2016.09.27

STY2016回顧録・1


遅ればせながら、初めて参加したSTY、経時的に、少しずつ記していこうと思います。

たぶん、回数多くなります。

今回は、STY参加することになった経緯と、そのための練習プランの触り。

私らしい、アバウトでゆるい、それはそれで斬新な?自分向きの練習プランだと思います。

-------------------------------

そもそも、山は明るいうちに下山、が、鉄則だとず~っと信じていました。

なので、ハセツネとかSTYとかUTMFとか信越五岳とか、夜に山を走るってすご過ぎ、別世界のことだと思ってきました。

でも、ふと見回せば、別世界のはずな空間についてフツウに語る人たちが、何人も周囲に居て、

「だいじょうぶだよ~」

「サポートするから~」

しきりに壺を売ってくる。

「とりあえず、STY出る資格はあるんだから、それに抽選なんだし、まずはエントリーだけはしてみたら」

「昼からスタートのレースだし、前泊しなくても、車で一緒に乗せて行ってあげる」

「富士山の景色は素晴らしいよ~」

だんだん洗脳されていく…。

気付けば、エントリーしちゃっていて、誘ってくれた、壺売ってくれた人は抽選落ち。焦りました。

倍率高くて、走りたかったのに走れない、なのに出走権を放棄するの?的なプレッシャーを一方的に感じる。

うーんうーん、かなり悩んで考え抜きました。
出るからには完走したい。
私なんかがそんな途方もない距離の夜の山を走れるのかしら?
怖いし。

でも、チャレンジは先延ばしにすればするほど、体力的にハードルは高くなる。それに今が一番自由が効くときかもしれない。
いつか、という言葉は、もうそんなに使えないかも。

やってみようと思ったことはやった方が良い!

という結論に達しました。

腹を括りさえすれば、あとは前に進む性分。

フツウのおばさんのチャレンジには、タイトなスケジューリングよりも、地道に確実に、かつ楽しみながら、しっかり持久力と体力をつける半年スパンの自分なりのトレーニングメニューにしよう。

順番としては

1.坂道や峠や山に慣れる
2.徹夜で動くことに耐えれる
3.徹夜で山を動くことに耐えれる
4.高い山を長時間動き続ける
5.試走する

あれ?改めて書いてみたら、1~5まで、全部ご一緒した人がいる。確か、転勤が決まったとか…(^w^)。

そして、これらのベースとして、スピードはいらないから、いつでも(暑くても寒くても朝でも昼でも夜でも)ロードは2~3時間は走れるようにしておく。

という、目標をたてました。

結果、いろんなイベントに首を突っ込んで、自分なりにひとりじゃなかなか出来ないことの人体実験。

ここからは、ほぼ、お世話になったブログ村の皆さんのありがたいイベント紹介(^-^;

STYに向けた一番目のイベント練習は、キミ兄さんの菜の花養老渓谷マラニック。

適度な長距離アップダウンの坂道。足を痛めていたけれど、ここはリクルートしたい人がいる(笑)。

この場で、サポーターを打診したのでしたww

そして、2番目の徹夜に慣れる、ための練習は、まさかのたかしさんの、オールナイト山手線でした。
山のロング走のためのトレーニングなつもりで参加するようなヒトは、私くらいでしょうね…(^-^;

続く

Posted at 18:30 | トレラン | COM(2) |
2016.09.25

取り急ぎ感謝


昨日は、甘えてかるりーのさんにブログ代筆ご報告丸投げしてしまいました。
斬新な企画ですよね…?
かるりーのさん、ありがとう!!

