷注意報や不安定なお天気全部吹き飛ばしての、超快晴。
もうちょっと涼しくてもいいよっていうくらい晴らす晴れ女パワー。



そうこうしながらも、何とか上に上にと登っていき、背の低い松が茂る眺望の良いあたりにたどり着きます。

今回自分で撮った、好きな写真の1枚。
コッコさんが絵本の中の女の子みたいで可愛かった♡

DSC_2310.jpg


<コッコミラクル・その2>

まずはカッコいい雲の道、出現。

DSC_2300.jpg

実は、大の雲好きって知ってたんですかww?
小学生のとき夏休みの自由研究、毎日飽きずに雲を眺めて
雲の観察日記で、市の優秀賞もらったもんね。
そのころはネットで遡って一気に調べる、なんてあたりまえのことできなかったなあ…。



そして、<コッコミラクル・その3>

なんと、サプライズの雷鳥www!!!!!

09髮キ魑・C
(写真提供:山と渓コッコ シツコイ)

「雷鳥はお天気が良すぎると茂みから出てこないから、今日は見れないかなあ」
って聞いていたので、そこまで願うのはぜいたく過ぎよね、と諦めていました。

すーぴーさんが呼んだ説もあり、すごいぞ、このメンバー☆

右手の小太郎山の奥には、とっても、男前な、甲斐駒ヶ岳の姿も。

DSC_2316.jpg DSC_2322.jpg

DSC_2342.jpg

山頂近くは、ちょっぴり紅葉も始まってます。

DSC_2333.jpg

岩の割れ目からたくましく咲く可憐な花。

DSC_2339.jpg


ほどなくして、宿泊する山小屋が見えてきました。
ああ、痛い足底、もうすぐ楽になる~。

DSC_2361.jpg

DSC_2365.jpg

DSC_2366.jpg

宿泊手続きと支払いを済ませ、荷物を小屋に置いたら本日のマストな業務終了。

でも、まだ明るいし、それなら15分くらい下の方に降りて歩いたら、水汲み場がある、ということで、皆でてくてく。
しばらく靴を脱いで休んだこともあって、この時は足底はそんなに痛みませんでした。

水の出が、すごいしょぼくて、500ml/5分くらい。

女性陣はなぜか皆好き好きにがけの斜面に腰かけ、気遣いの達人ぷろさんに全部お任せ。
ぷろさん、ありがとうございました。

この斜面の斜度が、いい感じに急でした。

DSC_2384.jpg
上から見下ろしてる図。かなりな角度です。

その後は小屋前の広場に戻って、夕飯までは待ちに待ったビールタイム!

DSC_2389.jpg

DSC_2388.jpg


ふだんあまりビールは飲まないけど、この時の1杯はすっごく美味しかった!!

そして、(コッコ配り・その12)

バーナーやボンベや鍋や食材や…、出てくる出てくる。
皆の分のこんな荷物までぜーんぶ背負って歩いてくれてたんですね。
あの華奢なからだで。

そして、手早くCocco Padタイム。

DSC_2392_2.jpg DSC_2393.jpg

これまた、山で食べると美味しいんですよね!

(コッコ配り・その13)

コッコさんの手元にある、フォーク兼スプーン、色違いで一人ずつにプレゼント!
参加させてもらった上に、記念品まで…。
これ、絶対これからの山の常備品にします!
私は、大好きな新緑スケルトンカラーをいただきました。



そうしているうちに、ちょっと珍しい現象を体験☆

子どもの時に、科学と学研、で読んだ、ブロッケン現象。
すごーい。おもしろーい。 ってことで、いろんなポージングして遊んでました。

DSC_2397.jpg
下に見えるのはテントの群れ。キノコみたいwww


そして、日の入り。

雲が多くて、空全部が染まるというわけにはいかなかったけれど、
それでもとても綺麗でした。

DSC_2427.jpg DSC_2411.jpg

昼間はあんなに暑かったけれど、この時すでに何枚か長袖を重ね着しても、寒くなってきました。



山の夕飯は早い。朝ごはんも。

私たちのグループは5時でしたが、早い組は4時すぎには夕ご飯。

DSC_2396.jpg

初めての山小屋ごはん。揚げ魚の甘酢煮定食。
となりのテーブルでは、見るからに体格の良い猛者が、おかわりの白飯北岳盛りをワシワシと踏破して注目を浴びていました。

そして、<コッコミラクル・その4>

コッコさん、すごいスピードで完食。。。
ついさっき、ビールに日本酒に焼きそばにつまみに、ずっと飲み食いしてましたよね???
その薄いお腹、細い体のどこに入ったの?人体の不思議。すごい。



