2016.10.02

STY2016回顧録・3 フジヤマ称賛編


レポなかなか先に進みませんが、記憶も薄れていく…

---------------------------------------

当日朝は6時に車で自宅を出発。

シルバーウィーク後半、途中若干渋滞があるも、生憎のお天気なので、そこまで酷く混むことはなく、9時過ぎにはスタート会場の、こどもの国に到着。

駐車場に止めるでもなく、ありがとうの一言で降車し、帰路に向かう家族に、感謝…。

聞かれもしないのに、今年の春、
「誕生日プレゼントに、是非お願いしたいものっていうか、こと、があるんですけど」
と、交渉したのは、誕生日の翌日早朝に車で送ってもらうこと、でした。


とりあえず、エントリーを済ませると、すぐに手荷物チェックに誘導される。

UTMFとか人数が多ければ必要なのでしょうが、そもそもほとんど人が並んでないのにグルグルグルグル、ロープ張った並び場を歩きながら、グルグル苦手人としては、この時点で、ため息。

手荷物検査では、特に命や安全に関わる必携品は殆どチェックされました。

ライトを3個持ってたこと(どんだけ夜が怖い)、雨具のシームレスの有無を訊かれ、「お店の人にSTYのHP見てチェックしたから大丈夫って言われたの買いました」と答えたことに、「頑張って帰ってきてくださいね」と失笑される…。

だって、フツウの人が初めて参加するんだから。

それだけ終えると、暇になり手持無沙汰。

ほどなくして、サポーターをお願いしたフジヤマさん発見。
これまで見たことない大き目のリュックを背負ってくださっていて、そこに、お願いしていた私の替えのシューズ、靴下、自分でも持ってるけど、万が一の電池予備、を追加して入れて頂きました。

この時点では、まだ雨は降っていませんでした。

そうこうしてると、雨が降ってきたので、私より先に会場に到着し、予め周囲をチェックしておいてくださったフジヤマさんの誘導で、屋根のあるバス停へ避難。すぐそばには、きれいなトイレもあり。

ナイスサポート!!

20161002211929a07.jpg

そこで待っているうちに、どんどん雨はひどくなり、雷もゴロゴロ。

こどもの国の園内アナウンスでは、雷のためアトラクションが運休。来園者は注意するよう指示。

こんななか、スタートはないよね、きっと前日同様、少し開始は遅れるよねと、思ってました。

それでも、中止や遅延の連絡もなく、屋根ありのバス停にもかかわらず、足元は既にシューズが水没の危機。

すべて書けないのですが、この待機中に、ドラえもんポケットのようにリュックから色んなものを出してくださったフジヤマさん。

できる男です。

「雨具着た方がいいですかね?」

「良いです!!」

で、雨具を身に着ける。

結局、スタート地点に移動したのは、開始前7、8分になってから。

その間も、ずっと横で傘さしてくださいました。

あまりの天候の状況に、弱音が出ます。

「もし、会うところまでまで行けなかったらごめんなさい。」

そこは、にっこり、

「最初のエイドで待ってますから」

もう、太郎坊までは、絶対行かなきゃと、腹を括れました。

カウントダウンし、スタートの号砲が鳴ると、「行ってきます!」と出発しました。

鏑木さんのパタゴニア見ながらなので、ここまで。
長いな続く。







Posted at 21:30 | トレラン | COM(0) |
2016.09.29

みそらさんおめでとう☆ STY2016回顧録・2(カラダの準備)


STYを意識して参加したイベントの数々。
既に多少記憶が失われていて、改めて振り返ってみたら、一昨日書いたイベントの前後に、他にもいろいろありました^^;

【4月】

まずは、メテオデさん企画の飯能トレイル試走でした。
去年の秋冬辺りから、メテオデさんには、お山のあれこれをいっぱい教えて頂いて、ご一緒させて頂くことも多くて、大変お世話になりました。

その次が養老渓谷菜の花マラニック。

その次が、ぼっちで南高尾山練。ぼっち関東の山でびゅう。

さらに、長崎、多良の森トレイル。雨のトレイルの良い練習になりました。
まあ、走れるレベルの雨でしたが…
kinさん、遠路お付き合いありがとうございました。

帰宅部もあり。


【5月】

ぼっち飯能アルプストレイル試走。方向音痴確認しました。

帰宅部。
もう完全に「ラン」が外れてる…

飯能アルプストレイル本番。
ここで日があるうちに完走できて、最後のロードはちゃんと走れたのは、かなり自信になりました。

そして、いよいよ徹夜練の、山手線オールナイト一周。

ちゃんと起きて1周できるのか、足の痛みも持つのか不安でしたが、意外と非日常的なことをやるとアドレナリン出て大丈夫なんだということを確認できました。
このときはあまりの都会の明るさにライトは不要。