元気は元気なのですが、ココロ的に、すこしゆっくりしたくて、まだ詳細書けませんが、取り急ぎ、感謝の念だけは表明したくて。

フジヤマさん。

痒い所すべてに手が届く、最初から最後まで完璧なサポート、ほんとにほんとにありがとうございました。

菜の花のころ、キミ兄さんの養老渓谷嘘つきマラニックwで、サポーター打診してから昨日まで、不安が少なかったのは、頑張れば行くところフジヤマさんが居て、「ダイジョーブっすよ~。行けますって~。」って言ってくれると思っていたから。
それが最後の心のよりどころというか、安心材料でした。

結局、そのことばを聞くことは一回もないまま終了しましたが(笑)、それ以上に手厚いケア体制に心から感動し、御礼申し上げます。

家族も、「是非お礼の宴を催して差し上げるよう」との、非常に珍しいコメントですので、パクチー抜きの感謝&反省会をさせてくださいね。

そして、いろんな試走や、イベントやに参加させてくださった皆様、部員の皆様、携帯品のアドバイスをくださった皆様、前日もこれまでも遠くからもいっぱい応援メッセージくださった皆様、スペシャルサンクスです。
すべて、フツーのおばちゃんのチャレンジの背中を押してくださいました。
湘南藤沢マラソンTシャツと、競馬ランのゼッケンベルト、つくばマラソンの点滅ライト着用の、フツウ感は死守しました。

途中、ふくらはぎまで泥に浸かりながら、皆さんのおかげでここにいるんだ、やめるわけにはいかないと言い聞かせながら前に進むことができました。

結局太郎坊までの17キロで終了でしたが、私のレベルでは、所詮この状況下では夜中の杓子を登ることは到底不可能な限界の体力でした。


もうちょっとしたら、ちゃんとレポします(北アルプスも)。


いーっぱい支えらえてきて、挑戦できたんだなとつくづく感じました。

本当にありがとうございました!


Posted at 19:02 | トレラン | COM(8) |
2016.08.29

ぼっちトレイル練習 ~懲りずに高尾山~


日曜日は、本来、お知り合いのオーバー60の女性から頼まれ、白いお馬さんにお連れする予定でしたが、生憎のお天気となり、急遽キャンセル

レース本番は雨だってありだし。

せっかく緩めの山行きの準備もしていたことだし。

じゃ、唯一、家族から一人で行くことの了解を得ている高尾山に行ってこよう!と、朝から眠い目をこすりつつ出かけました。

帰宅ラン明けの寝不足は、長い電車の道中で解消~。

今年は、よく来てるなあ、ここ。

takao1.jpg

今回は、最初から、さくっと短時間、と決めていたので、奥高尾に行くことはせず、高尾山頂どまりにするつもりで出発。

このところ、走れる山道、ということで、往路は6号路か、稲荷山コースか、南高尾コースを選ぶことが多かった。
どうせ雨で景観も望めないし、ここは急坂(また坂…)練、きゃあまぐる坂と比較してみようと、往路には、久々、1号路を選択。

takao3.jpg takao2.jpg

やっぱ、ここ、かなり急だなあ。▽溝だし。
斜度こそ、きゃあまぐる坂には、ちょっと負けてるけど、距離が長い!

雨だし、人も少ないので、迷惑をかけることもないから、走りたくなったら走ればいいや、とは思ったものの、やっぱ、無理、この坂。

早歩きの練習にさっさと切替え、全く走ることもなく、何故か他のハイカーさん同様、傘をさして歩いてました^^;

歩きでも、息は切れるし、汗だく。

人気のない(まだオープン前の時間だし、雨だし、気温も低かったし)、ビアマウント。

takao4.jpg

9時半には頂上に。

takao6.jpg
うーん、閑散…。

少し休憩して、さっさと降りる。

いつもと違う道、と思ったので、下りは吊り橋がウリの4号路を選択。

takao7.jpg

takao8.jpg

ほとんど誰にも会いません。

1号路の中腹に合流したあと、ちらりと横を見ると3号路。
急遽こちらを選択し、再度頂上に登ることに。

takao9.jpg

二度目の頂上では雨はさらに強くなってました。

takao10.jpg

おとなしく下るつもりで、1号路を降りていたら、やはり途中でこちらの看板に引き寄せられ、

takao11.jpg

今度は滝修業がウリの2号路で降りることに。

takao12.jpg

何人か滝に打たれに来ていらっしゃいました。

1,2,3,4と攻めたから、こうなれば5と6も行くか?と、もう一度登ろうかとも思ったのですが、雨はひどくなるし、家族には2時くらいには帰ると言ってきたので、さっさと諦めて、お風呂にのんびり入って帰宅。

