2016.10.04

STY2016回顧録・5 ゴール後と感謝と反省


太郎坊でのゴール後、暫くしてから、スマホに事務局からSTY大会打ち切りのメッセージが入りました。

そばで、係の人が仰るには、本来のゴールの河口湖大池公園までの臨時バスが来る手配となっているけれど、何時に来るのか、何台来るのかわからない。
なるべく車で来ているサポーターがいれば、その車で下山するよう、そうでない場合は、寒さ対策をして低体温症に気を付けること、との指示。

とりあえず、家族に電話し、状況を伝え、非常に申し訳ないけれど、もう一往復のお迎え出動を要請しました。
さすがに緊急ということは伝わったようで、とりあえず、「分かった、3時間以上かかるけど、これから行くから」との返事。

駐車場に行ったりテントの中をあちこち駆け巡ってフジヤマさんを探し回りましたが、なかなか姿を見つけれない。

反省その1・サポーターの電話番号くらい聞いとくべき(この時間のロスがなければ、下山してタイミングよく路線バスに乗れたかも)。

電話番号を知らないので、指がかじかんで思うように操作できないスマホでメールを入れようとして、向こうから入ってたことにやっと気づく。ようやく合流できました。

感謝その1・既に随分前に応援バスで、太郎坊に到着していたフジヤマさんは、スタート地点同様、周囲を探索していて下っていて、ちょい離れたところまで歩けば、着替えができそうなきれいな個室のトイレがあること、雨宿りもできることをチェック済み!
「替えのシャツありますか?長袖ありますか?とりあえず着替た方が良いです。」と、誘導してくださいました。

おかげで、汗冷えして冷たくなりかけた体、スムーズに長袖のシャツに着替えれて助かりました。

待機テントに戻って、係の人に再度バスはいつ頃来そうか尋ねましたが、やはりわからないとのこと。

感謝&反省その2・太郎坊から一番近い路線バスの停留所と地図、距離、全時刻表を調べてプリントアウトしてきてくださっていました!!
それで見ると、道なりに7~8キロ道路を下って走れば、最寄りのバス停につくはず。もっと速く合流できて、もっとさっさと着替えて、決断をもう少し早くしていれば、ちょうど良いタイミングで乗れたのですが、迷ったりしているうちに、1時間に1本しかないバスは行ってしまいました。

結果として、そこからしばらくはまた雨脚が強くなったので、すでに寒さで唇紫になってがちがち震えてた身としては、乗れるかどうかは半ば賭けでしたから、走らなくて良かったかもしれません。

バスを待ってる間も、チョコレート出してくれたり、干し梅出してくれたり、ストーブのそばに行くよう教えてくれたりいろいろ気遣ってくださいました泣。

DSC_6581.jpg
合羽の似合う男。今更目隠ししなくても良い気もするのですが…

DSC_6592.jpg

DSC_6580.jpg

そうこうしているうちに、雨は小降りになり、「おおー」という声で、テントの外に出てみると、この日に、この秋、初雪が観測されたとのちほどニュースで伝えられてた富士山の姿が。

DSC_6578.jpg

反対側の空には、虹。

DSC_6583.jpg

中止になってから止むもんなあ…。

2時間ほど待ったでしょうか。

ようやくバスが到着するも、一度に乗れる人数には限りがあり、「オーバー60と女性だけ!」との声に、いったんはフジヤマさんと一緒の便まで待とうとしましたが、青ざめ紫色に変色してた^^;私の様子を見たフジヤマさん、「先に乗って降りてください。自分は大丈夫っすから。ちゃんと帰りますから。行ってください!」と。

感謝&反省その3

…真に受け置き去りに。
これ以上残ったほうが迷惑をかけるかもしれない…と、バスに乗ってしまいました。
なんて失礼千万…。

ここまでいろいろして頂いたのにとても申し訳なかったです。

ゴールまでは思った以上に遠くて、19時半過ぎに大池公園着。
お風呂に入りたかったけれど、バスの中で多少暖まることができたのと、あまりに汚れていたので、お風呂に入るのも気が引けたので、テントの更衣室で着替える。
案の定、お風呂に行った先陣が、一般客も利用する時間帯にこのドロドロはさすがに断られた、と言いながらテントに戻ってきました。
ですよね。