おなかもいっぱいになり、あとは、寝るだけ。

横一列のシュラフにもぐりこみ、早い就寝。
寝れるのかな?と思ってたけれど、意外に自分は鈍感タフみたい。
ちょこちょこだけど眠れました。
何度か星空を期待して起き出して小屋の外へ。
9時半と10時半では、雲が多くてあまり見えなかったけれど、1時過ぎに出たときには、満天の星!!

これも、<コッコミラクル・その5>。

雲を吹き飛ばすwww。

写真は撮れませんでしたが、
流れ星もたくさん見て、天の川もしっかり見て、明るい月と無数の星たちに、しばし無言の感動。
あれだけ月が明るくても、ちゃんと星は見えるのですね。

今夜は無理かな?と思っていたのに、ここでもコッコパワー炸裂!
本人は耳栓してスヤスヤwww^^


さあ、首が痛くなってきたし、身体も冷えたし、満足して、3時半の起床まで、しばしおやすみなさい。


へんな坊主親父さん騒動はありましたが…
スポンサーサイト

この記事へのコメント
な、なんか、スーパーコッコ女神みたいな持ち上げられかたで、お恥ずかしい限り…。
山行リーダーとして当然のことをしたまでですよ~!(一部、念力で解決したものもありますが。)
でもでも、心から楽しんでくださった様子が、(ご一緒した当日も感じましたけど)あらためて感じられて、本当に企画者冥利に尽きます。
自分の足で行かないとたどりつけない世界は、不便だけれど本当に素晴らしい世界ですよね。わたしの大好きな山の世界をご紹介でき、mizoreさんのピュアな感性で満喫してくださったみたいで、とても嬉しいです。
また来年も、調子に乗って企画します☆
Posted by コッコ at 2015.08.14 18:36 | 編集
山小屋に着いてからの時間がまた楽しかったですねぇ
チョロチョロの水を汲んでくれてるプロさんには申し訳なかったけど、岩場にの~んびり座って雲の流れを眺めたり
綺麗な花々の写真を撮ったり・・・
今まで登って来た、って言う疲れも、
忘れてしまうくらいでした。
その後のビールも、コッコさんの焼きそばも!
風が段々冷たくなってきて、それでもまだ夕焼まで粘って・・・貴重な時間でしたね。
「星がキレイですよ」って教えてもらって外に出た時の感動ったらなかったなあ
息を呑むって言う表現がぴったりかも。
星ってこーんないっぱいあるんだ、って・・・
アレはやっぱり山じゃないと見られないでしょうね
来年、また見ましょう~
Posted by すーぴー at 2015.08.14 21:50 | 編集
コッコさま(笑)。

ほんとうにありがとうございました!

まさしくスーパーコッコ女神でごさいます。

走らない山だからこそ、細部を味わえる贅沢さ。
でも、余裕をもって歩ける体力&好奇心とある意味サバイバルに耐えれる感覚はないと楽しめないし。

あんなにあれやこれやの配慮のもと、重い荷物を背負って、
皆を楽しませよう喜ばせようとしてくれた心遣い、とっても身に沁みました。

今度は滑らない靴下&靴で挑みますので、またよろしくお願いします♪

Posted by mizore at 2015.08.14 21:52 | 編集
すーぴーさん

ご一緒できて、とても楽しかったです♪
走ってるとさすがに私でもあんなには景色のこと話したり感動を共有したりする時間は取れないけれど、歩くと見えたり感じれる贅沢な楽しみってありますよね。
今度、写真の取り方レクチャーお願いします
毎年お楽しみで山に登れるといいなあ

そちらの方にも紅葉になる前に是非伺わせてください!
改めて、お疲れさま&ありがとうございました。
Posted by mizore at 2015.08.15 07:55 | 編集
管理者にだけ表示を許可する