【6月】

そして、奥武蔵ウルトラマラソン。
みゃあこさん、いわさんにめいっぱいお世話になり、完走できました。つくづく走って良かった。
ただ、これまで騙しだまし酷使してきた脚。ここで、シンスプリントを決定的なものにさせちゃいました。

ここからは、走れないので、歩くリハビリトレーニングがしばらく続きました。


【7月】

徹夜第二弾・riverさんに先導いただいた、雲取山ナイトトレイル(まったく走らない)。
ひとつ段階が上がって、徹夜で山を歩き続けることにトライ。ナイトトレイルも初めて。
このために、ゆるりんさんにご相談して、ライトも購入。
雨の真っ暗な夜の山を初めて経験し、ここで、私は何が一番不安なのか、具体性を持って見えてきました。
徹夜で山を歩く体力は、大丈夫。
STYの自分の中での一番の不安は、恐らく夜の山の足元。怖い。

そして、ぼちぼち、数十分程度のゆるジョグ再開。キロ6~7を死守しました。

いっちさん主催の、箱根外輪ハイキング。
笹漕ぎを経験し、夏の箱根の山の中はこんな感じなんだと知りました。9月はまだ植物元気に生い茂ってるだろうから、肌の露出は控えよう。

帰宅部


【8月】

す~さん主催の天子山塊付近一部縦走トレッキング
またも徹夜明けで、UTMFのコースを一部初体験。
大半は歩き。結構道に迷う。ひとりになったら方向音痴炸裂しそうで、夜は怖い…。

長崎・八郎岳ハイキング

はんぺいたさんプレゼンツ長崎坂道マラニック&坂道ジョギング三昧
ああ、長崎よかところ。
嫌でも坂が付いてくる。

帰宅部

雨のぼっち高尾山2往復

Ukeさん主催の東大検見川運動場クロカン練
緑が綺麗な、アップダウン豊富なコースでした。
ゆっくりでいいなら、次回も参加したいです。
もう少し粘って周回重ねたい。


【9月】

ものすごく楽しみにしていた、のべさんマイコース・北アルプス、前日大天井岳修行と当日唐松岳登山。
大感動の景色。やはり、山は晴れた日中が一番。
朝焼けと夕焼けもあるとモアベター!
長い時間、高い山を歩き続けることもクリア。

ここまで、殆ど走らず山行を続けれたのは本当にありがたかったです。故障を悪化させずに済みました。
一人じゃ絶対できないことだし。

帰宅部

カミさん主催箱根ラン
ドタ参させて頂きありがとうございました。とりあえず、ゆっくりだけど後半は歩かず芦ノ湖まで走りきれたので良かった!

そして、いよいよ、最終段階。
本番2週前に、初めてのSTY後半部分の試走。
夏の間、山はほぼ歩きだったので、久々半分以上は走れました。
またまた、す~さんご夫妻に思いっきりお世話になりました。
エルマーの冒険調べました?(笑)

本番1週間前は、ランのことや山のことは全く知らない、関心が無い、家族につき合って(当日は会場まで運転手してもらうし)、北海道旅行。
腹括りのメンタル&フィジカルリラックス仕上げ。
この旅行で、朝御飯食べ過ぎに注意!と学習…(^-^;。

あ、そういえば、9月は色々症状が出て、まさかの内科系の検査三昧。

ちょっとしたオペも済ませてたりして、STY前日(しかもMY BD)に検査結果を聞かされるという、なんともガッチガチなスケジュール。
とりあえず、出走できそうと判断できたので一安心



という、綿密な??(´∀`*;)ゞイベント三昧に加え、日々のジョギングは(フルマラソン走ってた頃と比べると、明らかに、ランではなく、ジョグのペースです)坂道を少しでも盛り込むコース。

たとえ30分間だけのジョグでも、平坦だけのコースは極力避けました。

早朝ジョグにも何度かお付き合いいただきました。

故障中は、ウォーキング一筋。

一日15000歩を目標に歩きました。

そうそう、けっこう小心者なところがある自分に我ながら苦笑ものだけど、ロード30キロ走しとかないとって、急に不安になり、本番前の北海道旅行に出かける前日の金曜夜に急遽決行。キロ6弱でコンプリートできたけど、帰宅すると、何やってんだ、朝イチの飛行機だぞ、荷造りは?って呆れられる…(^-^;。