着替えてほどなくして、フジヤマさん降りてこないか探しましたがわからず。

家族もちょうど到着。
「渋滞に巻き込まれて、家に帰って、ようやくほっとしたらすぐ迎えに来いだもんなあー」と文句言おうとしたようですが、私の紫色具合に、ヤバい、ほっといたら凍え死んだかもと思ったらしく(大袈裟)、それ以上は言われませんでした。
代わりに、「あれ?お世話になった人は?」
に、
「置き去り」
と答えると、
「!何やってんの!」
と、また怒られそうになる…。

大反省…。

結局、フジヤマさん捕まえられず、大変大変申し訳ございませんでした。

渋滞なく、無事22時台には自宅に帰りました。

-----------------

長々綴ってきましたが、もしも、これからはじめてのロングトレイルに向かおうとする人、それを初めてサポートしようと思う人に、何か参考になればと思い、私の目線で回顧してみました。

そして、さいごにもう一回大感謝。

唯一の写真、最初に撮っておいてくださって、ありがとうございました!

DSC_6574.jpg

次回のトライがあるのか、今は微妙ですが、時間が経つにつれ、確かに貴重な経験をすることができた、参加できて良かったと思っています。

大会を運営し支えたスタッフの皆さんにも心から感謝いたします。

相当荒れたであろうトレイルがとても気になりますが、自然に対し、そこに居させてもらっているという謙虚さと誠実さを常に失わないように、そしてたくさんの人に支えられお世話になって今の自分が居ることを忘れないようにと、再認識した、17キロでしたが、私にはとっても大きくて長い長い大会でした。





フジヤマさん、待っててねー汗



Posted at 19:31 | トレラン | COM(4) |
2016.10.03

STY2016回顧録・4 ようやくスタートそして一気にゴール


まずは、motoさん、makiさん、ふぅちゃん、ヒサシさん、関東・東のほう30km走ご参加の皆さん、昨日はありがとうございました!!
長らくロードをフルモードで走ってない今の自分のカラダの具合を確かめられて、意義ある、かつとっても楽しいイベントでした。
たくさんの配慮に大感謝!!
オバサン故、筋肉痛は明日以降のようで、元気です(^∇^)ノ
ヒサシさん、仕切り直しの30キロ走、震えて付き合いますよ(笑)。

---------------------------------------

たぶん、ここが一番記さなきゃならない核心のレポなのでしょうが、GPS時計はないし、写真もないし、無我夢中というか、必死で第一エイドまで向かったので、あまり記憶が定かでないのです^^;

とりあえず、最初の3キロは走れるだけ走れ!と前々から言われていました。
当日、偶然ばったりひっさしぶりに会ったお友達(UTMF→野宿からのSTY参戦すごい女子)からも、そこは走っといた方が良い、とダメ押しのアドバイス貰ったのですが、このスタート時の天候。

テンションだだ下がってたので、もういいや~と、スタートの整列もほぼ最後尾近くから。

でも、とりあえず少しだけ気持ちを持ち直して、この部分だけは、少し周囲を抜いて前に進みました。

聞いていた、走れる歩道というか林道の3kmだけは、せっかく長々坂練してきたんだから、歩かない、と決めて、ゆっくりだけど走りました(まだここは走れた)。

実は、数週間前に行った北アルプスの前日飲みの席で、ネコさんと話したとき、
「坂道は、登りは、リズムだよ」
って言われて、あ、そうだなって思えて、それ以来、遅いなら遅いなりのリズムを意識してから、坂道を歩かずに走れるようになったんです(箱根もそう)。
改めてネコさんに感謝。

ほんとここで走っといて、スタート整列時より前に行けてよかった。
あとで、その後だろうあの動画を見たら…。

山道に入ってからは、ほとんど走れませんでした。

渋滞はもちろん、地面が走れる状況じゃない。

チョコレートフォンデュというか、ずんだ餅というか、重さで靴を置いてかれそうになるのを何とかドロドロから引っこ抜きながら進みました。

片足2kgの重りを付けてのトレーニングみたいな感じ。
周囲に多い短パン生脚の女性陣、楽なのか大変なのか微妙…。
大会後数日は右ひざの後ろの腱が伸びたような違和感がありました。

