2016.11.06

お尻のカタチが変わった坂


タイトルはこちらの実感Ver。 あくまで自分の感覚ですw

土曜は、ハンサムネコさんチャレさんSugiさんと、あざみラインからの富士須走グランドキャニオンに行ってきました!
フル1週間前だけど

DSC_6812.jpg


2か月前に、兼ねてからいつかチャンスがあったら、同行お願いしたいと思っていた(今日は絶対行ってるなと思ってました)目の前現れるという貴重な機会を得、すかさず、「ずっと見たいと思っていたのでお願いします!」と直談判したとき、何も予備知識がないけれど、ニヤリと笑って、「あざみライン走れるならね。」とのお返事をいただきました。
その瞬間、これはヤバい道なんだなとは察したものの、グランドキャニオン見たさに、「行きます!走ります!」と即答。

その後、外堀から、「1回走っただけでお尻のカタチが変わるらしいよ」との噂を聞き、((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル。

先週、足柄峠で予行練習をして、2日前に、レインボーブリッジや、港区の坂道ランで、備えたつもりで出かけました。




結果として、練習し過ぎのツケが(当たり前)ww

ネコさんは当然、チャレさんも当然、フル後1週間というSugiさんも、サクサク駆け抜けていく姿を見送り、自ら行きたいとお願いしておきながら、あざみライン、3キロ地点で歩きが入りました…

呼吸も変だし、脚も思うように動かない。

情けないやら申し訳ないやら、穴があったら入りたい…と思いつつ、とりあえず、自分ができる最低限として、立ち止まらない、だけを課して歩きまくりました(´;ω;`)
200m歩いては200m走る…の繰り返し。

DSC_6815.jpg

DSC_6819.jpg


途中、猛スピードで去っていく自動車は別として、バイクや自転車の方々は、「頑張ってるね!」と声をかけてくださいました。

中でも一人は、自転車で踏ん張りながら、しばし会話しながら登ってくれました。

私は、ほかのランナー当然の3名と違って、安定のタイム計測なしなので、いつも定性的にしかレポ書けませんww

寒い5合目で皆さんを待たせ(ネコさんに至っては、お迎えに駆け下りてきてくださいました)、たぶん2時間弱?で皆さんの待つ5合目へ。

本当に申し訳ございませんでした。

ああ、言い出しといて、全然ダメダメで周囲を怒らせた競馬ランの悪夢が…。


ただ、景色は、本当に本当に素晴らしくて、お天気も最高で、感動ものでした!

DSC_6847.jpg

DSC_6829.jpg
思い思いの向きで、色もカラフルで、なんだかお気に入りの1枚。

DSC_6843.jpg
最近流行り?の撮る人を撮る人を撮る図ww

こんなところがあるんだ!と感動したグランドキャニオン。

DSC_6855.jpg

DSC_6869.jpg

2枚ともかっこいい~!絵になるww


下りのトレイルは晩秋木漏れ日のフカフカ落ち葉の雑木林の中。

DSC_6879.jpg

DSC_6880.jpg



幸せ満喫♪

不甲斐ないヤツですが、ご同行頂いた皆様、もうちょっと頑張りますので、どうぞこれに懲りず、またお付き合いよろしくお願いします。

嬉しい1日でした!!


Posted at 19:41 | 坂道 | COM(4) |
2016.11.01

練習のための練習


今週末は、自ら希望したとはいえ、たぶんかなりハードな練習になりそうな予感…。

風の噂によると、そこを走るとお尻のカタチが変わるとかなんとか…。

そうとは、全く知らず、単に憧れの景色見たさに、「行ってみたいんです!」とお願いし、承諾いただいた手前、

「行きたいって言っといて、何だ!」と怒りを買われるようではNGでしょ。

ダメダメでも、努力の片りんは示せるくらいに練習しとかないと。

過去に、競馬ランというダービーコース、人様を誘っておきながらひとり全然足が耐えれず大ヒンシュクだった苦い経験があるので…。

というわけで、元々決まっていたので、というわけでもないけど、

先週末に、2年ぶりくらいで行ってきました。

足柄峠

雨でシューズはぐしょぐしょ。

自慢じゃないけど、今まで一度も頂上まで走り通せたことがありません。

ここに行くのは、いつも同じグループ。

自衛官のスパルタリーダーが転勤で遠くに行ってしまってからは、ゆる~く何となく年に1、2度集まるおやじの会メンバー(私はおやじじゃないつもりなんですが…)。
ちょっと配慮して帽子をかぶせた方一名…