ひとりだと、ゆ~っくりのんびりお風呂で過ごせるの、良いですね^^



ここまでで、先週のランは

月曜日 長崎で坂マラニック19km
火曜日 長崎で朝坂ジョグ13km
水曜日 夜にご近所6km強
木曜日 夜にご近所10km弱
金曜日 帰宅ランで、休憩挟んでトータル20キロ弱
土曜日 距離はよくわかんないけど、1~4号路高尾山歩いたり走ったりで2万歩くらい。

なんだか、今月、内容は別として、自分的に相当な距離になりそうな予感。

さあ、忘れる前に、やっとデビューできたウクレレ演奏会鑑賞クロカンのことも書かなきゃ。



Posted at 12:44 | トレラン | COM(2) |
2016.08.02

ぼっちトレイル練習 ~高尾山・陣馬山・南高尾丘陵 復路~


今回の高尾山口駅までの復路に選んだ小仏城山から南高尾に回るこのコース、見事に人っ子一人居ません(笑)。

大垂水峠近くまで下りて来たら、ようやく一組のハイキングのご夫婦をパスし、通りざまに

「こっちは空いてますね~」

と声をかけると、

「そうなんですよ。ゆっくり歩けて良いですよ。」

とのお返事。

ほんのちょっと外れただけなのに、渋滞、喧騒の城山や高尾が嘘みたい。

ほどなくして、見覚えのある道路。

30-16.jpg

さあ、あと1,2時間したらゴールかな…。

でも、水分(しかも、塩分のない烏龍茶)があと300mlくらいしかない。大丈夫かな。

とりあえず、走ったり歩いたりで、大洞山に到着。

30-17.jpg

これを過ぎたあたりから、足がさらに重く、鼻先と手の先がジンジン痺れ、胃がむかむかし始めました。

やばい、休憩して水分摂らなきゃ。

食べ物は半分以上手つかずで、あるけど、水分がほとんどないから、食べる気はしない…。

中沢山~泰光寺山間にある展望台のベンチに腰掛け、くっきり鮮やかに広がる津久井湖と丹沢系列の山々の眺望に、ここっていつもガスってて、見えないことが多いのに最高だよね~、それどころじゃなくジンジンしてるけど。と、しばし休憩。

30-18.jpg

隣にいたおじいさんと10分ほどよもやま話をしている間に、ようやく痺れが治まり、落ち着いてきました。

「もうちょっと行ったところに、駐車場に降りる分岐があるから、15分ほど歩けば自販機があるよ。」
「ここから、高尾山口まで水分ほとんどないのは無理だから、必ず寄りなさい。」

と、念を押され、そうしようと思いながら、先に進みました。

でも、分岐点が分からなかった…泣。

取りあえず、見覚えのある山の名前の標識と、そこまでの距離を見ながら、残り僅かな水分をちょっとずつ口に含みながら進みました。

しばらくして、小さい子供たちと親の50人以上のこれからキャンプなのかな?な大集団に追いつく。

元気な時なら、トレイルの人にはありがたい、

「止まって~。先に行ってもらって~。」

との掛け声に、

「ありがとうございます」

と、止まるに止まれず、フラフラしながら、しかも草戸峠の、大地沢青少年センター方面と長尾・高尾山口方面への分岐の看板が集団で隠れ確認できず、彼らが向かおうとしている方向(青少年センター)を勧められるがままに先に進む。←大失敗。

あれ?あれ?

見覚えない道?こんなに急に降りたっけ?

と思いつつも、朦朧としているからかな、でもきっともうあと20分くらいでゴールするはず。

あと20分なら、もう大丈夫!