確か川はないはずだけど、途中はまさに川の流れになっちゃってる道を登ります。
出走前に、なるべく靴の中まで濡らしたくないって思ってたのは、何の意味もなかった…。

ロープのある下りでは、とりあえず一歩足をつくと、ズボッと足首の上まで泥にはまる。

もうこれは、ランレースじゃなくて、訓練というか修行というかアドベンチャー。

どこまで行けるんだろう、太郎坊ってまだなの?やけに長い。

太郎坊の後は、須走、そしてきらら。

そこまで行けるんだろうか。

いや、そこまでは行かなきゃでしょ。行けるんだろうかじゃなくて。

その先は、こんな状況じゃ絶対無理だな。

いろいろぐるぐる考えながら、珍しく誰にも話しかける余裕もなく、無言で進みました。

オールスポーツの写真、全部うつむいていてたのは初めて^^;

もう疲れた、ちょっと休もう。背後からハアハア聞こえる洗い息遣いの人に、先行ってくださいって立ち止まろう、と度々振り返ると、その都度背後にずらっと続く一列が見える。

避けようにも、一歩ずれてやり過ごす安全な場所がないし、パスしても、列に戻れなさそうなくらい続いてる。

これは先に行くしかない…泣。

そんな、自分勝手なストレスを感じながら、一向に止まない雷鳴を耳にしながら、所詮その辺のお気楽ジョガー、覚悟が足りねーよと自分に毒づきつつ足を引きずって進みました。

疑心暗鬼ながらも、進めばいつか天気は回復するんじゃ?との気持ちもあったので、UTMFの無念や、応援してくれてるひとたちのことやサポーターや家族を思うと、何とか行けるとこまで行かなきゃだよね…と、30秒ごとに折れそうになる弱いココロに言い聞かせる。

当然、飲料はほぼ口つけず、塩タブレットも含めて食べ物は一切手つけず、フツウの時計(笑)やスマホは一度も見ることもなく、前方から「sweeper」のゼッケンつけた人がやってきて、「もうすぐ太郎坊ですよ~、あ、ダイジョーブ、まだsweepしません(笑)」と言われるまで、緊張の糸がピンと張りまくってました。

太郎坊に向かう最後の砂状の登りで、初めて隣にいた男性と談笑。

まだ、この時は、打ち切りになった(る?)こと知らなくて、「とりあえず頑張って、きららまで行きたいんです。」って話してましたww。

登り切って走り出した太郎坊の駐車場で、フジヤマさん見つけて、むっちゃホッとしました。

第一エイドで会えた! 最低限のやらねばならないの、まず越えたって思った。

そのまま、あれ?大袈裟だな、第一エイドで、こんなに拍手で迎えられるの?って思ったら、「ここまでで~す。大会打ち切りです!」と告げられ、申し訳ないけれど、心底、ホッとしました…。

すぐ横にいる女性と目が合って、「残念ですね。仕方ないですね。」と言われ、思わず「そうなんですか??」と聞き返したぐらい…。

ここで、(ちゃんとした)時計を持たないフツウのおばさんの、分不相応なチャレンジは終わりました。


フジヤマさん待ってるって思いながらも、とりあえず、暖かいスープやおそばを頂く。


一息ついて、フジヤマさんの姿を探し始めて、このあと、もう一度深く感謝する&反省するくだりが待ち受けていたのでした。

次ラスト。







Posted at 21:59 | トレラン | COM(4) |
2016.10.02

STY2016回顧録・3 フジヤマ称賛編


レポなかなか先に進みませんが、記憶も薄れていく…

---------------------------------------

当日朝は6時に車で自宅を出発。

シルバーウィーク後半、途中若干渋滞があるも、生憎のお天気なので、そこまで酷く混むことはなく、9時過ぎにはスタート会場の、こどもの国に到着。

駐車場に止めるでもなく、ありがとうの一言で降車し、帰路に向かう家族に、感謝…。

聞かれもしないのに、今年の春、
「誕生日プレゼントに、是非お願いしたいものっていうか、こと、があるんですけど」
と、交渉したのは、誕生日の翌日早朝に車で送ってもらうこと、でした。