山北駅の横のさくらの湯からスタートして、今回はいけるとこまで頑張ろう、練習のための練習!と言い聞かせたものの、やはりコンプリート出来ず、頂上まで残り1.5キロくらいの見晴台で脚が止まる…。

まあ、それでも、これまで行った中で一番長く走り続けれた。

歩いた方が速いスピードだけどww

ずっと、呪文のように、「登りはリズム。登りはリズム…」って言い聞かせながら。

下りはむちゃ楽だったww

ぜーんぜん、弱足ですが、週末は、フル前に、坂道&お山、頑張ります!

私なりのソツケン&練習法。


この峠走のせいよりも、翌日の市民体力測定イベントの、反復横跳びと20mシャトルランのおかげで、未だきんにくうう…








明日は部活。体験希望の方がいらっしゃればご一報ください。



Posted at 18:00 | 坂道 | COM(2) |
2016.08.27

写真で振り返る夏休み3日目:坂道マラニック後半


続きです。


次に向かったのは、グラバー邸へ向かうこういうハイテクなツール(昔はなかった)

sakamara27.jpg

を通り過ぎて少し入ったところにあるこの坂。

sakamara28.jpg

ちょうど、テレビで見たことのある、長崎名物?狭くて急な階段坂を通ってのごみ回収風景に出くわしました。

sakamara29.jpg sakamara30.jpg sakamara31.jpg

初めて、生の現場を見たけど、迫力あったなあ。

運ぶお兄さんたち、相当脚力腕力持久力あるだろうな。

トレイルやってるのかな。

負けじと?ここも走ります。

sakamara32.jpg

上り着いたところは南山手レストハウスという洋館。かつて、グラバーさんの弟さんが使っていたそう。

sakamara33.jpg

そこから眺める典型的な長崎市の光景。

sakamara34.jpg

日なたは暑いけど、空の青さと景色があまりに綺麗なので、そんなに苦になりませんでした(私だけ?)。

さらに次の坂を通って…

sakamara35.jpg

有名なここ、大浦天主堂前。

sakamara40.jpg
すっかりお上りさんww。

この前にある二手に分かれる石畳の坂も、なんだか風情があっていい感じ。

sakamara41.jpg

さあ、そろそろ終盤。

次に向かうは、祈念坂。

sakamara36.jpg

この日唯一のツーショット。

sakamara37.jpg sakamara38.jpg

ここもとってもいい坂でした。

sakamara39.jpg

ちょっとお疲れ気味?な、はんぺいたさん。

sakamara46.jpg

修道院を通り過ぎ、

sakamara45.jpg

最後の坂。

sakamara43.jpg

さあ、走るぞ~。

sakamara42.jpg

sakamara44.jpg

せっかくだから、も一回登っとくぞ~(笑)

sakamara47.jpg

下るぞ~(おバカ)。

sakamara48.jpg

で、本日の坂終了。

歩いていると、中華料理で有名な四海楼の前に、長崎名物、ちりんちりんアイス!

sakamara49.jpg sakamara50.jpg

さっぱりしてて、大変おいしゅうございました!

このあとは、もちろん走って戻るなんてことはせず、バス停までは走ったけれど、おとなしくバスに乗って帰りました。

トータル4時間半弱、19キロ強の、はんぺいたさんプレゼンツ&親父様監修の、大満足の長崎市内坂道マラニックでした!

ほーんと楽しく観光しました♪

帰宅後、母とお魚屋さんで買いだした夕飯。

ひらめの刺身と、シマアジの塩焼き、摂れたてわかめのサラダ。

sakamara51.jpg

sakamara52.jpg

おふたりに、大感謝!!




