2017.12.17

速報…。結果ウソつき→CTC完走しました

スタート時のパッキーさん

途中でサプライズのうーぱぱさん

最初から最後まで運命共同体で一緒にゴールしてくださった鈍足親父さま

そして、むちゃな時間に送迎してくれた家族

みんなのおかげで、無事に完走できました

20171217175657152.jpg

最高です

みなさんありがとうございました!


Posted at 18:08 | トレラン | COM(0) |
2017.12.17

どこまで行けるかな


練習というか、平日全然走れなくて、日々余裕がなくて、体力気力ともに怪我もしてないのに、不安だらけ。果たして、無事に完走出来るのか…。

…、って書くと、きっと、

「とかなんとか言って、余裕でヘラヘラ笑って完走するんでしょ、嘘つき」

って言われるんでしょうが、私はそのそきそのときいつだって不安だし、余裕なんてないです。

必死です。

だから、今回も、いや、今回こそ、必死です。

精神力だけでどこまで行けるかな。

バディさま、よろしくお願いします

では、行ってきます!

20171217031116f95.jpg
今回宿泊してないけどw

Posted at 03:24 | トレラン | COM(2) |
2017.12.11

今更ですけど奥志賀高原でエクストリーマーになってきました(ミドルですけど)


いつの話だ…。

力不足故に、ブログで、ナチュラルに書きたいと思ったときに書きたいなあってことが、時間がなくて書けなくなっている今日この頃。

更に忙しくなってる今、こんなこと書いてる場合じゃないのだけど、逃避行というか…。

10月、台風到来で、いろんな大会が中止だったり、大変なコンディションのなか、決行された日に、お一人様で(買収されたアッシー家族つき)参加した、楽しむための(野辺山完走の)ご褒美トレイル大会。

ロングは、間違いなくご褒美どころじゃなさそうだったので、ミドルにエントリーし、土曜開催だったので、後泊して、プチ旅行兼ねてのお楽しみでした。

なのに、この土日は至るところで大会が中止になった台風の日。

それでも、雲の上の高さを走るので、中止になることもなく、大会は開催されました。

2017map.jpg

ミドルで十分…。
それでも、ゲレンデ2つ登り降りあるし。

奥志賀高原0

スタートは、曇り空。

とにかく、寒かった!

ストレスフリーな人数で、ほぼ最後尾からスタートします。

リフトの横を登っていきます。

モフモフなゲレンデ、気持ちいい。

奥志賀高原1-2

寒さと格闘して、横手山を登りきると、そこは台風の上。
下界は雨なのね。

奥志賀高原2

とりあえず、走れる嬉しさを体で表現(*^^*)

嬉しそうだけど、あくまで、カメラの前だけ。

この前後は、写真とる余裕ない、悪夢のチョコレートフォンデュ。

奥志賀高原2-2

ゲレンデを走って登ったり降りたりする日が来るとは思わなかったなあ

ビワ池の周りは、とってもきれいな紅葉♪

奥志賀高原2-4

ご褒美ご褒美(*^^*)

奥志賀高原

奥志賀高原2-5

ここは霧も出てて、尾瀬みたい。

奥志賀高原3

ゴール前はかなり歩いちゃった

最後は温かいご褒美!

奥志賀高原3-2


お天気が良ければ、きっともっと最高の景色を堪能できたでしょう。

とってもお勧めの大会です。

ゲレンデ、けっこう面白い(*´∀`)ノ





Posted at 23:39 | トレラン | COM(4) |
2017.11.17

奥多摩近辺初めてトレランする人向きの渓谷コース♪

ずっと書こうと思っていた、とっても気持ち良い、トレラン初体験の人向けのコースプランを、ほぼ写真のみでご紹介します。

ベースは、レイさんがご紹介してくださった、このコース

この記事読んで、わあこれ、めっちゃ行きたい!と、まずはレイさんに打診したのですが、残念ながらスケジュールが合わず。

そうしているうちに、トレランまだやったことないけど、ちょっとやってみたいので、初心者向けのところに連れていって♪、とお友だちに言われて、そうだ、ここだ!と、思って、ついでに奥多摩駅近くで行ってみたいところがあったので、組み合わせたコースに10月1日に行ってきました。

今いけば、紅葉綺麗かなー。もう終わったかな?

トレランシューズはなくてもOKたけど、アスファルトやトラックや…な、ロードじゃない道を初めて走る人には、トレランシューズでびゅうの足慣しの場として、かつ交通の便がよく途中離脱も、物足りない人には近隣山へアレンジも可能な基本コースとしてオススメです。
フルマラソンサブフォー前後の実力の人なら、基本プランは休憩や買い食い(^.^)込みで、賞味3~4時間あれば充分です。

レイさんのコースにプラスしたのは、愛宕山と、登計地区のセラピーロード。
〆のお風呂とビールは、もちろんレイさんコース♪

長くなりましたが、あとは写真でご紹介。

奥多摩渓流トレイル1
古里駅スタート!
…して、数分で、411沿いの和菓子屋さんイン!(笑)
だって、キビ大福とか書かれてたら素通りできないw
今回はキビ大福のみにしたけれど、気になったのはわさび羊羹…
是非どなたかレポください。

奥多摩渓流トレイル2
いい眺め。紅葉の時期だとまた絵柄が変わるのかな

奥多摩渓流トレイル3

奥多摩渓流トレイル4
この橋渡って、渓谷沿いのトレイルっぽい道に入ります

奥多摩渓流トレイル5
しばし多摩川を右手に眺めながら木陰の遊歩道を進むと、この景色!

