2017.05.27

野辺山・装備と前日


今回の装備:

トレランに行くことを思えば、今回はロードだし、大会だし、しかもエイドがとっても充実してる。

重い荷物を100km背負うより、最低限に荷物は減らそうと思い、携帯したのは以下です。
(使用したもののみ青色)

いつもの帰宅ランで使うトレラン用リュック(10L)
500mlスポーツドリンク1本(6割残)
・栄太郎羊羹、大福、前日のホテルのおもてなしお菓子のバウムクーヘン、カロリーメイト固形2本(すべて手つかず)
・タオルハンカチ2枚(1枚使用
・ハンドライト
・エマージェンシーシート
・出走前まで着用していた薄手のナイロンパーカー
塩タブレット(6個)
芍薬甘草湯配合足釣り防止OTC4錠×2
某痛み止め第1類医薬品(2錠)
スマホ
・充電器
折り畳みマイカップ
消毒用ハンドジェル
アネッ〇金の日焼け止め
・ファーストエイドキット
・磁石とホイッスル
・ティッシュ
42k地点の荷物受け取りでチェンジするための、シューズ1足とTシャツ1枚

なんだか一部緊急時のトレランモードです(^^;)

前日は、8時半ころ、フツウに朝ご飯食べて、掃除洗濯済ませて、自宅を車で出発。

都内は高速使わず走ったので、のんびりモード。

途中サービスエリアで、お饅頭食べたりコーヒー飲んだりしながら、お昼ご飯は、通りすがりの美味しそうなこだわりのお蕎麦屋さん。

20170520131117_p.jpg

会場について、前日受付を済ませ、既に始まっていた1回目の説明会を途中から聞きながら、後ろの方にあるブースを物色して、早速ランパンお買い上げ^^;

20170520135558_p.jpg

受付以外では、この日一番の?目標だった、ヤツレンのソフトクリームに舌鼓。
甘さ控えめで濃厚で美味しかったです^^

20170520142559_p.jpg

時間があるので、明日のコースを車で半分逆回りに走って下見してみることに。

20170520161427_p.jpg

逆とはいえ、行っといてよかった…。

後半こんなに坂があるのね、ゴール前も結局ずっとダラダラ長い坂なのねと、思い知り、体力の残し具合とか、意識できました。

夕方には、清里のプチホテルにチェックイン。

ぶらっと散策してから

20170520175217_p.jpg
紫のチューリップ!

20170520173641_p.jpg
メリーゴーランド(乗らなかったけど)!


夕食は、近くのビアレストランで。

20170520175911_p.jpg

20170520182120_p.jpg
飲むんかい!

20170520182148_p.jpg

20170520182613_p.jpg
↑これ見たら当然クラフトビール必須でしょw

まだ飲み足りなくて、コンビニであたりめと缶チューハイ買って、寝る直前までホテルでボクシング見ながらぐびぐび…。

22時ころに就寝。ww

またしても、禁酒できませんでした。

Posted at 11:40 | マラソン | COM(2) |
2017.05.26

野辺山・練習編


そんなこんなで、いざ野辺山100kを意識して何かしら週末に走るイベントを入れるよう、準備しだしたのが、3~4月から。
仕事のごたごたで平日はあまり時間が取れなくなったので、

・ とにかくアップダウンに慣れる
・ 長距離を走る/歩く

このふたつ、特に、アップダウン、山 or 坂を意識して、二か月間、土日はほぼ何かしら出かける。

フルマラソンやハーフマラソンやリレーみたいなスピードは要らない。
たとえゼハゼハするとしても、心肺鍛えるため。



まずは、3月は、新小岩から東松山まで荒川60k(フジヤマさん)。 ← ラストは体が持たず、平坦な川沿いの60キロ程度でこうかと、本番への不安が募る

4月に入って、高水山トレイル30kで、しばらくぶりのトレラン。

帰宅ランは3月に部員さんたちと1回、4月はひとりで2回(うち1回は途中で疲れてやる気失って電車にイン)。

午前中に高尾山ハイキング からの 午後4時間歩きっぱなしで日本酒飲みまくり。

長崎坂道ジョグ。 ← たぶん、斜度15%くらい?

多良の森トレイル39k。 ← これがかなりの刺激入れになりました。

オクムグリーンライン(メテオデさん)30kくらい?