できることはやったし、20時間の山行に耐えれる体力・持久力は付いた気がする。

怖いのは夜の山道。もうこれは、仕方ない。

これで、当日を迎えることになりました。

このときは、雨とか雷とかは想定外でした。

とうとう最後まで、GPSウォッチは持ちませんでした…


いちお、手抜きだけど家事と仕事もやりましたよ…たぶん


Posted at 18:30 | トレラン | COM(0) |
2016.09.27

STY2016回顧録・1


遅ればせながら、初めて参加したSTY、経時的に、少しずつ記していこうと思います。

たぶん、回数多くなります。

今回は、STY参加することになった経緯と、そのための練習プランの触り。

私らしい、アバウトでゆるい、それはそれで斬新な?自分向きの練習プランだと思います。

-------------------------------

そもそも、山は明るいうちに下山、が、鉄則だとず~っと信じていました。

なので、ハセツネとかSTYとかUTMFとか信越五岳とか、夜に山を走るってすご過ぎ、別世界のことだと思ってきました。

でも、ふと見回せば、別世界のはずな空間についてフツウに語る人たちが、何人も周囲に居て、

「だいじょうぶだよ~」

「サポートするから~」

しきりに壺を売ってくる。

「とりあえず、STY出る資格はあるんだから、それに抽選なんだし、まずはエントリーだけはしてみたら」

「昼からスタートのレースだし、前泊しなくても、車で一緒に乗せて行ってあげる」

「富士山の景色は素晴らしいよ~」

だんだん洗脳されていく…。

気付けば、エントリーしちゃっていて、誘ってくれた、壺売ってくれた人は抽選落ち。焦りました。

倍率高くて、走りたかったのに走れない、なのに出走権を放棄するの?的なプレッシャーを一方的に感じる。

うーんうーん、かなり悩んで考え抜きました。
出るからには完走したい。
私なんかがそんな途方もない距離の夜の山を走れるのかしら?
怖いし。

でも、チャレンジは先延ばしにすればするほど、体力的にハードルは高くなる。それに今が一番自由が効くときかもしれない。
いつか、という言葉は、もうそんなに使えないかも。

やってみようと思ったことはやった方が良い!

という結論に達しました。

腹を括りさえすれば、あとは前に進む性分。

フツウのおばさんのチャレンジには、タイトなスケジューリングよりも、地道に確実に、かつ楽しみながら、しっかり持久力と体力をつける半年スパンの自分なりのトレーニングメニューにしよう。

順番としては

1.坂道や峠や山に慣れる
2.徹夜で動くことに耐えれる
3.徹夜で山を動くことに耐えれる
4.高い山を長時間動き続ける
5.試走する

あれ?改めて書いてみたら、1~5まで、全部ご一緒した人がいる。確か、転勤が決まったとか…(^w^)。

そして、これらのベースとして、スピードはいらないから、いつでも(暑くても寒くても朝でも昼でも夜でも)ロードは2~3時間は走れるようにしておく。

という、目標をたてました。

結果、いろんなイベントに首を突っ込んで、自分なりにひとりじゃなかなか出来ないことの人体実験。

ここからは、ほぼ、お世話になったブログ村の皆さんのありがたいイベント紹介(^-^;

STYに向けた一番目のイベント練習は、キミ兄さんの菜の花養老渓谷マラニック。

適度な長距離アップダウンの坂道。足を痛めていたけれど、ここはリクルートしたい人がいる(笑)。

この場で、サポーターを打診したのでしたww

そして、2番目の徹夜に慣れる、ための練習は、まさかのたかしさんの、オールナイト山手線でした。
山のロング走のためのトレーニングなつもりで参加するようなヒトは、私くらいでしょうね…(^-^;

続く

Posted at 18:30 | トレラン | COM(2) |
2016.09.25

取り急ぎ感謝


昨日は、甘えてかるりーのさんにブログ代筆ご報告丸投げしてしまいました。
斬新な企画ですよね…?
かるりーのさん、ありがとう!!

元気は元気なのですが、ココロ的に、すこしゆっくりしたくて、まだ詳細書けませんが、取り急ぎ、感謝の念だけは表明したくて。

フジヤマさん。

痒い所すべてに手が届く、最初から最後まで完璧なサポート、ほんとにほんとにありがとうございました。

菜の花のころ、キミ兄さんの養老渓谷嘘つきマラニックwで、サポーター打診してから昨日まで、不安が少なかったのは、頑張れば行くところフジヤマさんが居て、「ダイジョーブっすよ~。行けますって~。」って言ってくれると思っていたから。
それが最後の心のよりどころというか、安心材料でした。

