FC2ブログ
2018.05.02

STY回想記2

まずは受付を済ませる。

9時前だと、受付も10人待ちくらいで、さほど時間はかからず。

携帯品チェックへの誘導もすんなり。

2016のときは、全部バックパックから出してチェックを受けたけど、

今回は全項目はセルフチェック。

それ以外は、6項目のチェックのみ。

詳細コース地図
エマージェンシーシート
ライト2個と、それぞれの予備バッテリー
水分1リットル
大会本部の緊急連絡先を登録したスマホ
レイン上下(これは袋から出してしっかりチェックされました)

これが終わると、協賛メーカーのブースやテナントを覗きながら、ぶらぶら。

正面には、きれいな富士山。

DSC_1394.jpg

メテオデさんも同じ頃に到着していたようで、連絡いただいた場所に移動して10時前には合流。

レース途中で食べるつもりだったフィナンシェ、崩れてボロボロになっていたので、

食べちゃう。

11時すぎには手荷物預けるというので、梅干しおにぎりも食べちゃう。

サラダチキンも食べちゃう。

結構しっかり食べました。

そうこうしてると、玲依さん合流。

DSC_0005.jpg

途中で着替えるシャツ(臨機応変に選べるよう長袖と半袖を1枚ずつ)と、
補給食予備(カップお味噌汁とかジェルとかブラウニーとか)を託しました。

大会本部に手荷物を預けて、ステージ近くに居ると、ここ特等席だったようで、
ずっと六花さんや鏑木さん、増田明美さんに、三浦雄一郎さんまで間近に!

増田さんには握手してもらっちゃた

DSC_1399.jpg

DSC_1400.jpg

DSC_1409.jpg
グラサンの鏑木さんと、す~さんの旦那さんはそっくりだと思う

このあと、す~さんとも合流できました。

そのうち、今回UTMFのために作られた六花さんの曲の演奏が始まり
DSC_1411.jpg
(出だしが、エンヤを彷彿させると感じたのは私だけじゃないようで)

鏑木さんのメッセージ。
DSC_1412.jpg

感動。
まさしく、仰っていたように、順位とか人と競うとかじゃなく私の今回の参加の目的は、自分へのチャレンジ。

「ここにくるまで、皆さん努力を重ねたでしょう

そのことが、人生において絶対大きな意味を持ちます」

ということばを、聞かせたかった人がいる…^^;

努力は報われるんじゃなくて、
努力することが、意味がある
いつかずっと先に、自分の大事な中身になってるんですよね

日本人じゃない方々は、ちょっと残念だったかなあ。
逐次英語翻訳は、かなり実務的な部分に端折り過ぎてて、
せっかくの鏑木さんのこの素晴らしいメッセージのニュアンスがじゅうぶん伝わってなかったかも…。

そして、いよいよ、スタート!

メテオデさん、す~さんに、じゃ、また!と挨拶して、私はかなり後ろの方へ。
だって、スタート右側に居た鏑木さんとハイタッチしたかったんだもん

DSC_1416_HORIZON.jpg

いってきます!
スポンサーサイト

この記事へのコメント
グラサン鏑木さんそっくりは旦那に言ったら
調子に乗るので本人には絶対言わないでくださいね(笑)
Posted by す~ at 2018.05.03 07:16 | 編集
す~さん
改めてお疲れ様でした!
想定通りのコメント(笑)、肝に命じます(^w^)
Posted by mizore at 2018.05.03 08:19 | 編集
管理者にだけ表示を許可する