2017.06.22

暗峠に行ってきた:大阪→奈良


今回、長いです。
だって、坂だから…^^;。



翌朝。

いよいよ、暗峠の激坂を拝める(」*´∇`)」
私の場合、決して坂道ダッシュみたいな、へんた〇メニューが好きなわけではなく、歩いたり眺めたりするのが好きなのですけど。

坂好きな身としては、昨夏長崎で、日本でも一二を競うとの激坂の誉れ高い、鈍足親父さんに教えて頂いたきゃあまぐる坂を攻めてきたので、どっちがすごいのか確かめたいと、暗峠は、かねてからずっと憧れていました。
はんぺいたさ~ん、またお会いしましょう~。

8時半ころに、親切マックスなTHさんが、「荷物が多いでしょうから」と、車でお迎えに来てくださいました。

バタバタ用意してたときに、なんだか物が落ちる音を聞いたような気がしたのだけど、パッと確認した感じでは特に忘れ物はないかなと思っていました。

待ち合わせ場所の新石切駅前のパーキングに車を止め、晴天過ぎるほどの良いお天気に、サングラスを出そうとしたところ、あれ?見当たらない…

ああ、やっちゃった~…

安物だし、けっこう傷も入ってたし、仕方ないか。
めちゃ、うっかりさんです…

この日は、昨日もお会いしたやまけんさん、オグラさんの他、初めましての、かおりんさんとやべっちさんも。

かおりんさんは、エア柴又のしまなみ海道レポを愛読させて頂いていて、すごくお会いしてみたかった女性。
あの風景、そうそう!って思いながら楽しく読ませて頂いてます。
レポの写真だと人相まったく分かんない(笑)けど、想像通り、めちゃ明るくてキュートな、なるほど!皆さんに愛されキャラの方でした(*^_^*)。
今回も写真ではほぼ目隠しモザイク不要なしまなみ海道スタイルでしたねww

やべっちさんは、二週間後の暗峠王レース本戦の主催者さん。
暗峠というなんだかすごい名前の激坂往復王者決定戦を企画するような人だから、内心、勝手なイメージで、めちゃ強面の筋肉マンかと思っていたら、おメメくりくり👀のおっとり喋る、ストレス性胃腸炎気味の優しいお兄さんでした(笑)。

駅から、歩きながらスタート地点に移動。
内心、ん?走らないんだ?と思っていたww

2017-3.jpg
この標識だけでも、いっきにテンション上がる↑

2017-4.jpg
この番号がスタートって教えてもらって、パシャリ。

スタート地点で、ちょうど坂から降りてきた自転車のお兄さんに写真を撮ってもらい、

2017-6.jpg

いよいよ坂に向かいます。
あ、あくまでも、本日はマラニック。激坂マラニックww。

2017-5.jpg
なんでも、関西の磁場では円陣がなかなか綺麗な円にならない貴重な写真らしい…



さあ、ここからは、ほぼ趣味の世界。
坂写真行きますp(*^-^*)q

2017-7.jpg

2017-8.jpg
オリジン九州リビング関東人には、この標識だけでもワクワク(* ´ ▽ ` *)

2017-9.jpg
めちゃ絵になる~

2017-10.jpg
修行場にはチョロチョロ水場あり。

2017-11.jpg
坂。

2017-12.jpg
坂。

2017-13.jpg
一番の急坂。

2017-14.jpg
いい写真…

2017-15.jpg

2017-16.jpg
おお!

2017-16-1.jpg

2017-17.jpg
峠のてっぺん着いた!

2017-18.jpg
嬉しくて笑みが止まらないおこちゃま状態ww

2017-19.jpg
おひとりさま峠走に来ていたtakeさんも合流し、皆でパシャリ。
ここから、既に奈良側から上がってきたtakeさんを無理やり仲間に加えオカワリを強要w

ここからは生駒のほうに向かって気持ちよく下ります♪

2017-20.jpg
青空と開けた視界が気持ちいい♪

2017-21.jpg
坂。

2017-22.jpg
坂。

2017-23.jpg
途中の小洒落た茶店。

2017-24.jpg
これね、気になりました。

昨日はあまりお話しできなかったやまけんさんとおしゃべりしながら心地よく下る。

そうして、奈良側のふもとに辿り着くと、待っていたのは。

2017-26.jpg
ウルトラ大会並みの魅惑のエイド。すご~い!!