とりあえず、エントリーを済ませると、すぐに手荷物チェックに誘導される。

UTMFとか人数が多ければ必要なのでしょうが、そもそもほとんど人が並んでないのにグルグルグルグル、ロープ張った並び場を歩きながら、グルグル苦手人としては、この時点で、ため息。

手荷物検査では、特に命や安全に関わる必携品は殆どチェックされました。

ライトを3個持ってたこと(どんだけ夜が怖い)、雨具のシームレスの有無を訊かれ、「お店の人にSTYのHP見てチェックしたから大丈夫って言われたの買いました」と答えたことに、「頑張って帰ってきてくださいね」と失笑される…。

だって、フツウの人が初めて参加するんだから。

それだけ終えると、暇になり手持無沙汰。

ほどなくして、サポーターをお願いしたフジヤマさん発見。
これまで見たことない大き目のリュックを背負ってくださっていて、そこに、お願いしていた私の替えのシューズ、靴下、自分でも持ってるけど、万が一の電池予備、を追加して入れて頂きました。

この時点では、まだ雨は降っていませんでした。

そうこうしてると、雨が降ってきたので、私より先に会場に到着し、予め周囲をチェックしておいてくださったフジヤマさんの誘導で、屋根のあるバス停へ避難。すぐそばには、きれいなトイレもあり。

ナイスサポート!!

20161002211929a07.jpg

そこで待っているうちに、どんどん雨はひどくなり、雷もゴロゴロ。

こどもの国の園内アナウンスでは、雷のためアトラクションが運休。来園者は注意するよう指示。

こんななか、スタートはないよね、きっと前日同様、少し開始は遅れるよねと、思ってました。

それでも、中止や遅延の連絡もなく、屋根ありのバス停にもかかわらず、足元は既にシューズが水没の危機。

すべて書けないのですが、この待機中に、ドラえもんポケットのようにリュックから色んなものを出してくださったフジヤマさん。

できる男です。

「雨具着た方がいいですかね?」

「良いです!!」

で、雨具を身に着ける。

結局、スタート地点に移動したのは、開始前7、8分になってから。

その間も、ずっと横で傘さしてくださいました。

あまりの天候の状況に、弱音が出ます。

「もし、会うところまでまで行けなかったらごめんなさい。」

そこは、にっこり、

「最初のエイドで待ってますから」

もう、太郎坊までは、絶対行かなきゃと、腹を括れました。

カウントダウンし、スタートの号砲が鳴ると、「行ってきます!」と出発しました。

鏑木さんのパタゴニア見ながらなので、ここまで。
長いな続く。







Posted at 21:30 | トレラン | COM(0) |
2016.09.29

みそらさんおめでとう☆ STY2016回顧録・2(カラダの準備)


STYを意識して参加したイベントの数々。
既に多少記憶が失われていて、改めて振り返ってみたら、一昨日書いたイベントの前後に、他にもいろいろありました^^;

【4月】

まずは、メテオデさん企画の飯能トレイル試走でした。
去年の秋冬辺りから、メテオデさんには、お山のあれこれをいっぱい教えて頂いて、ご一緒させて頂くことも多くて、大変お世話になりました。

その次が養老渓谷菜の花マラニック。

その次が、ぼっちで南高尾山練。ぼっち関東の山でびゅう。

さらに、長崎、多良の森トレイル。雨のトレイルの良い練習になりました。
まあ、走れるレベルの雨でしたが…
kinさん、遠路お付き合いありがとうございました。

帰宅部もあり。


【5月】

ぼっち飯能アルプストレイル試走。方向音痴確認しました。

帰宅部。
もう完全に「ラン」が外れてる…

飯能アルプストレイル本番。
ここで日があるうちに完走できて、最後のロードはちゃんと走れたのは、かなり自信になりました。

そして、いよいよ徹夜練の、山手線オールナイト一周。

ちゃんと起きて1周できるのか、足の痛みも持つのか不安でしたが、意外と非日常的なことをやるとアドレナリン出て大丈夫なんだということを確認できました。
このときはあまりの都会の明るさにライトは不要。