Posted at 15:00 | 坂道 | COM(6) |
2016.08.26

写真で振り返る夏休み3日目:市内坂道マラニック前半


夏休み3日目。

今回最大のお楽しみ☆

-------------------------------

坂の街・長崎には(というかそもそも平地がほとんどない)、ふっと目をやると名もなき坂道が、当たり前にフツウに存在しています。

しかも、これまたフツウに斜度15%を超えるので、当然ながら、街にはほとんど自転車屋さんが見当たらず、また自転車もほとんど走っていません。
小中高は自転車通学禁止だったし。

昨今は電気自転車が現れたからそうでもないかもしれないけど、以前はほんとに少なかったし、高校のとき、クラスで自転車に乗れる人(しかも道路で、というより広場で子供のお遊びレベル)は半数居たか居ないかでした。

そんな、坂だらけの街。名だたる激坂も多く、いつかは坂道巡りをしてみたい、特に、車が通る坂では斜度日本一との呼び声高い、「きゃあまぐる坂」とやらに行ってみたい!と常々思っていました。

どんなに急な坂なんだろ。

こないだ、いっちさんたちと行った、斜度21%の、箱根湯本駅裏の坂も、相当えぐかったけど。

※きゃあまぐる・・・長崎の古い方言で、びっくりするほど、気絶するほど、疲れる、という意味だそうです。

そこで、長崎、といえば、鈍足親父さま

私には長崎で坂道を走り回る数奇な友人は居ないので、思い切って、

「お知り合いで、きゃあまぐる坂に連れて行って頂けそうな方はいらっしゃいませんか?」

と、お尋ねしたところ、さっすが、日本中にお知り合いの多い親父様。

すぐに、ご案内くださる方を見つけてくださいました!

しかも、朝ランしている場所の写真を見せて頂いたところ(ブロガーさんです!)、場所特定できる(笑)。
ここ、家から歩いていける。

数日前から、親父様が間に入ってくださって、連絡を取り合い、きゃあまぐる坂だけじゃなく、念願の長崎市内坂道マラニックという、とっても嬉しいイベントを企画くださることになりました♪

-------------------------------

ここからは、写真基調で。
ものすごく多いけど、全部お気に入りなので、掲げたくて(笑)、前後半に分けます。

朝5時15分に、実家を出発。夜明け前。扉を開けたら、既に激坂。

sakamara1.jpg

5時30分に、無事、待ち合わせ場所の少し手前で、それらしき女性を見つけて、声をかける。

「はんぺいたさん?」

びっくりされたけど、こんな時間、他に間違う人もいないので。

「mizoreさん?今日はよろしくお願いします~」

この時点で、何だかもう、初めてじゃなくて、以前から知ってる人な気がしたのは、優しい声での長崎弁のイントネーションだったからかな。

何故か、はんぺいたさんのGPSが緊張していたらしく(笑)、なかなか電波をキャッチしない。
受信するのに15分ほどを要し、空もすっかり明るくなってきました。

じゃ、さっそく、行きますか!

sakamara2.jpg

まず向かったのは、長崎市、車が通る激坂2位?3位?らしい、浦上自動車学校に登る坂。

…うーん、すごいと言えばすごいけど、これなら、昨日通った、おじさんがゴミ出ししてた、一本隣の坂の方がすごいかも。

後で親父様が教えてくださいましたが、ダイアパレス住吉横の坂、というらしい。
なんだかビミョーなネーミングですが…。

そっちも行ってみよう、ということになり、ささっと走っていく(まだ元気)。

sakamara4.jpg sakamara5.jpg

やっぱ、こっちが急だね!それにしても、これだけ急だと、本命、きゃあまぐる坂を超えるかも?ということで、ますますきゃあまぐる坂への期待が高まりました。

朝日もきれいでした。

sakamara3.jpg

ここからきゃあまぐる坂へ向かうには、ちょっと距離があったので、途中にある、長崎西高に立ち寄り、懐かしい遅刻坂をぱしゃり。

sakamara6.jpg sakamara7.jpg

早朝だけど、補習で登校中の高校生もちらほらいる中、おばさん当然走っときました(笑)。

世界遺産にもなったらしい、ジャイアント・カンチレバークレーンを横に見ながら

sakamara14.jpg
(三菱重工長崎造船所内にある明治に設置された、日本初の巨大電動クレーンだそう)