2017-27.jpg
初めましての、世界の(笑)山ちゃんさんが用意してくださっていました!
冷えたパイナップルやスイカ、キュウリにトマト、おにぎりにコーラ、めっちゃおいしかった~。
笑顔が眩しかった!

そして、もうひとり。
やり取りはあれど、なかなかお会いする機会がなく、いつかは会えるだろう、どこで会えるかな?と思っていた、カステランさん。
まさか、暗峠でお会いできるとは(^∇^)ノ
昨日飲み過ぎたらしく、大阪スタートには間に合わなくて、ここからの復路酒抜き合流。
柿の葉寿司美味しかったです^^

どうも暗峠ストレスでお腹が冷えたらしいやべっちさんの富士登山競争を皆で励ましたり、ここまで来てまだ走らず電車で移動しようとするカステランさんを、あり得ないと引き留めたり、誰よりも元気で強いオグラさんの日々の練習を聞いて納得したり…

しばし、豪華エイドを堪能したあと、

じゃ、そろそろ行きますか!と、今度は奈良から大阪へ、来た道を戻ります。

続く)







Posted at 05:00 | 坂道 | COM(0) |
2017.06.21

暗峠に行ってきた:前夜の大阪の陣・熱い壺売り攻防戦


遅ればせながら、ようやく、苦しかったあとの楽しかった楽しかった週末の出来事をレポします。

何故だか、お会いした皆さん、遠慮し合ったのか面白がったのか(笑)、謎扱いされて、非常にハードルが高くなってしまって半泣きです(°_°)

写真整理したのですが、どうしてもどうしても削れなくて、すごい数になっちゃったので(しかも1枚ずつしか挙げる術を知らない)、3,4回くらいに分けてレポしたいと思います…。

自分の中での、この2日間を代表した写真が、こちら。

2017-0.jpg
カッコいい~

----------------------

今回、仕事で大阪に行くことはしばらく前から予定していたのですが、転職云々でどうなるかはっきりせず、ようやくその日はまだ在職することが分かって、すぐにTHさんにご連絡(笑)。

これまで何度か、THさんが出張で東京にいらっしゃるときに、飲んだり走ったりご一緒させて頂きました。
その日はTHさんも仕事の後に大阪に戻られるということでしたので、「せっかくの機会なので、日帰りせずに一泊しようと思うのですが、翌日どこかご案内いただけないでしょうか?」と打診。

坂好きを配慮くださったのか、「暗峠か六甲山、行きます?」

わー!どっちも行ってみたい!

もう、大喜びでした。(*≧∪≦)

さらに、「せっかくなので、前夜、関西の皆さんで集まれそうな方がいらっしゃるようでしたら、集まれませんか?」

なんて、ワガママな追加のリクエストにも、水面下でいろいろ手配下さり、なんと9名も集まってくださることに(*^_^*)。

加えて、土地勘全くなしで方向音痴な私にはこの上ないおもてなし、宿泊先までお迎えに来ていただき、お店まで連れて行って下さいました。
これがなかったら、絶対に路頭に迷ってました…。
ネ、オグラサン(´pωq`)

親しみやすい居心地の良いTHさんの顔なじみのお店に集まってくださった皆さん。

2017-1.jpg

なんとも驚いたのが、たまたま集まった皆さんに限ってそうなのか、大阪のランナーさんは皆そうなのか、こぞって、隙あらば次々に丹後の壺を売ってくる…。
そして、テンション高く、目がキラキラ✨
どんだけタンゴ好き…。

