2017.05.25

野辺山・まずは大会に出るまでの経緯


先ほど仕事の合間にサクッと再診に行ったついでにちょっと立ち寄って、キミ兄さんのおっしゃるところのメッセージを受け渡してきました(笑)。
古本屋さん、柴又までに寛解してますように~。

-------------------------------

野辺山ウルトラ100k。


5年くらい前の私にとっては、存在は知っていたけれど、憧れというか、いや憧れもしない、自分には縁がない、ヘン〇イさんたちの世界というイメージ。

それが2,3年くらい前からは、漠然とながら、これに出ることが自分のランニングの最終目標になってきつつあるのを心のどこかで意識していました。

ひとりでゆるゆる皇居を走っていた頃に、お友達が欲しくて入ってみたランニングサークルの副代表の超絶素敵女子が、兼ねてから周囲に「野辺山いいよ~」と勧めていた大会。

いいよとはいっても、彼女は当然走力もすごくて、雲の上の人。

まだ30代前半ですけど、20代の頃から、ずっと野辺山100k完走しています。

そんな彼女が言う野辺山は、これまた当然雲の上の大会。

皇居2周もできれば十分だった私にとって、野辺山は、理解できないヘン〇イランナーさんたちの行きつく最終地点みたいなところだと思っていました。

そんな中、ある時そのサークルで盛り上がり、ウルトラマラソン出てみよう!ということになり、制限時間が16時間で初心者がチャレンジし易そうで楽しそうだった、「しまなみ海道ウルトラ遠足」にノリでエントリー。

途中、2度熱中症で泡を吹いて倒れながらも、何とか日が沈む前にゴールし、

「ウルトラなんてもう二度と出ない!」

と思いました。

それから数年経った昨年。

100kではないけれど、前年応援に行って見た光景がなんとも不思議で楽しそうだったので、つい再度ウルトラを走ることに。

いわさん、みゃあこさんと一緒に走った、オクム。
しかもチャイナでw

足の痛みを抱えながらも、二人に支えてもらってゴールすることができ、テンションもアゲアゲ(笑)。

アフターで、やはり完走を成し遂げた、自称ウルトラの男さんと、

「よ~し、来年は野辺山だあ~!」

と酔った勢いで盛り上がり、チャレンジを決めました。

大会エントリーは、やはりその場の勢いと縁ですね…(STYもそうだった)^^;

私が漠然と憧れてランニングの最終目標に意識していた野辺山100へのチャレンジの機会は、こんなふうにやってきたのでした。

DSC_8566.jpg


スポンサーサイト

この記事へのコメント
お疲れ様でした
ありがとうございました
完走おめでとうございます
経験値が少ない上での悪条件での完走はすごいです
超絶きもいおっさんランナーですが
丹後いいよ~!(笑)
再考されることをお勧めします(笑)

今後とも宜しくです・・・
Posted by し~やん at 2017.05.25 12:33 | 編集
しーやんさん
こちらこそありがとうございました&お疲れ様でした!
超絶速い紳士ランナーさんからのせっかくのありがたいお誘いですが、もう満腹です!
お腹空いた頃にまた美味しそうな餌で釣ってみてください(^-^;
いやタンゴはないでしょうけど…
Posted by mizore at 2017.05.25 19:44 | 編集
つながってるのねぇ。。。

雲の上のおはなしを目標に定めて、経験積んで調整してタイミング逃さず波にのったyouのチャレンジングな姿勢がスバラシイとおもうの!結果がついてきたんだね。

アンヨ、回復祈願!お大事にしてください。
Posted by かるりーの at 2017.05.26 08:46 | 編集
かるりーのさん

そうなの、繋がったのよねえ

つながりの中にはおそらくかるちゃんも含まれてるはずww

足は、来週には靴履けると思うYO!
Posted by mizore at 2017.05.26 12:23 | 編集
管理者にだけ表示を許可する