お待ちかねの本日のメイン坂、きゃあまぐる坂に到着。

sakamara8.jpg sakamara9.jpg sakamara10.jpg


やっぱ、ここダントツすごい。
日本一って、分かる。
途中、車が登っていったのを見て、思わず感動~~。

てっぺんは変電所なので、別名、変電所の坂。

sakamara11.jpg

sakamara13.jpg
はんぺいたさんの、正しい急坂の下り方。
スピードを抑えるためにスロープを描きながらくねくねと下ります。


ここからは、景勝地を巡る坂道マラニック。

まずは、港へ。

sakamara15.jpg

sakamara17.jpg

sakamara16.jpg

はんぺいたさんが撮ってるのは、長崎100万ドルの夜景で有名な稲佐山。

sakamara18.jpg
最近では、福山雅治さんが年1回頂上で野外コンサートする山、という方が有名みたいだけど
…行ってみたい

この時点で、相当暑くなってきて、陽射しもギラギラ。

徒歩を交えながら、市の中心部を抜けて次の坂へ向かいます。

sakamara19.jpg
やっぱ、ここはテッパンでしょ。オランダ坂。

sakamara20.jpg
車も通るんです。

sakamara21.jpg 

sakamara22.jpg
登り切ったところは、女子大前。

オランダ坂より、てっぺんから反対側にある坂(これもオランダ坂らしい)の方が急でした。

sakamara23.jpg

そろそろ小腹が空いてきた。

ここを降りたところで、絶妙なタイミング、美味しいパン屋さんにご案内頂きました。

sakamara24.jpg

スイートポテトの入った一口サイズのパン。美味しかった!
もう一個、イチジクのパンも買いましたが、これも優しい酸っぱ甘さで、リピートしたくなりました。

ベンチに腰掛けてモグモグしたのは、なんと路面電車の終点。

sakamara25.jpg
末端って、思ったより地味…。

美味しそうなフルーツ屋さんは今回はスルーだけど、安いっ!!

sakamara26.jpg

とりあえず、ちゃんと食べログも無理やり押し込めて、前半ここまで(^_^;)。


Posted at 18:00 | 坂道 | COM(0) |
2016.08.25

写真で振り返る夏休み2日目


夏休み二日目。

本当は早起きして、ひとっ走り近所の山に行くつもりでしたが、昨日のアブ攻撃で意気消沈。

加えて、実家での安心感からか、疲れが出たようで、ここは、せっかくの夏休み。しっかりカラダとココロを休める安息日と決めて、早起きは中止。

ランも中止。

この日は午前と午後に2回も、うとうとお昼寝。

夕方から、幼馴染と飲みに行く約束してたので、ようやくゴソゴソ動き出し、翌日のついでとばかりに、ぶらぶら近所の激坂を歩いて出かけたら、安定の迷子になっちゃった…^^;。

saka1.jpg saka2.jpg saka3.jpg

真ん中の写真右側に小さく写っているのは、真横にあるマンションからゴミ出しに現れたオジサマ。ゴミを出すのも大変です…。


おぼろげな記憶の方向に彷徨い歩いて、はるか昔は、なかったはずの道に戸惑いながら、ようやく待ち合わせ場所に着いた頃には、汗びっしょり。

幼馴染が選んでくれたのは、お魚とお寿司が美味しい若者向けの(笑)居酒屋さんでした。

何処で食べても、ほんとにお魚は美味しい!

殆ど食べて進んでから、ハッと食べログ使命預かってたことを思い出し、苦し紛れに撮った写真~ww

tamagomentai.jpg
だし巻き卵の真ん中に明太子がたっぷり!

temarizusi.jpg
少し食べちゃった残りの手鞠寿司。さっぱり美味しかった!

ほんとは、旬のシマアジの刺身が絶品だったのだけど…。

私は、長崎定番の甘ーい刺身醤油は苦手なので、フツウの醤油で頂きました。

翌日3日目の、一番のお楽しみイベントに備えて、ゆっくり過ごせた、これぞ本当の休息日でした(坂は常についてくるけど)^^。


Posted at 13:42 | 坂道 | COM(4) |