こないだ野辺山100km走って、それもまだ5月で、それでも暑くって熱中症気味だったのに、灼熱の丹後100km。
いや、60もあるよって…いやいや…

私にはウルトラの大会は、今現在お腹いっぱいで、入りませんyo。

りょうたさんが自分は腰の痛みがまだまだ酷くて走れないのに、真面目にエア柴又のコンテストの選定方法に悩んでいるお話しとか、

カブさんはチーム関西テニス部のリーダーで、打倒チーム中部なんだとか、

あやたさんは実は関西の飲み会にはあまり参加しないらしいのに、今日来てる!という周囲に、
え?私のシチュエーション的にはラーメン食べてるか飲食してるかのイメージなんだけど?って言って驚かれたりとか…^^;

しーやんさんは、新しいガーミンにも野辺山にも丹後にも腰のサポーターにもすべてに熱く語る人だとか、

えむさんの柔らかな雰囲気は、絶対誰にでも好かれるだろうなあとか、

サトさんこのブログジーンとしました)は確か二三日前に東京でこのシチュエーションだったんだよね?
席が離れていたのであまりお話しできなかったけど、夫婦でウルトラランナーってすごいな、とか、

オグラさんは美魔女だ!コンテストに出れる!方向感覚と足の速さは必ずしも比例しない、とか、

やまけんさんは、やはり席が遠くてあまりお話しできなかったけど、サンバなラテンの雰囲気を想像していたら、違った落ち着いた方だった、とか



とにかく、数時間前の冷や汗が、どこか飛んで行ってしまった、とても楽しい宴でした。

2017-2.jpg

実は、ほんとは昔のトラウマで、この数十年来(笑)、お好み焼きって苦手と思い込んでいたのですが、〆に食べたお好み焼き、美味しかった!
これでまたひとつ美味しいものを食べれる選択肢が増えた~( ^ω^ )

翌日会う方も、またどこかでとご挨拶する方も、締め言葉は皆さんほぼほぼ、では9月は丹後で。
買いませんよ!(=∀=)

サワーに焼酎に、結構ぐびぐび飲んだけれど、帰り道のコンビニでさらに〆の酎ハイ缶買って飲んだことは、翌日言えませんでした^^;

続く



Posted at 13:09 | 坂道 | COM(10) |
2017.06.17

ごほうび(*^^*)


まあ、誰も言うことはないし、自分で自分へのご褒美。

お疲れさま!長く頑張ってきたよね。


…ってことで、


とっても行きたかったところに行ってきました

20170617104324_p.jpg



お土産も追加。

20170617210914_p.jpg




そして、とっても素敵な人たちにお会いできました。

詳細は後日(^.^)

今日も一日感謝!!




Posted at 21:39 | 坂道 | COM(0) |
2016.12.14

夜の坂道シゴキ2回目


昨夜は、坂練の予定。

職場を出ると、ぽつんぽつんと肌に感じ始め、雲行きが怪しい中、もう走るのはやめてミーティングだけにしませんかと、先生にご提案しかけていたのですが、

「え?これなら1時間くらいならもつんじゃないです?」

と、ニコニコ笑顔で返されると、こちらから志願しておいて、何なので、さくっと1時間弱の夜の都内の坂道へ。

もちろん、坂師匠は、bg先生。

今回の生徒は、私以外にはチャレさんとこめきちさん。

THさんとの第1回目よりも、内容はやや優し目(先生談)?

それでも、目的の坂道が現れるや、先生は前回同様、ちょっと怖い満面の笑みに豹変し(笑)、

「はいっ、頑張って~♪」

と、テンションがあがります。

土曜の丹沢からずっと激しいきんにくううで、階段や下りはぎくしゃく歩きの状態で迎えたこの日なので、かなり不安でしたが、なんとかついていけました。

翌日がもっと不安だったけど、今日は昨日よりもう少しきんにくううは収まってくれてほぐれてる感じ。

こめきちさん、凄いのは、ひとり、重そうなリュックを背負って走ってたのと、ずっとポケモンハントしながら走ってたこと…。

あの坂道をすげえええ…。

こめきちさんとは途中で別れ、雨が強くなる前に、サクサク10キロ走って終了。

今回一番走らされたった感があったのは、播磨坂の往復かな。

bgさんの眼も輝いて怖かった(笑)。

平日に短い時間で、こんな練習ができるのはとてもありがたいです。

自分一人だと、もっとマラニック化しちゃうから。

ご一緒くださった皆さま、ありがとうございました!

