2016.01.18

mizoreもコーチになる?あっさり用無しf(^_^;

今朝は雪の影響で、早めに出勤したのに遅刻。

家の近くは全く雪はなくて、都内に入ったとたん積雪。
江戸川あたり、線引きだったのかな。
帰宅時、空の上にはオリオンがはっきり見えてました。
晴れてるけど、明日の朝は道路凍結してそう…。
また、電車トラブルあるのかなあ。


さて、にわかコーチ、Aさんみたいに続くかな?と思ったけど、あっさりお役御免…。

シークレットマラニックの翌日、フロストバイトの楽しそうな仮装を見たかったのですが、この日いきなり友人Sの卒検が執り行われることになりました。

もちろん、私は卒検って内容、何も知りません。

そろそろ、ちゃんとタイムや諸々管理してくれそうな人にバトンタッチしなきゃーと思っていたところ、勉強家のYさんが即乗り気。

で、これまでの実力とか話したら、

「もうサブフォー卒検できそうだから、やっちゃおう」

と。

初代コーチとしては、これは付き添わなきゃと、前日30キロマラニック+皇居1周し、日本酒飲み過ぎ、やや二日酔いのダル重ーい脚と、イマイチな胃腸のまま、朝から再び皇居へ。

時計しないのもだけど、ハウツー本も全く読まず、数字の羅列のエクセルデータ表みたいなのや計算式みたいなのが目をかすめるだけで、拒否反応、脳内シャットアウトな私は、ブログ村でよく使われている「卒検」という言葉は気にはなっていましたが、全く理解していませんでした。

つくづく、学ぼうという意志が欠如しています…。

Yさんによると、岩本式卒検とやらでサブフォー達成するには、皇居1周目キロ5.40、2周目キロ5.25、3周目キロ5.10で走ること。そうすれば合格(うろ覚えですが)らしい。

ふーん、そうなんだ、15キロ走るだけで、フルマラソンの目標タイムの合否がわかるのかあ、知らなかった。

で、いつもよりやや緊張気味の友人Sと、Yさん、冷やかし?に来た別の俊足友人と、も少し遅目の女子練のふたり(刺激を受けたいそう)、加えて私の、計6人で、竹橋からスタート。

1周目キロ5.40ジャスト
「これ、いつもの女子練より全然楽~♪」と、後半急にリラックスして喋り始めた友人S。

2周目キロ5.25ジャスト
「やっぱり、これなら、まだ喋れる~♪」

ここで、女子練2名は脱落しましたが、ここまで着いていけると思ってなかったらしく、女子練のおかげー♪と喜んでくれました。

3週目キロ5.10
3周目に入った時点で、卒検クリアは確定と、Yさん判断。
で、キロ5.0に上げることに。

これもクリア。
ずっと後ろから見て走ってましたが、素晴らしくぶれない崩れない綺麗な姿勢。体幹ができてます。

半蔵門越えての下り坂ではキロ4.50を切っていたそうなので、下りきった残り2キロ、Yさん仰せのこのままお試しキロ4.50で。

桜田門越えた辺りで、少し辛そうになりながらも頑張る。

で、残り1キロで、冷やかしに来て並走してた俊足友人が、

「mizoreさん、残り1キロ、上げましょう!」

といきなり、コーチのコーチに豹変。

お気楽とはいえ、初代コーチだったんだから、ここは頑張らなきゃかなあと、重ダルいまま、1キロだけ後を追いました。

結果、キロ4.10でゴール。
1キロしか無理!ヘロヘロー。


友人Sも、ラストキロ4.50で走り切りました。


彼女はおそらく次のフルは3時間50分を切るでしょうとの全員一致の上方修正結論で、プレ祝杯と相成りました!


というわけで、短い就任期間でしたが、友人Sのコーチはお役御免ー。

きっとAさんみたくスピードに目覚めそうで、そうするとあっという間にサブ3.5クリアしちゃって、これからもお喋りしながら走ってくれるかなあー、というのが、コーチとしては目下の懸念。

だって、速く走るためのコーチじゃないから…(^w^)

でも、速くなるのは、みそらさん同様嬉しいので、止めれません。

スポンサーサイト

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する