と、降りきったところは、全く見覚えのない大地沢青少年センター方面と大戸方面への分岐の道路。

どう考えても、草戸峠の分岐で進路を誤った。道路をぐるりと回るのは土地勘がないし、どれくらい時間を要するのかわからない。
急だけど峠をまた登ってやり直したほうが速い。

不審げな顔のさっきの大集団とすれ違いつつ、一歩一歩よろよろしながら登り、ロストした現場に戻りました。

しばらく、痺れが落ち着くのを待って、「高尾山口駅」の標識を確認して、再出発。

14時を回り、全く人に会いません。

気力のほうが、限界になってきたころ、ようやく前方にトレッキングの男性がひとり。

意を決して

「すみません。熱中症ギリギリなんですが、水がなくて。少し分けて頂けませんか。」

と、声をかけました。

イヤホンしていた男性は、いきなりヨロヨロおばさんから声かけられ、驚いたものの、少し水分を分けてくださいました。

またちょうどラッキーなことに、山中最後の遭遇者となったトレランの二人組が現れ、「スミマセン、この方が熱中症気味らしく、水分が無いそうなんですが、余分にお持ちじゃないですか?」と、イヤホン男性が声をかけてくださいました。

女性から「私もう要らないから」と、ペットボトルに半分残ったスポーツ飲料をそのまま頂きました。

しかも、「じゃあなたの空のペットと交換ね」と、不要なペットを回収してくれるという…泣)

「たぶん、その様子だと、1時間とは言わないけど、駅まで30分以上要すると思うから、少し休んで行きなさいね」

と、三名に諭され、うんうん!頷き、精いっぱいお礼をお伝えし、見送りました。

でも、誰も来ない道にじっとしているのも、だんだん帰りの時間が気になってきたので、水分で多少楽になってから、痺れは残るものの、ぼちぼち歩き始めました。

5分ほど行くと、あれ?さっきのイヤホン男性が。

「いや、行き倒れてたらと気になって、どうせあと30分くらいなら、一緒に歩いて降りようかと」

待っていてくださいました泣泣。

山の人たちは、ほんと優しい…。

そこからは、見も知らぬ人と、世間話や山の話、反抗期の中学生のお嬢さんと父親はどう接するべきかについてなど(笑)、語り合いながらおかげで途中で痺れもなくなり、無事40分ほどかけて下山することができました。

名前も何もお聞きできませんでしたが、ここでお礼を言ってお別れ。

感謝マックス。

この間、当然だけど、写真なし。

駅前の極楽湯は混んでいたけれど、ちょうど、ふろっぴぃ行のバスが来たので、ようやくありつけた冷えたドリンクを自販機で買って乗り込みひと安心。

---------------------------------------

今回の、トレイルは、準備不足と過信とから、呼ぶべくして呼んだ災難を経験し、すごく勉強になりました。

前日からの体調管理。

携帯品。特に塩分。水分。

分岐点での確認。

コースアウトした場合の対処。

一人で行くことに、もっと責任と自覚を持たなきゃ。

でいて、新たな良かった発見もいっぱい。

一人のペースの快適さ。

なんだかんだ言って、場所チェックと、時間を気にして動いていること。

ひとりでも、十分たくさんの人と会話し、コミュニケーションできたので(最後は1時間弱しゃべりながらハイク…)、あまりひとり感はなかった。やはり、話しかけるのは苦じゃないみたい。

懲りたところ、反省したところは多分にあるけれど、学習して、またどこかでトライします。

ひとりお疲れ!@ふろっぴぃ

30-19.jpg

---------------------------------------

自宅最寄り駅まで戻ったら、金曜の反省会場の前は、夏祭り。

30-20.jpg


Posted at 08:31 | トレラン | COM(10) |
2016.08.01

ぼっちトレイル練習 ~高尾山・陣馬山・南高尾丘陵 往路~


土曜は、二日酔いこそないものの、やや寝不足気味(過失その1)で、ぼっちトレイル練習に。

当初は、先週いっちさんとご一緒させて頂いた箱根外輪リベンジに、と思っていたのですが、金曜夜に想定外に反省会が入り(笑)、とても午前4時台の電車に乗るのは無理だと諦めました。
あと、ひとりで茅漕ぎしてあの荒波を泳ぎ切る自信もなく…(溺れてしまいそう)。
リベンジは、生い茂る茅がひと段落した頃に。