奥多摩渓流トレイル6
さらに進むと、ここは社会科見学ポイント!

奥多摩渓流トレイル7 奥多摩渓流トレイル8
面白いんです、ダムでせき止められた河をおさかなさんたちはどうやって通過できるのか、丁寧に説明してあって、間近に見れるので、子供も理解しやすいはず(居るのは小学校高学年~中学生くらいのお子さんが多かった)。

奥多摩渓流トレイル9
ほーらほーら面白そうでしょ?降りてくよ

奥多摩渓流トレイル10
ここがポイント!
お魚さんたちはここをすり抜けてダムを通過していくのです

その後しばし進んだあとに控えるのは、長ーい登り石段

奥多摩渓流トレイル11

登り切ったら、愛宕山山頂

奥多摩渓流トレイル12

奥多摩渓流トレイル13

それにしても、行楽日和な10月頭の日曜日。
こんなに空いてるなんてめちゃラッキー♪

電車途中の高尾あたりの駅で降りる人の数は尋常じゃなかったのに。

愛宕山を降りて、次は登計の癒しのセラピーロードへ向かう途中。

奥多摩渓流トレイル14
天狗様がいい感じ。

多少迷いつつ、運動場の横にあるセラピーロード入り口を発見し、潜入すると…

奥多摩渓流トレイル15 奥多摩渓流トレイル16

奥多摩渓流トレイル17
気持ちいい~♪

で、見上げた空がこちら↓
奥多摩渓流トレイル18

奥多摩渓流トレイル19
以上、セラピーロードでした。
疑問はいっぱいだけどww、そこは置いといて、おススメ!

これにてトレラン終了。
お風呂に向かうために最後に橋を渡ります。
奥多摩渓流トレイル20

奥多摩渓流トレイル21
ここ、これまでいっつも混んでて、入るの諦めてたのですけど、今回時間が速かったからか(14時くらい)、初めて入れた(洗い場は、立ってしばし待ったけど…)!

その後は、お待ちかね。

奥多摩渓流トレイル22

奥多摩渓流トレイル23

普段はあんまりビールは飲まないのだけど、クラフトビール、美味しかった!

以上、渓谷ベースで、最後にちょっとだけ、小さいお山と、とっても不思議なトレランコースを進んで奥多摩駅に着く基本コース。

中級者もアレンジ自在な山が周辺にいっぱいあるので、来年はアレンジしてまた行ってみるつもりです。

ということで、明日からは、皆さんきっとお山どころじゃなくなるロードの時期なので、なんとか紅葉中にレポをと頑張ってみました!

構想後、数年経過、いまだ未完のレイ練、メンバーも増えてきているようでw、実現したいです


Posted at 23:03 | トレラン | COM(2) |
2017.10.20

ハードな気分転換

書かねばならないと思ってる最優先マターを置いといての更新。
非礼をお許しくださいm(__)mm(__)mm(__)m

転職して早3ヶ月、徐々に忙しくなり、もともと抱えてるダブルな非常勤の仕事もあり、そのくせ、平行して、数年温めていた夢の実現にむけて具体的に動きだしたので、平日早朝ランは、気力がそもそもないのだけど、最低限にサラリーウーマンの仕事はこなせるよう控えてます。というか、出来ない。
いや、強い意思があれば出来なくはないのだろうけど、そこまでの走るモチベーションが上がらない…。
走ることは、自分にとって楽しみを凌駕してしまった義務的なものにはしたくないので、今は、ウィークデーは、時間的にせいぜい週に一日しか走れない。

休日も、真摯に走ってる人と違って、社交的なイベントもしくはトレイル優先なので、真面目な走りは、さらさら、ジョリジョリすることない(あおひげさん、これまで接点ないので、あかひげさんにはなる勇気はなく、ポイントお役にも立たない立場で、でも企画が面白いなって思ってるので、目立たぬところで流行りに乗ってみたw)だろうけど、とりあえず台風前にわざわざ、明日は本来自分へのご褒美のつもりだったトレラン大会に行ってきます!
降り続く雨で、そもそもコースはグチョグチョだろうし、初雪観測したってニュースでいってたから寒いだろうし、来週の複数の課題満載での立場なのだけど、だからこそ。

今回じぶんの課題は、スタートからゴールまで、『雨に歌えば』。
メロディに乗せて、制限時間ゴール目指して、楽しく歩き走ってきます。

雨だし紅葉もちょい早だし、申し訳ないなあと思いつつ、あっしーしてくれる家族に大感謝して、数時間後には出発できるよう、おやすみなさい!



Posted at 21:55 | トレラン | COM(2) |