【6月】

そして、奥武蔵ウルトラマラソン。
みゃあこさん、いわさんにめいっぱいお世話になり、完走できました。つくづく走って良かった。
ただ、これまで騙しだまし酷使してきた脚。ここで、シンスプリントを決定的なものにさせちゃいました。

ここからは、走れないので、歩くリハビリトレーニングがしばらく続きました。


【7月】

徹夜第二弾・riverさんに先導いただいた、雲取山ナイトトレイル(まったく走らない)。
ひとつ段階が上がって、徹夜で山を歩き続けることにトライ。ナイトトレイルも初めて。
このために、ゆるりんさんにご相談して、ライトも購入。
雨の真っ暗な夜の山を初めて経験し、ここで、私は何が一番不安なのか、具体性を持って見えてきました。
徹夜で山を歩く体力は、大丈夫。
STYの自分の中での一番の不安は、恐らく夜の山の足元。怖い。

そして、ぼちぼち、数十分程度のゆるジョグ再開。キロ6~7を死守しました。

いっちさん主催の、箱根外輪ハイキング。
笹漕ぎを経験し、夏の箱根の山の中はこんな感じなんだと知りました。9月はまだ植物元気に生い茂ってるだろうから、肌の露出は控えよう。

帰宅部


【8月】

す~さん主催の天子山塊付近一部縦走トレッキング
またも徹夜明けで、UTMFのコースを一部初体験。
大半は歩き。結構道に迷う。ひとりになったら方向音痴炸裂しそうで、夜は怖い…。

長崎・八郎岳ハイキング

はんぺいたさんプレゼンツ長崎坂道マラニック&坂道ジョギング三昧
ああ、長崎よかところ。
嫌でも坂が付いてくる。

帰宅部

雨のぼっち高尾山2往復

Ukeさん主催の東大検見川運動場クロカン練
緑が綺麗な、アップダウン豊富なコースでした。
ゆっくりでいいなら、次回も参加したいです。
もう少し粘って周回重ねたい。


【9月】

ものすごく楽しみにしていた、のべさんマイコース・北アルプス、前日大天井岳修行と当日唐松岳登山。
大感動の景色。やはり、山は晴れた日中が一番。
朝焼けと夕焼けもあるとモアベター!
長い時間、高い山を歩き続けることもクリア。

ここまで、殆ど走らず山行を続けれたのは本当にありがたかったです。故障を悪化させずに済みました。
一人じゃ絶対できないことだし。

帰宅部

カミさん主催箱根ラン
ドタ参させて頂きありがとうございました。とりあえず、ゆっくりだけど後半は歩かず芦ノ湖まで走りきれたので良かった!

そして、いよいよ、最終段階。
本番2週前に、初めてのSTY後半部分の試走。
夏の間、山はほぼ歩きだったので、久々半分以上は走れました。
またまた、す~さんご夫妻に思いっきりお世話になりました。
エルマーの冒険調べました?(笑)

本番1週間前は、ランのことや山のことは全く知らない、関心が無い、家族につき合って(当日は会場まで運転手してもらうし)、北海道旅行。
腹括りのメンタル&フィジカルリラックス仕上げ。
この旅行で、朝御飯食べ過ぎに注意!と学習…(^-^;。

あ、そういえば、9月は色々症状が出て、まさかの内科系の検査三昧。

ちょっとしたオペも済ませてたりして、STY前日(しかもMY BD)に検査結果を聞かされるという、なんともガッチガチなスケジュール。
とりあえず、出走できそうと判断できたので一安心



という、綿密な??(´∀`*;)ゞイベント三昧に加え、日々のジョギングは(フルマラソン走ってた頃と比べると、明らかに、ランではなく、ジョグのペースです)坂道を少しでも盛り込むコース。