結局、そのことばを聞くことは一回もないまま終了しましたが(笑)、それ以上に手厚いケア体制に心から感動し、御礼申し上げます。

家族も、「是非お礼の宴を催して差し上げるよう」との、非常に珍しいコメントですので、パクチー抜きの感謝&反省会をさせてくださいね。

そして、いろんな試走や、イベントやに参加させてくださった皆様、部員の皆様、携帯品のアドバイスをくださった皆様、前日もこれまでも遠くからもいっぱい応援メッセージくださった皆様、スペシャルサンクスです。
すべて、フツーのおばちゃんのチャレンジの背中を押してくださいました。
湘南藤沢マラソンTシャツと、競馬ランのゼッケンベルト、つくばマラソンの点滅ライト着用の、フツウ感は死守しました。

途中、ふくらはぎまで泥に浸かりながら、皆さんのおかげでここにいるんだ、やめるわけにはいかないと言い聞かせながら前に進むことができました。

結局太郎坊までの17キロで終了でしたが、私のレベルでは、所詮この状況下では夜中の杓子を登ることは到底不可能な限界の体力でした。


もうちょっとしたら、ちゃんとレポします(北アルプスも)。


いーっぱい支えらえてきて、挑戦できたんだなとつくづく感じました。

本当にありがとうございました!


Posted at 19:02 | トレラン | COM(8) |
2016.08.29

ぼっちトレイル練習 ~懲りずに高尾山~


日曜日は、本来、お知り合いのオーバー60の女性から頼まれ、白いお馬さんにお連れする予定でしたが、生憎のお天気となり、急遽キャンセル

レース本番は雨だってありだし。

せっかく緩めの山行きの準備もしていたことだし。

じゃ、唯一、家族から一人で行くことの了解を得ている高尾山に行ってこよう!と、朝から眠い目をこすりつつ出かけました。

帰宅ラン明けの寝不足は、長い電車の道中で解消~。

今年は、よく来てるなあ、ここ。

takao1.jpg

今回は、最初から、さくっと短時間、と決めていたので、奥高尾に行くことはせず、高尾山頂どまりにするつもりで出発。

このところ、走れる山道、ということで、往路は6号路か、稲荷山コースか、南高尾コースを選ぶことが多かった。
どうせ雨で景観も望めないし、ここは急坂(また坂…)練、きゃあまぐる坂と比較してみようと、往路には、久々、1号路を選択。

takao3.jpg takao2.jpg

やっぱ、ここ、かなり急だなあ。▽溝だし。
斜度こそ、きゃあまぐる坂には、ちょっと負けてるけど、距離が長い!

雨だし、人も少ないので、迷惑をかけることもないから、走りたくなったら走ればいいや、とは思ったものの、やっぱ、無理、この坂。

早歩きの練習にさっさと切替え、全く走ることもなく、何故か他のハイカーさん同様、傘をさして歩いてました^^;

歩きでも、息は切れるし、汗だく。

人気のない(まだオープン前の時間だし、雨だし、気温も低かったし)、ビアマウント。

takao4.jpg

9時半には頂上に。

takao6.jpg
うーん、閑散…。

少し休憩して、さっさと降りる。

いつもと違う道、と思ったので、下りは吊り橋がウリの4号路を選択。

takao7.jpg

takao8.jpg

ほとんど誰にも会いません。

1号路の中腹に合流したあと、ちらりと横を見ると3号路。
急遽こちらを選択し、再度頂上に登ることに。

takao9.jpg

二度目の頂上では雨はさらに強くなってました。

takao10.jpg

おとなしく下るつもりで、1号路を降りていたら、やはり途中でこちらの看板に引き寄せられ、

takao11.jpg

今度は滝修業がウリの2号路で降りることに。

takao12.jpg

何人か滝に打たれに来ていらっしゃいました。

1,2,3,4と攻めたから、こうなれば5と6も行くか?と、もう一度登ろうかとも思ったのですが、雨はひどくなるし、家族には2時くらいには帰ると言ってきたので、さっさと諦めて、お風呂にのんびり入って帰宅。

ひとりだと、ゆ~っくりのんびりお風呂で過ごせるの、良いですね^^



ここまでで、先週のランは

月曜日 長崎で坂マラニック19km
火曜日 長崎で朝坂ジョグ13km
水曜日 夜にご近所6km強
木曜日 夜にご近所10km弱
金曜日 帰宅ランで、休憩挟んでトータル20キロ弱
土曜日 距離はよくわかんないけど、1~4号路高尾山歩いたり走ったりで2万歩くらい。

なんだか、今月、内容は別として、自分的に相当な距離になりそうな予感。

さあ、忘れる前に、やっとデビューできたウクレレ演奏会鑑賞クロカンのことも書かなきゃ。



Posted at 12:44 | トレラン | COM(2) |