ということで、コースも何度か行ったことのある部分をつないだり逆走したりで、ある程度距離を踏めそうな、もう少し近場でのトレイルの、高尾山・陣馬山・南高尾コースへ。
sadaさんにも「そっちが良いですよ」と勧められたし。

先週、この箱根外輪トレイルに行った際、水分をあまり摂らない自分にしては珍しく1リットルを飲み干し、途中で500mlを追加購入したので、今回はいくら観光地トレイルコースとはいえ、ぼっちだし、水分は1.5リットルを携帯。
自分としては、かなり用心したつもりの過信その1。

食べ物は、途中の茶屋は充実してるし、かき氷はマストだし、と、おにぎり1個と、一口パン2個、念のため固形バー2本に一口お饅頭程度。

塩分タブレットを忘れてきたことに気づきましたが、そのまま(これ、あとで大後悔の過失その2)。

1時間遅い出発の、5時半前の始発電車に乗り(睡眠時間は4時間くらい)、高尾山口へ着いたのが7時過ぎ。

30-1.jpg

7時15分には、稲荷山コースで登頂スタート。

30-2.jpg

スズメバチ…。どきどき。

一人ということもあり、自分のその時々の気分や調子で適当に進みます。

稲荷山コースは、途中一か所だけ、スズメバチの巣があるということで軽く迂回路あり。

いつもは、さっさとまいちゃう高尾山頂ですが、早朝、まだハイカーさんもまばらなので、せっかくの好天気、登っとこう。

30-3.jpg 

30-4.jpg
富士山くっきり!

せっかく人が少ないのだから、珍しくここも立ち寄って、スカイビューを堪能。

30-5.jpg

30-6.jpg

順調に、小仏城山到着。

30-7.jpg

30-8.jpg
天狗さん、こないだは鼻に指突っ込んでゴメンナサイ…

そのままパスして先に。

30-9.jpg

ここでも反省会?

けっこう暑くて、景信山に着いた、この時点で思ったより水分摂ってました。
汗ぐっしょり。
ここで、変だ、いつもと違うと気づくべきでした…。

30-10.jpg

とはいえ、とっても良い景色!というので、ついテンション↑。

DSC_5279.jpg

明王峠を経て、

30-11.jpg

もうちょいもうちょい。

30-12.jpg

こんなのがいっぱい。


それにしても、早起きのご褒美だ~。
高尾あたりで、こんなにガスってなくてくっきり鮮明ビューなうえ、人が少ない!

今日の目的地へ到着!

30-13.jpg

暑い暑い!と、さっそくご褒美その1。

30-14.jpg

さっぱりして美味しかった~。
お腹は空いてないけど、ガス欠予防のため、一口パン2個もモグモグ。

トイレ休憩も含め、トータル25分ほどの滞在で、復路へ。

いやー、暑い…。

でも、城山に戻ったら、次のご褒美!

30-15.jpg
新作?サクランボ味。生き返ります。

この時、ちょうど12時。
おにぎりもパクパク。

ほんとにトレラン練習?ハイキングじゃ?という突っ込みはなしで。

隣にいたご夫婦に、往路の具合を尋ねると、そこそこ混んできたよとのこと。
今フツウに高尾山経由で下ると登り客との離合で渋滞しそう。

やはり、ここは、考えていた通り南高尾ぐるり遠回り迂回経由で下山だな。

でも、なんだろう…。いつもより、足が重い?
昨日の帰宅ランの影響があるのかな?

飲み物も1リットル飲んじゃった。

でも、まあまだ12時半。
なれたコースでもあるし、下りだし、きっと3時前には駅に戻るでしょう(過信その2)。

と、水分追加購入せず(過失その3)。

このあと、とりあえず、大垂水峠を目指して、5月にメテオデさんたちと行った南高尾コースを逆走します。

まだ、元気でした。

続く






Posted at 18:30 | トレラン | COM(4) |