走った後は、山好きメンバーではありましたが、トレイルの話だけじゃなくて普通にロードの練習の話とか、平和な日々の送り方について(笑)とかできて、普段とは違った会話が面白かったです。

で、雨降ったせいか、ひさびさSTYのレースのこと思い出しました。

戦場みたいだった一コマ。


STY2.jpg


私には、やっぱりレースは向いてないのかもなあ…




Posted at 12:50 | 坂道 | COM(6) |
2016.11.06

お尻のカタチが変わった坂


タイトルはこちらの実感Ver。 あくまで自分の感覚ですw

土曜は、ハンサムネコさんチャレさんSugiさんと、あざみラインからの富士須走グランドキャニオンに行ってきました!
フル1週間前だけど

DSC_6812.jpg


2か月前に、兼ねてからいつかチャンスがあったら、同行お願いしたいと思っていた(今日は絶対行ってるなと思ってました)目の前現れるという貴重な機会を得、すかさず、「ずっと見たいと思っていたのでお願いします!」と直談判したとき、何も予備知識がないけれど、ニヤリと笑って、「あざみライン走れるならね。」とのお返事をいただきました。
その瞬間、これはヤバい道なんだなとは察したものの、グランドキャニオン見たさに、「行きます!走ります!」と即答。

その後、外堀から、「1回走っただけでお尻のカタチが変わるらしいよ」との噂を聞き、((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル。

先週、足柄峠で予行練習をして、2日前に、レインボーブリッジや、港区の坂道ランで、備えたつもりで出かけました。




結果として、練習し過ぎのツケが(当たり前)ww

ネコさんは当然、チャレさんも当然、フル後1週間というSugiさんも、サクサク駆け抜けていく姿を見送り、自ら行きたいとお願いしておきながら、あざみライン、3キロ地点で歩きが入りました…

呼吸も変だし、脚も思うように動かない。

情けないやら申し訳ないやら、穴があったら入りたい…と思いつつ、とりあえず、自分ができる最低限として、立ち止まらない、だけを課して歩きまくりました(´;ω;`)
200m歩いては200m走る…の繰り返し。

DSC_6815.jpg

DSC_6819.jpg


途中、猛スピードで去っていく自動車は別として、バイクや自転車の方々は、「頑張ってるね!」と声をかけてくださいました。

中でも一人は、自転車で踏ん張りながら、しばし会話しながら登ってくれました。

私は、ほかのランナー当然の3名と違って、安定のタイム計測なしなので、いつも定性的にしかレポ書けませんww

寒い5合目で皆さんを待たせ(ネコさんに至っては、お迎えに駆け下りてきてくださいました)、たぶん2時間弱?で皆さんの待つ5合目へ。

本当に申し訳ございませんでした。

ああ、言い出しといて、全然ダメダメで周囲を怒らせた競馬ランの悪夢が…。


ただ、景色は、本当に本当に素晴らしくて、お天気も最高で、感動ものでした!

DSC_6847.jpg

DSC_6829.jpg
思い思いの向きで、色もカラフルで、なんだかお気に入りの1枚。

DSC_6843.jpg
最近流行り?の撮る人を撮る人を撮る図ww

こんなところがあるんだ!と感動したグランドキャニオン。

DSC_6855.jpg

DSC_6869.jpg

2枚ともかっこいい~!絵になるww


下りのトレイルは晩秋木漏れ日のフカフカ落ち葉の雑木林の中。

DSC_6879.jpg

DSC_6880.jpg



幸せ満喫♪

不甲斐ないヤツですが、ご同行頂いた皆様、もうちょっと頑張りますので、どうぞこれに懲りず、またお付き合いよろしくお願いします。

嬉しい1日でした!!


Posted at 19:41 | 坂道 | COM(4) |