たとえ30分間だけのジョグでも、平坦だけのコースは極力避けました。

早朝ジョグにも何度かお付き合いいただきました。

故障中は、ウォーキング一筋。

一日15000歩を目標に歩きました。

そうそう、けっこう小心者なところがある自分に我ながら苦笑ものだけど、ロード30キロ走しとかないとって、急に不安になり、本番前の北海道旅行に出かける前日の金曜夜に急遽決行。キロ6弱でコンプリートできたけど、帰宅すると、何やってんだ、朝イチの飛行機だぞ、荷造りは?って呆れられる…(^-^;。


できることはやったし、20時間の山行に耐えれる体力・持久力は付いた気がする。

怖いのは夜の山道。もうこれは、仕方ない。

これで、当日を迎えることになりました。

このときは、雨とか雷とかは想定外でした。

とうとう最後まで、GPSウォッチは持ちませんでした…


いちお、手抜きだけど家事と仕事もやりましたよ…たぶん


Posted at 18:30 | トレラン | COM(0) |
2016.09.27

STY2016回顧録・1


遅ればせながら、初めて参加したSTY、経時的に、少しずつ記していこうと思います。

たぶん、回数多くなります。

今回は、STY参加することになった経緯と、そのための練習プランの触り。

私らしい、アバウトでゆるい、それはそれで斬新な?自分向きの練習プランだと思います。

-------------------------------

そもそも、山は明るいうちに下山、が、鉄則だとず~っと信じていました。

なので、ハセツネとかSTYとかUTMFとか信越五岳とか、夜に山を走るってすご過ぎ、別世界のことだと思ってきました。

でも、ふと見回せば、別世界のはずな空間についてフツウに語る人たちが、何人も周囲に居て、

「だいじょうぶだよ~」

「サポートするから~」

しきりに壺を売ってくる。

「とりあえず、STY出る資格はあるんだから、それに抽選なんだし、まずはエントリーだけはしてみたら」

「昼からスタートのレースだし、前泊しなくても、車で一緒に乗せて行ってあげる」

「富士山の景色は素晴らしいよ~」

だんだん洗脳されていく…。

気付けば、エントリーしちゃっていて、誘ってくれた、壺売ってくれた人は抽選落ち。焦りました。

倍率高くて、走りたかったのに走れない、なのに出走権を放棄するの?的なプレッシャーを一方的に感じる。

うーんうーん、かなり悩んで考え抜きました。
出るからには完走したい。
私なんかがそんな途方もない距離の夜の山を走れるのかしら?
怖いし。

でも、チャレンジは先延ばしにすればするほど、体力的にハードルは高くなる。それに今が一番自由が効くときかもしれない。
いつか、という言葉は、もうそんなに使えないかも。

やってみようと思ったことはやった方が良い!

という結論に達しました。

腹を括りさえすれば、あとは前に進む性分。

フツウのおばさんのチャレンジには、タイトなスケジューリングよりも、地道に確実に、かつ楽しみながら、しっかり持久力と体力をつける半年スパンの自分なりのトレーニングメニューにしよう。

順番としては

1.坂道や峠や山に慣れる
2.徹夜で動くことに耐えれる
3.徹夜で山を動くことに耐えれる
4.高い山を長時間動き続ける
5.試走する

あれ?改めて書いてみたら、1~5まで、全部ご一緒した人がいる。確か、転勤が決まったとか…(^w^)。

そして、これらのベースとして、スピードはいらないから、いつでも(暑くても寒くても朝でも昼でも夜でも)ロードは2~3時間は走れるようにしておく。

という、目標をたてました。

結果、いろんなイベントに首を突っ込んで、自分なりにひとりじゃなかなか出来ないことの人体実験。

ここからは、ほぼ、お世話になったブログ村の皆さんのありがたいイベント紹介(^-^;

STYに向けた一番目のイベント練習は、キミ兄さんの菜の花養老渓谷マラニック。

適度な長距離アップダウンの坂道。足を痛めていたけれど、ここはリクルートしたい人がいる(笑)。

この場で、サポーターを打診したのでしたww

そして、2番目の徹夜に慣れる、ための練習は、まさかのたかしさんの、オールナイト山手線でした。
山のロング走のためのトレーニングなつもりで参加するようなヒトは、私くらいでしょうね…(^-^;

続く

Posted at 18:30 | トレラン | COM(2) |