検見川クロカン(Ukeさん)15kくらい。 ← ゆっくりマイペースながら、足に優しいアップダウンが良かった。

箱根外輪ナイトトレイル(いっちさん)50k。 ← 16時間歩き続けれたことで、かなりの自信になりました。

行徳マラニックでほぐしジョグ(かるりーのさん)10kくらい。

オクムトレイル(メテオデさん)23kくらい? ← 雨にも負けず(負けたけど)な精神修行

江戸川ジョグ20kくらい(偶然市川パパさんに遭遇)。


よく詰め込んだ~!(^^;) GWのおかげ & みなさまのおかげ & 家族の理解のおかげ。

これ以外に、無理やり平日週2回くらいは早朝30-45分、近所の坂道を選んでジョグ。

これは坂道耐性&本番での5時からの出走を意識して、身体を時間的に内側から慣れさせるため(お通じとかね)。




今回は、去年のSTYよりも、並々ならぬ卒業気合モードが伝わっていたようで、家族もこれまでになく許容的というか協力的。

それでも、70キロくらいまでは行けるんじゃないかという気はしたものの(特に根拠はありません)、これだけやっても、完走のイメージは湧きませんでした。

ただ、フジヤマさんに言われていた、

「mizoreくんは、完走できる。たぶんよほどのアクシデントがなければ12時間台。
ジョ〇くんは、…、完走できたらスゴイ」

という言葉を脳内に刷り込むようにしていました^^;

2017野辺山完走率
すごっ!

Posted at 12:25 | マラソン | COM(0) |
2017.05.25

野辺山・まずは大会に出るまでの経緯


先ほど仕事の合間にサクッと再診に行ったついでにちょっと立ち寄って、キミ兄さんのおっしゃるところのメッセージを受け渡してきました(笑)。
古本屋さん、柴又までに寛解してますように~。

-------------------------------

野辺山ウルトラ100k。


5年くらい前の私にとっては、存在は知っていたけれど、憧れというか、いや憧れもしない、自分には縁がない、ヘン〇イさんたちの世界というイメージ。

それが2,3年くらい前からは、漠然とながら、これに出ることが自分のランニングの最終目標になってきつつあるのを心のどこかで意識していました。

ひとりでゆるゆる皇居を走っていた頃に、お友達が欲しくて入ってみたランニングサークルの副代表の超絶素敵女子が、兼ねてから周囲に「野辺山いいよ~」と勧めていた大会。

いいよとはいっても、彼女は当然走力もすごくて、雲の上の人。

まだ30代前半ですけど、20代の頃から、ずっと野辺山100k完走しています。

そんな彼女が言う野辺山は、これまた当然雲の上の大会。

皇居2周もできれば十分だった私にとって、野辺山は、理解できないヘン〇イランナーさんたちの行きつく最終地点みたいなところだと思っていました。

そんな中、ある時そのサークルで盛り上がり、ウルトラマラソン出てみよう!ということになり、制限時間が16時間で初心者がチャレンジし易そうで楽しそうだった、「しまなみ海道ウルトラ遠足」にノリでエントリー。

途中、2度熱中症で泡を吹いて倒れながらも、何とか日が沈む前にゴールし、

「ウルトラなんてもう二度と出ない!」

と思いました。

それから数年経った昨年。

100kではないけれど、前年応援に行って見た光景がなんとも不思議で楽しそうだったので、つい再度ウルトラを走ることに。

いわさん、みゃあこさんと一緒に走った、オクム。
しかもチャイナでw

足の痛みを抱えながらも、二人に支えてもらってゴールすることができ、テンションもアゲアゲ(笑)。

アフターで、やはり完走を成し遂げた、自称ウルトラの男さんと、

「よ~し、来年は野辺山だあ~!」

と酔った勢いで盛り上がり、チャレンジを決めました。

大会エントリーは、やはりその場の勢いと縁ですね…(STYもそうだった)^^;

私が漠然と憧れてランニングの最終目標に意識していた野辺山100へのチャレンジの機会は、こんなふうにやってきたのでした。

DSC_8566.jpg



Posted at 12:21 | マラソン | COM(4) |
2017.05.23

野辺山D • N • S!(^▽^)

レポをと思うのですが、体の芯まで疲弊しているのと、仕事面での状況がちょっと大変なのとで、しばし遅れそうです。

サブ14を目標に頑張りましたが、結果は。

DSC_8622.jpg

サブ13♪

最後の10キロ、リバースと戦い、頭がぼーっとしながら、フジヤマさん言うところの「あ、それ、ヤバいっす。燃料切れです」状態で歩いていましたので…。
ちゃんと走れてたらなあ。
やっぱ、体力不足。

もう少ししたら、改めて、レポ書きます。

忘れてしまわないうちに。

応援くださった皆様、本当にありがとうございました!



Posted at 05:58 | マラソン | COM(8) |
2017.05.21

遅報:野辺山ウルトラマラソン


先ほど帰宅しました。
とりあえず、これだけ。

20170521231808388.jpg

嬉しいよおーー(T_T)

もうお腹一杯だよおーー。

たくさんの感謝がありますが、特に、プロさん、デグさん、いっちさん、家族、ボランティアや運営の方々。

私設エイドの応援の方々。

抜きつ抜かれつ、ほぼ同じ顔合わせになってきた後半の周囲のランナーさんたち。

遠くから応援してくれた仲間。

完走できました。!!


祝ウルトラ卒業!

Posted at 23:24 | マラソン | COM(22) |